独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年7月19日

ニュースあまり報道してないですが、喜ぶのニュースと思います。韓国 ソウル市で開催される「2016 Asia Pacific Zone BRONCO Chanpionship Tournament」の試合は11歳~12歳参加する野球試合です、台湾の代表隊: 中華隊は昨日韓国と試合して、勝ちました、BRONCOアジア太平洋地域選手権が取りました!すごく厳しい試合なので、ここまでできることがすごいです!

From1号
何故すごく厳しいの試合なのか?知りたい笑。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/雷雨32~36度
台中 晴れ/雷雨31~34度
高雄 晴れ/雷雨 30~32度
花蓮 晴れ/曇り 30~32度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2945NTD
1NTD→3.274JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.7.18発表)/01,09,14,26,30,37/第二区ナンバー06
大楽透(2016.7.15発表)/24,25,29,33,35,38/特別ナンバー49
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「百年歴史の夜市で美術館がある 」
屏東の市公所は民族夜市宣伝するため、民族夜市の路地で「露店美術館」を成立しました。衝突の美学から生活と芸術の距離を打ち破ります;始め展覧会は芸術家鄭さんの作品を展示します、彼はスケッチが得意です、今回展示する作品は夜市で生活の百態を描写します。
日本統治時代時に屏東市の民族路で主軸しての屏東市露店も存在してます。屏東市長林さんによって、当時屏東市露店は屏東市一番にぎやかな市集だった、時代の流れで、大部分の店がいまの夜市に移転しました、記憶と門牌だけ残ってます。露店美術館は芸術で人と夜市を連結して、人たちは食事をする以外、当時の屏東市露店のストーリを感じさせます。
屏東市長林さんによって、美術館も一般イーメジで厳粛なコーナーじゃなく、気をつけないの曲がり角でも芸術品が出会うことができるのを作りたいです、これは屏東市にあるの平民の美学です、この歴史と土地は市民にあける最も貴重なプレゼントにあげるです(←はいっ?意味不明)
黃国安議員のサービスセンターの主任黃さんによって、屏東市の人は最もよく知っている場所:民族夜市の休日徒歩区を実施すると美術館を進駐してから改造して、この都市は百年以来最大の変化が迎えます、いま夜市で歩くでも特別な感じがあります
始め展覧会は芸術家鄭さんによって、夜市は味覚から通して、市民と深い感情を発展します、家族みたい重要な存在ですけど、よく見落とされてます。休日徒歩区の実施で人たちがオートバイ回避するため、注意する目光を移転して、上の看板と建物をよく見てほしい、これは一番綺麗な芸術品ですから
(情報:中時電子報
15号は2年まえ屏東市行ったことがあります、もちろん民族夜市も行きました。夜市の食べ物が美味しいです、確かあそこは食べ物の店しかない、オートバイが多いです、百年歴史があることが知らなかったです。いま美術館のオープンで人に新しい感じをさせるでしょう

露店美術館
住所:屏東市興市巷26號
営業時間:10:00~22:00
電話:08-766-5689
参考サイト(中文)https://www.facebook.com/NMMPingtung/?fref=nf



(担当特派員:TOP15号)

From1号
どうしてこうもバランス悪くデザインを滅茶苦茶にするのか?って話。担当特派員の所の空間とか天気表示が相変わらずきたねーとか・・・・衝突の美学でしょうか?笑
ちなみに衝撃の長文赤の部分は全く何をおっしゃってるのか?最終的にはわからないという仕上がり。議員のサービスセンターという新たな施設も登場しやっぱりかなり細かい笑いを散らしてくる15号。
でもニュースで選んでくるネタは意外と悪くないんだよな実は。

見逃してはならない「山本山」のような「時代時」という新語が誕生していることを。

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード