2016年09月02日
台中国家歌劇院 
 

8月26日計画構想から10年以上の時間を経て、ついに「台中国家歌劇院」台中ナショナルシアターがプレオープンしました。
オフィシャルメディアデ 台中国家歌劇院正面

前日の25日一足先にメディア向けに、3つの劇場とシアター内のVVGグループのカフェ、レストランなど内部が公開されるイベントがあり台中まで遠征してきました。
事前にこんなに立派な招待状を頂いていたのですが、同封されていたアイマスクは結局何の為だったのか、最後まで出番はありませんでした。笑
招待状

招待状のドレスコードは白。当日は真っ白なスタッフがエントランスで迎えてくださいました!
白一色のスタッフがお出迎え

早速20名ずつくらいの小グループに分かれ、歌劇院の方に神秘のベールで包まれていたシアター内を案内して頂きます。
歌劇院の方による案内

建物は地下一階から地上六階のスカイガーデンで構成されています。
フロアーガイド

メインとなる劇場は3ヶ所あり、地下一階の小劇場(Black Box)、二階と三階は吹き抜けで、中劇場(Play house)と大劇場(Grand Theater)がありそれぞれのテーマカラーに合わせた空間となっています。

こちらが2007名収容の大劇場。テーマカラーは赤。
大劇場

中劇場のテーマカラーは深海色のブルー。本当に海の底に吸い込まれそうな深い深いブルーで囲まれた空間です。中劇場の座席796席は可動式となっており舞台を正面だけでなく中央へと移動して上演することもできます。
中劇場 中劇場2
 
残念ながら地下一階の小劇場のみこの日は参観できませんでしたが、ようやく神秘のベールを脱いだシアター内部は想像以上に素晴らしいものでした。外から見るとまるで洞窟のような不思議な外観のこの建物は世界でも前例のない施行方法で建築され、内部に当然あるはずの柱梁や空間を仕切る四角い壁やドアはなく、空間から空間へと水や空気が自然と流れるようなイメージで設計されたそうです。
柱の無い空間 空間から空間へ

一階から五階の階段も吹き抜けです。
下から眺めた吹き抜け階段 五階まで吹き抜けの階段

二階の大劇場と中劇場のホワイエでも光や空気の流れが感じられます。
二階と三階は吹き抜け 二階ホワイエ


建物の周囲の一部は浅い池が流れているのですが、それが建物内部の池とつながるようになっており、光と空気以外にも屋内と屋外に一体感をもたらしています。
周りは水で囲まれています

また地下の小劇場のステージの後ろが開くようになっており、屋外の野外劇場に続いています。
小劇場の出口から続く野外劇
まさに周囲を含めたすべてが「劇場」なのです。

この「世界で最も建設が難しい建築物」と言われる台中国家歌劇院を設計されたのは、建築界のノーベル賞と呼ばれるプリツカー賞を受賞された伊東豊雄氏です。2005年のコンペで最優秀者に選ばれてから足掛け10年で竣工した大作ですが、その伊東氏ご本人も「落成は奇跡。日本のコンペではこんなデザインが通ることはないと思う。」と述べられていたそうです。実際その独特な形状は難易度が高く、施行会社がなかなか決まらず工期が遅れたり、途中で台中市長の交代があったりとさまざまな紆余曲折を経てこの世に唯一無二のすばらしい建築が完成しました。

五階の一角からは屋外へ出ることができますが、ここから眺めるこの曲線の形状こそが施行上最も困難を極めた個所だそうです。
困難度最高の場所 曲面の外壁


台中国家歌劇院は台中駅から車で約15分の2006年から再開発が始まったエリアの真ん中にあり、周囲には高層マンションが立ち並んでいます。中から外を眺めると、洞窟の中から近未来都市を見ているような感覚になります。
高層マンションが立ち並ぶエリア 五階の窓からの景色


また照明やスプリンクラーなどの防災設備も壁の中に埋め込まれており、こちらも世界の建築業界から注目を集めているそうです。
壁に埋め込まれた消防設備

10年余りの月日を費やし難産の末完成した台中国家歌劇院は8月26日から9月29日の約1か月をプレオープン期間とし、9月30日にグランドオープンを迎えます。今後歴史に残る素晴らしい芸術作品の数々がこの台中国家歌劇院で上演されることでしょう。
落成した台中国家歌劇院


<基本データ>
住所:臺中市西屯區惠來路二段101號
TEL:04-2251-1777
営業時間:月-金:10:30~22:30、土日・祝日:10:00~23:00

<17号のちょっとひと言>
まだまだ歌劇院の全貌は紹介しきれませんので、順を追ってVVGグループが歌劇院内でぷろデュースするカフェやレストランをご紹介して行きたいと思います。次回は一階のカフェスペースを含む「VVG Play Play」をご紹介します。

注目度★★★★★(まさに今、世界中から注目を集めていることは間違いないでしょう。)
不思議体験度★★★★★(不規則な曲面によって作り出された不思議な空間の中から眺める高層マンション群。なんとも不思議な体験でした。)
(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


スポンサーサイト

 
 
プロフィール
 

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

 
 
フリーエリア
 






 
 
カテゴリー
 
 
 
最近の記事
 
 
 
月別アーカイブ
 

 
 
FC2カウンター
 

 
 
FC2ブログランキング
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
 
ブログ内検索
 

 
 
リンク
 
 
 
RSSフィード