独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年5月30日

週末のニュースで台湾が今年は未だ梅雨入りしていないと知ってビックリ。沖縄は確かすでに梅雨入り宣言したはず。本当に台湾はまだ梅雨入りしてないの??と思い調べてみると、台湾の「梅雨入り」は日本の「梅雨入り」宣言とは少し意味が異なるようです。台湾の「梅雨入り」とはその季節に始めて全土の広範囲で強い雨が降ることをさすそうで、日本でいうところの「梅雨末期の豪雨」状態のことをいうそうです。そういえば確かに日本のように気象庁が発表するに「梅雨入り宣言」というような明確な宣言はありませんし、「梅雨の季節がやって来ました。」とニュースで伝えられたと思ったら間もなく夏本番がやってくるという状況なのでやたらと梅雨が短いと感じていましたが梅雨入りのスタートのカウントタイミングが遅いだけのようです。先週金曜日の午後も全身ずぶ濡れになった17号の中では、とっくに台北の梅雨入りは始まっています。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雷雨25~34度
台中 曇り/雷雨27~33度
高雄 曇り/雷雨27~32度
花蓮 曇り/雷雨25~31度
今週のお天気→台北は水曜日以外は毎日にわか雨又は雷雨、水曜日までは気温も25-36℃と高めですが、木曜日から気温は徐々に下がる予報です。台中は連日にわか雨又は雷雨の予報がでており気温は27-34℃の予報です。高雄は火曜日の昼間以外は雨または雷雨の予報がでています。気温は27-32℃の予報です。花蓮は水曜日以外はすべてにわか雨または雷雨の予報がでています。気温は26-31℃の予報です。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2856NTD
1NTD→3.371JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.5.26発表)/03,05,12,24,25,28/第二区ナンバ-06
大楽透(2016.5.27発表)/02,09,13,16,24,39/特別ナンバ-41
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「日本線の航空便は一日百便以上 東京行きのチケットはここ3年で20%値下がり」
日本線の航空便が成長を続ける中、交通部民航局は5月の統計が毎週727便で合ったことに対して一日当たりの便数が100便を超えたとし、去年の同時期より40%増加し、東京へのチケットはここ三年で20%値下がりしました。
民航局の統計のよると5月の台湾と日本を往復した航空便は毎週727便、15か国の航空会社によって運行され、去年の同時期には13カ国の航空会社により毎週508便が運航されていました。
民航局は727便中、主に東京と大阪に集中しており、東京は毎週256便、大阪は179便となります。最近は円安や航空便の増加により日本線のチケットの価格降下が見られます。東京を例にとると、2015年と2014年では10%、2012年と比べると20%値下がりしています。
6月のチケット料金を例にとると、中華航空のTAX込みの桃園-東京間の往復最低運賃は一万元でおつりがくる価格です。エバー航空も1萬一千元以下で東京往復のTAX込のチケットが発売されています。Vエアは片道2000元で購入できます。
航空便の増加により、航空運賃が下がり、消費者には有利になりましたが航空会社にとって利益は減少しています。しかし航空会社は日本マーケットの開拓を引き続き続ける様子で、6月25日にはフィリピン航空が桃園-大阪線を、台湾タイガーエアが6月29日より桃園-仙台線を、Vエアーが7月1日より桃園-沖縄線を、台湾タイガーエアが8月12日より桃園北海道線を、スクートが10月1日より桃園-北海道線を開通する予定です。
遠東航空は6月と7月にそれぞれボーイング737-800を一機ずつ購入を予定しており、将来日本の東北地方への路線開拓をめざしています。
唯一復興航空のみ財務状況の改善の為、日本路線の減便を計画しており、6月15日から10月まで北海道への一日二便のフライトを一便に減らし、東京線をエアバスA330から小型のA321またはA320型へと変更する予定です。7月から東京線も現在の一日2便より一便へと減便予定です。
(情報:中央社
(担当特派員:TOP17号)
本当に海外在住の我々にとっては、大変有りがたく心強いことこの上ないニュースです。LCCの運行開始により旅行会社を通さず直接チケット購入の需要が増え、現在大手エアラインもそれに応えるべくホームページのチケット購入サイトはとても充実しており購入もスムーズです。LCCはフライトキャンセルになった場合の振替便のケアがなかったり、予約後のキャンセル規定がきびしかったりと確かにリスクも存在しますがそれを差し引いても、大手キャリアも帯同して増便、値下げと確実に航空業界に新しい風を吹き込んでくれています。せっかくこんなにフライト便が充実した路線に住んでいるので、出来る限り色々な航空会社を乗り比べて見たいと思います。

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード