2016年09月21日
2016年9月21日
 

なんか記憶力が低下?あれ?これなんだったっけ??シリーズ(別に過去にこんなシリーズなかったけどね)。
「慎重な人がやる行為をことわざみたいな言い方で表現するの何だっけ??」
答えはことわざでもなんでもなくて「石橋をたたいて渡る」。そう、これは行為で、これが知りたかったのは間違いなんだが、なんだっけ・・・・って少し考えた後に思い浮かんだ言葉が
「渡るなら叩いて渡ろうホトトギス」。
もうメチャクチャ笑。そして今日またも善絡みで悩む。いい事だからすぐやった方がいいよって事を伝えようと思って「善は急げって言うじゃん」って人に言った後、すぐにまた脳裏に浮かんだのが「急がば回れ」。えっ?どっちがいいの??って急に悩む。すぐがいいの?回ればいいの??何もいえねー。最後は北島で〆る。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 23~30度
台中 曇り/晴れ 25~32度
高雄 曇り/晴れ 26~31度
花蓮 曇り/雨 24~29度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2980NTD
1NTD→3.236JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.9.19発表)/07,08,12,15,18,31/第二区ナンバー06
大楽透(2016.9.20発表)/04,07,17,22,44,45 /特別ナンバー32
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台鉄10/20ダイヤ改正 ピーク外時間帯の86列車を大幅削減」
台鉄職員からは労働時間が長過ぎるという抗議がなされています。それを緩和する事を目的としたダイヤ改正を10/20に行うと台鉄が発表。ピーク時間外の86本もの運行列車を大幅に削減し運行本数を整理する事で一本当たりの輸送数のアップを図るとしています。また台北客運バスは10月から初めての三峡―台北間を運行する939番バスで快速バス運行を開始します。これは停車バス停を減らした運行を行う新たな運行方法で更に指定席の月間販売を行います。これにより乗車時に席がないという事も解消されます。
10/20のダイヤ改正では86本もの列車の減便が行われます。対象となる86本は利用率の低い朝と夜のピーク時間外の列車が対象となっています。また停車駅の減少による運行時間の短縮などの改正は、樹林-台東間を運行する自強号2本の運行時間を間4時間とします。南港~潮州間に2本の自強号を増便し、台北、屏東間及び台北、高雄間の運行時間を為約4小時及び3小時40分とします。当該列車の団体予約は9月22日9時~開始とします。
台鉄によると今回のダイヤ改正は鐵路工會との協議の後、職員から提出された労働力の10%削減希望にこたえるもので、基本ピーク時間外で利用率が30%以下となっている列車を削減の対象としました。10/20のダイヤ改正後は毎日0時~5時までは列車の運行がなく、5時~夜中1時までのピーク時間外の列車は30分に一本の割合で運行。ピークタイムは15分に一本の割合で列車が運行する形に調整されます。
その他、三峽―台北間を往復する939番バスの快速バスが10/3から運行を開始します。運行時間は平日7時から7時30分で二本。このバスには初めて月間指定席を販売します(大人900元、学生720元)。通勤利用者が間違いなく席に座れるようにするための措置で、指定席にはタグを貼りつけるので席がとられてしまうというような心配はありません。この月間指定席は9月30日8時~22時までの時間帯で台北客運北大バス停で販売を行います。三峽~MRT台大醫院駅までの快速バスも10月から台北客運三峽二駅にて通学定期月間チケットを販売開始します。
しかし939番快速バスの月刊指定席を購入した方は注意が必要です。乗車可能バス停は新北市三峽區、降車可能バス停は台北市内に限定されています。そして座席が確保されたバスは固定された朝の二便のみ。そしてこのバスは本来33カ所のバス停がありますが停車するのは11カ所のバス停のみ。通勤通学時間帯に12分の時間短縮はなされていますが乗り遅れるなどが発生した場合は他のバスは自由席なので座席は確保されていない状態となります。
(情報:卡優新聞網
何か今年もすでにダイヤ改正の事何回か情報アップしているような気がしてたのは気のせい?ほとんど影響がないので爆、結果どうなっても別に構わないんだが、列車の話よりバスの話が中心になってるのが笑える。台北客運って言うのは台鉄が運行しているって事でOK?文章の中で0時~5時に運行する列車はなくなります。で、次の説明で5時~1時までどうたらこうたらって打ってるのはうち間違いではありませんのであしからず(本文がそうなってる。相変わらずの適当)。そもそもさ、このカットされた86本はどこからどこまで運行していたどういう列車なのかもよくわかりませんが、ダイヤ改正の目的が利便性アップとか乗客の事を考えてではなくて、職員の労働環境改善だってところがどこ目線でモノを考えているかって事がハッキリわかる発表方法。こんなことよりふつうはサービス向上がさきだろみたいなね。とにかく予約システムをまずはどうにかしてくれ。大ナタ振りかざすならそこがまず先決!で、バスの件。今回快速バスって翻訳してますけど元々の中国語は「跳蛙公車」。直訳すれば「カエル跳びバス」だから笑。もっと激しくワープするバスだったら「ウサギ跳びバス」って名前になるのかな?
(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード