独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年9月20日

一昨日の日曜日は中秋連休の最終日で、そしてある方にとっても最終日でもあります。それは野球選手の陳金鋒選手です。陳金鋒は台湾初の大リーガーで、しかもMLBに初のアジア人野手でした。アメリカから帰った後も台湾野球のために色々努力してました。プロ野球でも国際試合でも活躍して、台湾の野球界では不可欠でとても大きいな存在です。そんな陳選手がいよいよ引退を迎え、18日に桃園球場で引退試合を行いました。現場には2万人のファンが集まり、テレビやネットでも多くの人が中継で彼の最後の姿を見送れました。陳選手は台湾人にとって日本の一朗さんと同じようなポジションです。皆から愛称の「鋒哥」と呼ばれ、本当に誰もが尊敬する選手です。皆が皆で陳選手に感謝とお疲れ様の言葉をかけて、過去の名場面や思い出も沢山語りました。球団も特別に韓国のパクチャンホ選手や日本の松阪大輔選手など過去対戦した選手のビデオメッセージを送りました。本当に一つの時代が終わる感じがしますよ。16号は子供の時からずっとお父さんと一緒に野球を見てきて、好きな選手が引退するのも何回経験しましたが、やはり陳金鋒選手の存在は格別です。台湾は「野球が国球」ってずっと言ってますが、実際退役した後政府からももちろん、野球協会もほとんど後ケアがないですからね(そもそも現役中でも何も役立たないです)。これから陳選手はどうなるのが気になります。コーチに転身し、自分の経験を後輩に教えてくれるのが期待してます。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 24~29度
台中 曇り 25~31度
高雄 曇り/雷雨 25~30度
花蓮 曇り/雨 24~29度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2993NTD
1NTD→3.223JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.9.19発表)/07,08,12,15,18,31/第二区ナンバー06
大楽透(2016.9.16発表)/17,23,30,31,34,49 /特別ナンバー36
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「古い道には新境地まで届けない 観光局を引き継ぐ周永暉の年目標は200万の日本客」
前日交通部は大きいな人事異動がありました。過去に物議の多い台鉄局長周永暉さんが観光局長を引き継ぐことになりました。外部から経験不足と問われ、さらにこの前台鉄が中秋節の運送に関して問題を起こりましたため、就任儀式を昨日まで延ばしました。各界から注目されました。周さんは「走老路到不了新地方(古い道には新境地まで届けない)」と言い、これから1年内の日本旅客人数が200万人に達成すると宣言しました。
交通部政務次長の王国材さんは昨日儀式に立会いました。周さんが台鉄局長任期中に日本との姉妹市締結や鉄道弁当祭りなどの活動に力を入れて、日本と友好な関係を築きました。そのため、王さんが昨日現場ですぐ周さんに2年内に日本旅客が200万人に達成するという任務を与えました。周さんが1年で達成できると自信を持って返しました。
観光局の統計によると、去年台湾に訪ねる日本旅客が162万人です。一昨年の163万人より下がりました。今年は7月までに日本人の来台人数が101万人となり、200万人までまだ結構距離あります。ただ、周さんがこれからは違う領域の観光旅行形態をもっと話を聞いて、実際の需要を了解すべきだと言いました。創意をプラスして新しい方法で対応できれば、200万人の目標は問題ないです。
中国客が減少する問題について、周さんが今一番重要なのは客源を安定させることです。その後民間の観光組織を利用して中国との交流を促進します。今観光局は新しい方案と支援措置を考えてます。これからは交流を増やすことで、中国旅客の需要を理解できますし、一方中国客にも今までと違う台湾旅行の形式を教えられます。台湾は中国でも国際旅客でもを大歓迎です。観光局のコアバリューは善意を持って皆と友達になるのと誠心誠意の第一歩ということを周さんが改めて強調しました。8県市の首長は中国にて交流活動を行うことは、中央政府や地方、民間を問わず、観光発展に役が立つことなら、ポジティブの態度をとるべきだと発言しました。
(情報:中時電子報
何か人が変わってもやることが一緒のような気がしますね。確かに台湾に来る旅客は中国人と日本人が一番多いですが、だからこそこちらの人数ばかり増加するのも限度がじゃないでしょうか?他の国の旅客も台湾に興味を持たなきゃ、そして、来た人にもう一回来ようと思わせるのが今一番大事な問題だと思いますけどな~
(担当特派員:TOP16号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード