独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年5月3日

5月は台湾では毎年納税の月です。日本とは少しシステムが異なり、個人や夫婦単位で就労所得者全員が日本でいう「確定申告」が必要となります。ここ数年はインターネット申告が増えており、18歳以上が申請できる「自然人憑證」というICカードを所持していると自分と扶養家族のデーターが過去すべて保存されており、1年の所得、銀行口座の利子や株式で得た利益を入力すると自動で支払うべき税金を計算してくれます。このICカードは年に一度の納税時だけでなく、健康保険や労働保険などの資料もすべてこの「自然人憑證」カードに集約されています。日本は今年やっとマイナンバーが交付されたばかりなので、日常生活のIC化は台湾の方が大分進んでいるようですね。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雷雨24~32度
台中 曇り/雷雨24~31度
高雄 曇り/晴れ26~31度
花蓮 曇り/雷雨24~30度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2946NTD
1NTD→3.272JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.5.2発表)/09,15,17,18,22,28/第二区ナンバ-06
大楽透(2016.4.29発表)/08,14,27,31,36,40/特別ナンバ-03
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「どこの県か市が一番つまらない?ランクインしたのはこの都市」
アメリカのケーブルテレビ局CNNのホームページに台湾で一番住みやすい都市として台中市が紹介されている記事が掲載されています。台中の都市としての特色や観光名所などかなり詳しく台中について紹介されていますが、インターネット上ではそれなら一番住んでつまらない都市はどこなのかとの質問が寄せられています。
CNN香港の記者劉照初氏はホームページ上に寄稿した「なぜ台中は台湾で一番住みやすい都市なのか」という文章について、台中は平均気温が23度と一年を通して気候が良く、高美溼地、谷關溫泉や大坑步道などの豊富な自然資源に恵まれており山も海も有していること。またそれに加えて国立台湾美術館や彩虹眷村などの魅力的な文化スポットもあり毎年10月には定期的に「ジャズフェスティバル」が盛大に開催されています。また観光スポット以外にも台中の美食として、泡沫紅茶や逢甲夜市などの台湾小吃を紹介しています。
しかし、インターネット上で質問が上がっている「どこの都市が一番つまらないか。」についてでは、桃園、苗栗、雲林、彰化などの県があげられ、「桃園は人が多い以外にこれといった特色がない。」、「彰化は夜10時以後はゴーストタウンのようだ。」、「雲林は宮廟というイメージだけ、騒々しくて空気が汚い。」などのコメントがよせられていますが、それに対し「桃園には拉拉山や小烏來もあるし、大溪老街もありますよ!」「彰化には良い所が沢山あるし、鹿港もあります!」などという意見も寄せられ、討論の結果は「インターネットがあればどこも退屈じゃない。」という結論に落ちついたようです。
  (情報:今日新聞NOWnews
以前から台湾で一番住みやすい都市では必ず「台中」がNO.1にあげられていますね。弊社1号も本気(?)で台中移住を考えているそう。やはり気候が一番良く安定しているのと、桃園国際空港や首都台北からも比較的近いというのも人気の理由なのかもしれません。新幹線も台中にはどの便も必ず停車しますし、今年はオペラハウスもオープンするので台中の注目度は今後ますます高くなりそうです。一番つまらない都市はどの都市の名前があがっても、きっと地元愛の強い台湾の人たちが反論するのでいくら討論しても決まらないでしょう。台湾人は本当にみなさん出身地を大事にする地元love民なのです。最終結論の「ネットがあればどこでも退屈しない。」がスマホ、ネット大国、現代の台湾を良く表していると思います。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード