独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年6月15日

今小さな巷で話題の約20分の1に縮んだ台北駅の看板をパチリ。これってとっても撮影しにくい仕上がりになったような気が・・・・。ってか全然見えないでしょ?笑←逆光的な問題もあり。
IMG_3883.jpg
こんなに大きい駅のサイズはそのままで何故看板を逆に目立たなくするのだろうか?根本的に地上部分でこんなに大きい必要はもはや全くない(ホームは地下)。フードコートと土産屋の為にトンデモナク無駄な建物となっている事には誰も何も言わないのだろうか?しかもこの建物のほぼ1/3が吹き抜けでまったく活用されていない空間。ここがモスクや教会ならばなんとなく理解はできるが、そんなわけでもないので現在の造りである必要性が本当に理解できない。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雷雨 26~35度
台中 曇り/雷雨 26~33度
高雄 曇り/雷雨 28~31度
花蓮 曇り/雷雨 25~32度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2972NTD
1NTD→3.244JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.6.13発表)/03,10,14,21,23,36/第二区ナンバー03
大楽透(2016.6.14発表)/12,13,16,33,35,37/特別ナンバー18
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「柯文哲台北市長:遠雄7/8までに回答なしなら即不契約終了」
台北ドームの争いの解決はどんどん先延ばしに。市長のメールトには100文字に渡る市民からの趙藤雄氏に対する怒りの声が寄せられています。遠雄側にも大きな動きが出ています。6大新聞のトップページの半分の広告スペースを使い市長を批判する記事を掲載。個人的な政治目的のために数々の圧力をかけてきていると訴えています。台北市長は午後本会議場で7月8日前までに遠雄側が市政府からの要求に対する態度を表明しなければ契約は即終了となると宣言。市長はすでに決めており、これ以上市民を失望し続けさせるわけにはいかないと話しています。
議会に入ってきた台北市長はブルーのサッカーユニフォームを着用。その様相は目を引きました。しかしながら数分後すぐに後方へ移動。なるほど短パンを履いていたのですがソックスを履いていなかったので。慌ててちゃんとしたスタイルに整えました。このいでたちは議員が用意した10番のユニフォーム。
許淑華議員「10番はエースナンバーです。あなたは台湾のキャプテンでありますが、サッカーのキャプテンと同様。あなたは台湾サッカーの発展の手助けをしているのですよね。どうもサッカー選手には見えません。なぜならサッカー選手はどう見てもあなたよりかっこいいので。失礼な事を言ってすみません」
国際的なサッカーのキャプテンと台北市長をかぶせたパフォーマンスで台北市長はサッカーを重視したいことをアピールしたかったのでしょう。でもポイントはそこではなく、台北市長の質疑応答最後の一日で、遠雄側が6大新聞のトップページ1/2Pスペースを利用し台北市政府を非難する攻撃を行いました。
見出しは「世界で一番安全で美しい台北ドーム」。記事内では3つの大きな主張をしています。そして12個の要求はすべて柯台北市長に向けて個人的な考えを政治に持ち込んでいる事に対する批判。市長、これについてはどう説明しますか?と書かれています。
台北市長は「今までも気にしていない」、簡舒培議員「あなたが先に相手を文章で攻撃し、今度は相手が新聞を利用してあなたを攻撃。あなた達は一体いつまでこれを続けるのですか?」。台北市長「7月8日に彼らが何らかの形で意思表示をしてくるでしょう。結局、我々の求める標準を受け入れ、三か月以内にこの標準に変更する事にならなければ契約は終了となります」
台北市長は再度通告しました。最後の期限が7月8日である。それ以降は契約終了。しかし議員は食い下がって確認します。では解約後台北ドームは取り壊し?それともそのまま??
台北市長「我々はすでに一年の時間を費やした。もうこの時間は十分。ただ今の段階でこれからどうするか?を決める必要はない」。許淑華議員「台北市議会は一銭も出さないという事ですね」。台北市長「この件は市議会が費用負担をしないという方向で考えており、今後も処理する事にはならない」。許淑華議員「では一銭も出さないという事が確定したという事でありますがどんな方法でも出さない事が確定ですか?」。台北市長「そうです。別の方法で行います」。
柯文哲台北市長の意志は変わりません。遠雄に対してこれ以上支払いを行わない事を強調しています。市民を失望させないようにしたいという事です。ただこの場での台北ドームに関する攻防はたとえて言うなら唾の飛ばしあいから、作文大会へと姿をかえ一体いつ終わりを迎えるのか?語るのが難しい問題です。
(情報:民視新聞
まず言っておきますが市長VS遠雄さんっていう個人との喧嘩ではありませんのであしからず(人名みたいにみえるからね笑)。この台北ドーム問題って最初は賄賂がどうたらこうたらでもめて、そこから建築基準にあってないとかで揉めて現在に至る。前市長の時代と、現市長の今とっていう事での問題もプラスされてるのかな?いずれにしても現市長の主張する条件で再度建築する事を建設会社側が認めれば工事を続けさせるという事で建築をストップさせているという問題。本日の台北ドームの写真を是非貼り付けてご覧頂きたいぐらい放置された骨組みのみの台北ドームは錆びついてみすぼらしい姿を台北市の中心でさらしています笑。建設会社サイドとしては市が認めたのに何故現市長がストップ出来るんだ!って主張でしょうが、問題の根幹は建築基準通りかそうでないかだから認めようが、認めまいが基準に合致してないなら直さないとならない。で、そう言う風になった経緯が役所側の責任なのか?建築会社側の責任なのか?でどっちが費用を負担するかが決定って話だよね。でもあまりよくこの問題をわかってない1号はみんなに聞いてみる。この問題の原因とか経緯誰か教えてくれる? トップレンジャーズ 〇号「・・・・・」、〇号「あたしが知るわけないじゃ~ん」、〇号「バスは重慶南路から~~」、残念ながら解決できません(番号伏せててもすぐにどれが何号か?お判り頂けるでしょうね笑)。いずれにしても出来上がってからドリフのコントみたいに崩れたりしたら困るからちゃんと作って頂きたい。でもこのドームって来年のユニバーシアードの為に作るって事だったと思うけど絶対にもう間に合わないだろ。
おっと!ただいま16号から救いの手が!!どうやら最初の設計図で承認された後、設計内容を変更する際も建築会社側が市に対して承認を受けないとならないのに、受けながらも全部をちゃんと見せてない系の手法で承認を得ていたらし。全部報告してないのに承認されてる、市が認めたと主張し勝手に作ってこれは違うだろ!っていう戦いに(で、それを直すには金がかかるという戦いに(ただその金の出処が市議会ではないけど他の方法でって言ってるところも気になる。市議会ってそもそもお金有るの??)←またも謎だらけな台湾)。その戦い方法が唾の掛け合いから作文バトルになってるらしいが、最後の決着は1対1のPKかもしれない。ソックス履くのお忘れなく!!
(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード