独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年8月1日

最近ずっと熱い天気が続いてます。先週取材で3日間少し外を回しましたらすぐ肌黒になりました。何より日差しがキツくて、太陽に押しつぶされたそうです。特に台北は湿度が高くて気持ち悪い暑さですから、倒れた人もいます。今日の統計数字によると、今年7月に熱による傷害を受けた患者は608人いました。去年7月の患者数の1.5倍です。この前は道に倒れたホームレスが病院に搬送した後、日焼け過ぎて脱水状態になり、血管と内臓の組織が全部壊死して亡くなったニュースが出ました。本当に怖いですね。一般的に「熱傷」といえばやけどや化学薬品による損傷と思いますが、実は日焼けも熱傷の一種です。ただ、日常生活ではあまり気にしないですから、逆に重態になりやすいです。夏はまたまた終わってないです。これからは皆さんとも気を付けて、日焼防止対策と水分補充を忘れないように!

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 27~35度
台中 晴れ/曇り 29~36度
高雄 曇り/雷雨 28~33度
花蓮 晴れ/曇り 26~31度
今週の天気→フィリピン近海で台風が発生しました。台湾に直撃しないですが、天気が影響されてます。台北、台中と花蓮とも晴れ時々雷雨の天気で、高雄は曇りのち雷雨となります。台北の気温26~34度、台中は27~36度、高雄は28~34度、花蓮は26~33度です。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→3012NTD
1NTD→3.203JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.7.28発表)/03,06,08,17,21,37/第二区ナンバー01
大楽透(2016.7.29発表)/09,15,27,28,30,41 /特別ナンバー13
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「8月の試し 6個の台湾旅行路線を深く知ること」
「体験式旅行」は最近台湾では新しいトレンドになりました。交通部観光局はこの流れに乗って、旅客を連れて田舎に行き、当地のライフスタイルを深く体験することを計画してます。これからは単一の美食や老街などの古いテーマだけで客を集めるのではなく、ご当地の産業も一緒に活化されるように考えてます。早ければ8月から始まります。
業者によると、夏休みシーズンに台湾客のお気に入りはやはり金門、馬祖、澎湖や緑島などの離島です。北、中、南、東、それぞれの地域が各自の特色がありますが、自然景観以外、各地は主に老街と美食で宣伝しますので、飽きられやすいです。
観光局は6箇所の風景区を選んで、体験式旅行を試行します。その中、澎湖の知名スポット奎壁山「摩西分海(モーゼの海割れ)」は今まだ旅客のチェックインスポットにしかなってませんが、これからは近隣の南寮と北寮村までにガイドして滞在時間を延ばします。苗栗南庄は有名ですが、さらに蓬萊社區に入り、ゆったりする旅を促進したいです。
北観処は石門「風箏故郷(凧揚げの故郷)」の特色と嵩山社區が生産した「千歳米」を結びつけて当地の特色産業を宣伝する予定です。西拉雅風景区は各部落の創意商品を統合してマーケティングを協力します。花蓮台東地区は原住民部落の生活文化の推進を強化します。独特の「戦地」特徴を持ってる馬祖では閩東式建築と軍営風景を強調し、さらに藍眼淚(青い涙)をプラスして、国際化の観光スポットになるようにPRし続きます。
「都市と田舎のギャップは融合になる」と、観光局によると、体験式旅行を実行することで若者が故郷に戻りたくなり、高齢者に頼りがあり、エコツアーと環境教育も促進できます。この計画を実現するため、当地コミュニティーの合意も必要ですし、各産業にも色々準備しなければいけません。早ければ8月から始める予定です。
品保協会国民旅行組委員会の呉さんは旅行業者が観光ネットを作って、政府も「達人案内」計画を呼びかけるべきです。台湾内旅行は「どこに行く」より「誰と行く」のは大事ですから、もっと重視してほしいと発言しました。
(情報:中時電子報
この深度旅行の対象は主に台湾人ですが、台湾在住の外国人やリピーターの旅客にもすごくいいですね。もし本当に当地のライフスタイルを体験できるなら、それは素敵だと思います。過去にも一般の民家で当地の料理を作る体験みたいな仕事がありました。協力してくれる家を探すのは大変ですが、実際取材に行く時は面白かったです。台湾人の私でも分からないことがまだまだ沢山あるだなってしみじみ思いました。ただ、政府と協会のやり方はどんな感じになるのは凄く心配です。何だか、深度旅行っぽいことをやって、結局また中途半端な仕事になり、当地の人に迷惑かけたことになる可能性が大の予感です(汗)。
(担当特派員:TOP16号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード