独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年5月25日

18号はテニスができないですけど、
テニスをみることが大好きです。
世界中で一番好きな男子選手はスイスのロジャー‧フェデラーです。
彼はずっと続けている記録は最近破れてきました。
それはテニスの世界で最も有名なグランドスラムという試合で
65回に参加した記録はここまでに止まりました。
彼のファンは凄く残念でした。
参加できない原因は彼の背中の怪我はまた治ってないですから、
そのまま、もし今年の全仏オープンに参加したら、
悪化の可能性はとても高いです。

●グランドスラム→全豪オープン、全仏オープン、ウィンブルドン選手権、全米オープンという4大テニス大会です。

From1号
な、な、なんとテニス好きとは。16号も実はテニス好きでフェデラーファン。ブログを通じてトップレンジャー3名がファンだという事がわかりビックラ。今日も帰って73で全仏オープン見ないと状態。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雷雨24~31度
台中 曇り/雷雨 26~32度
高雄 曇り/晴れ27~31度
花蓮 曇り/雷雨 24~30度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2881NTD
1NTD→3.343JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.5.23発表)/03,11,14,15,35,38/第二区ナンバー02
大楽透(2016.5.24発表)/06,08,13,21,33,39/特別ナンバー45
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「十三行博物館でVRの人工現実感、考古学者として海底へ沈んで行く」
新北市立博物館は「バーチャルリアリティ」(VR,Virtual Reality)の科学技術を導入しました。その中、十三行博物館の予定は今年10月から民衆に開放して、「水下考古」というイベントを体験して、皆は考古学者になって、水で他の考古学者を協力して、調査を完成します。新北市長朱立倫氏は先に体験して、VRはすごく面白いですので、その時民衆と一緒に体験することを勧誘します。
「あ!あそこ沈んだ船があります。私たちは魚が囲まれて来ました!」VRは現在ゲーム、映画で使用だけではなく、さらに新北市文化局は今一番流行っている技術は博物館に応用します。市立十三行博物館はVR装置と接続して、「水中考古」というイベントを出します。視野は720度で海の全体が見えることだけではなく、頭を擡げる時にもキラキラしている海面が見えます。自分はエイと鯨などの魚群が囲まれて、もし手で触ったら、ある魚はビックリして逃げまして、ある魚は興味津々ずっと見てます。民衆は海の世界にいるように、海でどこでもサープライスがあります。
朱立倫氏はVR装置で体験した後、凄く面白いと言いました。彼によって、昔はそんなことを体験したことがなくて、自分は海の世界にいるようです。魚群に挨拶して、魚は近づいて、さよならを告げても、すぐ逃げてしまいました。でも、大きい魚は来たら、ちょっと怖くなってきました。それは本物と似すぎますから。民衆は絶対体験してきて、海の素晴らしさを感じてください。
新北市文化局長林寬裕氏による、「VR博物館」はデジメディア技術を応用するところです。技術のデザインに似ている実際の博物館は新しい方法で体験することを提供します。民衆は博物館で映像、写真、文書だけで知識をもらうことだけではなく、実際に操作して、昔と今のことを乗り越えて、VRの魅力を感じます。
将来鶯歌陶瓷博物館、十三行博物館、黃金博物館、淡水古蹟博物館などの新北四大公立博物館で、「VR博物館」というサービスを成立して、民衆は地理と時間の制限は構わなく、博物館の距離を短くなります。
また、鶯歌陶瓷博物館はもうGoogleと合作協議して、「Art Project(藝術計画)」を参加しました。将来インタネットでGoogle VR博物館に入って、出かけなくても博物館の展覧と文物が見えます。装置の普遍性で新北博物館はBeaconシステムを作って、ブルーツースを付けているスマートホーンのような装置でちゃんとすぐに観光客の前に芸術品に関する紹介します。
(情報: 卡優新聞網
VRという仮想現実の装置やシステムは最近凄く人気があります。
VRに関するゲームの情報はよくインターネットで聞きます。
VR博物館といつ新しいシステムは出しそうですので、
もし十三行博物館は10月から「水下考古」という体験を提供したら、
予約はいっぱいになるんですか。
特に子供に対しては絶対逃げさない活動です。
親には週末に行けそうなとことまた増えました。
そんなに面白い装置とシステムは子供だけではなく、
大人にも興味あるはずです。
(担当特派員:TOP18号)

From1号
外来語カタカナ以外はなかなかの仕上がり。細かいミスはあるもののもうそんなん気にしませんレベルまでキタ――!讃◎◎◎。
18号ブログはそろそろ巣立ちの時を迎えそう。

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード