独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(高雄)上海生煎湯包

高雄のこの通りは絶対に「うまいモノ通り」。見た目でわかる!何だろう、台北なら延三夜市近くの延平北路とか吉林路的な場所だと思う。
 気にいった! この通り
そしてリアルな通りの名前も「熱河一街」っていうインパクトありな名称。どうせインパクトありなんだから思い切って先ほど勝手に命名した「うまいモノ通り」をベースにした「好吃一街」とかに名称変更してもいいぐらいでは?ってぐらい沢山旨そうな店がある。

ここも
で、本当は焼肉飯が有名な店に行きたかったんだけど小籠包にしてみようって事になりこっちに。

めちゃ混みだ!
ちょうどここに来たのが日曜日の12:30ぐらい。めちゃ混み状態でした。ただこれでひるんで辞めるのも何だかなぁなので並んでみる事に。

モーゼの結界
気を付けよう。持ち帰り左と店で食べる右の二つに分かれている。人が並んでいると外帯なんたらの文字が見えなかったりするからもう左持ち帰り、右店で食べる列って覚えておいた方がいいかも。

キッチンは ココで包み 焼く
ちょっとびっくりなのがキッチンが外ってこと。こちらの従業員の方さぞかし厳しい労働環境だろうなと。で、通路にキッチンが何故許されるのか?も不思議だが、客としてはありがたいから(だって涼しいところで食べさせてもらえるんだから)良しとしよう。ちなみに焼き小籠包を一般家庭で使用するフライパンで焼いていらっしゃいますが気にしない気にしない。ってかむしろ家でも作れるって事を実践してくれているという事かも笑。

ルールが沢山 相席は当たり前
なんか結局並んで10分もしないで中に入れた。理由はとにかく掟が一杯あるから笑。まず入る時には、全員そろっているか?ルール発令。4人で来てるのに呼ばれた時1人でもその瞬間にいないと中に入れてもらえませんので注意しましょうね。で、中に入ってからも数々のルールが張り紙されている。ひとーつ、「週末及び混雑している時間は注文は一回のみ。追加は受け付けん」。ふたーつ「席に限りがあるからつめて座れ。で、注文は中で取る」。みーーっつ「相席お願いしますねー」。かしこまりました!

じぇじぇじぇ価格
注文はワンチャンスって事でどんなものがいくらで販売されているのか?改めて確認してみてじぇじぇじぇ。メチャクチャ安くないかこの値段?

で、出てきて更にじぇじぇじぇ。
小籠包
これ一粒かなりデカイ大籠包だった。8個50元。このサイズだったら台北でどんなに安くても100元だから半分の金額。

焼き小籠包 焼いたのか!?
これ焼き小籠包(大)。追加しちゃいけないって言われれば必然的に大きいの頼むだろ。誘導的ワナ?しかし10個で60元。鬼安。これ台北の夜市で多分このサイズの4つが一つになったぐらいのボリュームで一個40元ぐらいで売ってる。

プースー うまし
そして最後にスープ。これよく仕事中にもみんなに買って来てもらって食べる台湾厚揚げ入りスープ。あっさり味だけどしっかり味はついてる。うまし。これ一杯40元でこれも相当安い。

人気の秘密は安くてボリュームあっておいしい。タイワンニンの求める欲しい要素の全てが備わった店だという事がわかった。そりゃー混むわな。

<基本データ>
住所:高雄市三民區熱河一街208號
(MRT後驛駅から15分はみておいた方がいいのでは?歩いてないからわからないけどとにかく高雄の地図のワンブロックって恐ろしく距離あり。もう地図で2ブロックでも歩きたくない距離間)
TEL:07-322-0702
営業時間:11:45~20:00 *土曜休み(って珍しくないか?) 

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここついた時にあまりの人の多さに並ぶの辞めようかな?って思うけど、そんなに待たない。何せ、追加注文禁止だとかなんだとかとにかく掟が多いからみんな食ったら即さようなら。このあっさりな関係性から回転率がぐるぐる高速回転となり、強引にでも相席に調整される(いや、して下さる)ので行列で来ててもひるまずに並びましょう。大体前二組ぐらいが集合してないから入れないって事でスキップされるから笑。皮が薄いかとか、焼き小籠包の焼きが甘いとかはご愛嬌。とにかく安いし、どれもうまいからきっとたくさんの人の俺の私の高雄小籠包ランキングベスト3に入ってるんジャマイカって思う。百聞は一見でなく一味にしかずって事でとにかく行ってみてほしい。

お薦め度★★★★(俺様ルールな1号的には他の人に俺様ルールを突き付けられると若干ね。って事でマイナス。でもこれは味ではない。多分旅人で中国語わかんないとこの「これ以上注文は受けないぞ」ルールはわからんだろうから、「えっ?」ってなっちゃうかもなので)
モーゼ大切度★★★★★(中で食べたいのにお持ち帰り列に並んでしまって順番を迎えても、ルール厳しいからね、間違いなく振り出しに戻るから左の列「持ち帰り」、右の列「店内で食べる」は忘れないように!
(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード