2016年09月09日
2016年9月9日
 

昨日、一昨日と二日間、仕事で台北市内の約十カ所をタクシーで移動しました。短期間に非常に多くのタクシーに乗車して実感したことをご報告。まず新メーターになりましたが、このメーターが統一されていません。どうやら機械を製造、販売している会社が2、3社あり、この中の一番小型なタイプが一番正直且つ優秀なのでは??他の大型タイプの機械は同じ距離を移動しても、10-20元メーター料金が高い。しかも領収書をプリントアウト出来る機能が有るにも関わらず、大きいメーターのタクシーは紙を入れていなかったり、ドライバー自身があんな面倒なもの押し付けた政府が悪いと悪態をついたりと、旧手書き自己申告制の領収書の割合が非常に高いのです。交通部にはタクシーのドライバーに日本のようにネクタイをして手袋をはめろとは言いませんが、タクシーメーターを細工のできないオフィシャルな機械に統一して、領収書のプリントアウトの義務化を徹底していただく事を希望いたします。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雷雨 25~30度
台中 曇り/雷雨 26~31度
高雄 曇り/雨 25~30度
花蓮 曇り/雨25~31度
週末のお天気→今週末のお天気は台湾全土すべてに雨の予報がでております。台北の気温は25-30℃、台中は26-32℃、高雄は26-31℃、花蓮は25-31℃の予報です。外出の際には傘の準備をお忘れなく。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2990NTD
1NTD→3.225JPY 

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.9.8発表)/10,18,21,27,31,33/第二区ナンバ-03
大楽透(2016.9.6発表)/04,07,20,23,28,45/特別ナンバ-35
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「ブラックカードはお金で買えない体験を得る。トリュフ狩りやチベットでの結婚式」

市場に出回るクレジットカードの中で最上級と言われるアメリカンエキスプレスのブラックカードの、世界初の専用VIPラウンジ「センチュリオンハウス」が9月8日、リージェント台北にオープンしました。センチュリオンハウスはブラックカード保持者が事前予約した場合のみ入場可能な非常に私的でプライバシーが確保された空間となります。アメリカンエキスプレスはピラミッドの頂点のVIP顧客たちの旅行プランの例を挙げ、裕福層の消費方法を神秘のベールを開けて紹介しました。

ピラミッドの頂点の顧客群の為に、アメリカンエキスプレスはリージェント台北の地下二階、リージェントギャラリアの一角に世界初となる空港以外の専用VIPラウンジ「センチュリオンハウス」をオープンしました。センチュリオンハウスの外観は目立つことなくシンプルで、内部は50-60坪の空間で一度に20名のセンチュリオンメンバーを収容可能です。「限度額なし」のブラックカードホルダーたちはプライバシーが確保されたラグジュアリーな環境の中で、5スター級のドリンクや食事を楽しむことができます。またメンバー同士がお互い交流し、裕福層ソサイエティーの中での人脈を広めることも可能です。

台湾アメリカンエキスプレスの郭豐賓董事長兼總經理は、2015年度のアジア地区富豪レポートによると、台湾には100USドルの流通資産を持つ富裕層は年に11.8%の成長率で増えており、総数約12万7千人で、香港の14万人より少し下回る数字で、台湾の頂点富豪層は目に見えて拡大していると述べています。このような理由からアメリカンエキスプレスは世界の都市で初めて台北という都市にセンチュリオンハウスを創りました。今後は不定期にワインのテイスティングや骨董品の鑑賞イベントなどを開催する予定です。

台湾アメリカンエキスプレストラベル&レジャーサービスセクションの吳伯良氏によると、トップ富裕層が求めているのは「スペシャル感」であり尚且つ「お金では買えない」経験だそうです。例えばセンチュリオンのメンバーで以前子供の夏休みの宿題の為に、ヨーロッパへ「トリュフ狩り」の旅をアレンジした方がいました。このコースは非常に体力を消耗するだけでなく、トリュフ狩りのハンターと秘密保持の契約を交わし、その後徒歩で夜の山奥深く入りトリュフを探します。一家四人でかかった費用は180万元ですが、唯一無二の貴重な旅行体験を得ることができました。
  
また以前チベットでラマ(チベット僧侶)に結婚式を挙げてもらいたいと依頼したメンバーがいました。2週間の努力の結果、やっとメンバーの願いは叶うことになりました。その僧侶はチベットの非常に辺鄙な地区で教育事業に携わっており、それを知ったメンバーは台湾に帰国後大量のコンピューター設備を現地まで運び寄贈しました。これもメンバーにとっては、同様にお金では買う事の出来ない心洗われる経験の一つなのです。
(情報: 卡優新聞網

なんでまた世界初が台北なのかがイマイチよく判りませんが、どえらいものがリージェントギャラリアの地下二階に出現したようです。いままでこの地下二階のギャラリアのお手洗いは、ホテルのお手洗いより人が少なく、広くて綺麗なので良くお借りしていたのですが、これからはヘタにウロウロしているとセキュリティーに呼び止められそう。気を付けなければ。。。
アメックスのブラックカード、台湾では確かにたまにお見かけします。まず持った時の重さにビックリ。普通のプラスティックのカードだと思ったら、手にズシリと重みがかかります。このカードはチタン製なんだそう。どうりでずっしり重いはずです。確かに中華圏の方は分かり易く目に見える特別感やベネフィットが大好きですので、センチュリオンハウスの登場によってメンバー数もいっきに増えるなんてこともあるかもですね。しかしブラックカードは申請するのでなく、招待制。アメックスからご招待された選ばれし方のみがメンバーとなれるそうです。ちなみに台湾でのカード年会費は16万元とのこと。しかし台湾では通常、一般の店舗でアメックスやダイナースが使える率は日本とくらべて限りなく低いので通常カードユーザーの方はご注意を。せっかく「センチュリオンハウス」とやらが台湾にあっても肝心のカードで消費できる店舗数は限られるわけですが、ブラックホルダーの方ご用達の店舗は間違いなくどんなカードでも使用可能な高級店なので全く問題はないのでしょうね。

(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!


スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード