独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年4月25日

今朝はオフィス内で5月2日月曜日がお休みかどうかということでひと騒動。結果弊社の従業員は労働保険に加入している労工なので5月1日(日)の代休で2日月曜はお休みですが、台湾では公務員はお休みではありません。ですのでこの日はストックマーケット、銀行を含めた民間企業はお休みですが、役所や学校などの公的な機関は通常通りの勤務となります。この日は両親はお休みで子供だけ学校に行く家庭が多いので、カフェやホテルのレストランで仲良く朝食をとるご夫婦が沢山出没します。これも台湾特有のメーデーの風景です。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨22~29度
台中 曇り/雨23~29度
高雄 曇り/雨25~31度
花蓮 曇り/雨23~28度
今週のお天気→今週の台北は曇り時々にわか雨又は雷雨の天気が続き気温は20-29℃、台中も木曜日までは曇り時々にわか雨又は雷雨の天気が続きますが金曜日には止む予報です。気温は23-29℃です。高雄は火曜と金曜は曇りですが水曜木曜の二日間は通り雨又は雷雨の予報がでており、気温は25-30度となるでしょう。花蓮は木曜日までは毎日にわか雨又は雷雨の予報ですが金曜日には止みそうです。気温は21-29度にて推移するでしょう。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2826NTD
1NTD→3.406JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.4.21表)/13,15,16,23,27,30/第二区ナンバ-02
大楽透(2016.4.22発表)/12,19,23,33,46,48、/特別ナンバ-29
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「阿里山国家森林遊楽区入園料 5/1より差別化して徴収」
阿里山森林遊樂園区では5月1日より入園料を差別化して徴収することが決定しました。これにより外国人観光客の入園料は台湾ドル300元に値上げされ、国内j観光客の入園料は現状の200元を維持、嘉義県民は100元の優待料金となります。
嘉義森林管理処は、阿里山にて入園料の差別化徴収が実施されると国内では初めて外国人旅行客、台湾国内旅客、嘉義現地の住民とを差別化した料金設定を開始することになるとのべました。阿里山は1998年以来入園料の改正を行っておらず、近年国外よりの観光客が急増したことと、外国人観光客は台湾で納税をしていないということを考慮して、外国人観光客の入園料を値上げすることに決定しました。
しかし台湾内の観光客の入園料は現状の200元を維持し、外国人でも国際学生証の所持者及び7歳から12歳の児童、公共交通機関のチケットの半券を所持している人には150元の優待料金を定めています。
またそのほか台湾の7歳から12歳までの児童、証明証を所持している警察官及び軍人及び証明証を所持している嘉義県民は一律200元の優待料金となります。
嘉義森林管理処によると現在台湾内で入園料金の差別化設定をしているのは故宮博物院のみで、その他の国家公園、アミューズメント施設や風景区などでは国内と国外との料金の差別化設定はされてないとのことです。
  (情報:中央社
朝からこのニュースにおどろきました。今更お隣の国と同じこと始めたりしてどうしちゃったのでしょう。
タイやマレーシアの東南アジアでは昔から観光地や名所旧跡などで、現地人の数倍の外国人料金の存在が広く認知されていますが、外国人料金が存在するのは発展途上の後進国が圧倒的でした。スイスや日本などの先進国では国内鉄道のチケットなどは国外で購入した外国人が一番安く購入できるなどのメリット(JR PASSなど)があり、外国人だからこそ得られる優待料金があるという両極端な状況でもあります。台湾はこれまでどちらかというと先進国に近く、台湾新幹線には外国人のみ利用できる3日間乗り放題の優待チケットがあり、ホテルの価格も外国人旅行客向けには現地客より価格を抑えてオファーされてきました。故宮に続いて阿里山が外国人料金を導入するとなると、その他の国家公園区や風景区でも後に倣うところがでてくるかもしれません。もちろん実情は中国人観光客の急激な増加で観光地の環境保護や清掃等の費用が必要となることは理解できますが、それなら台湾人との差額を100元などにせず、いっそのこと他国のように5-8倍、いや10倍くらいに設定してみるのも良いのではないでしょうか?
(担当特派員:TOP17号)

From1号
このニュース1号過去にすでにアップしていますが・・・・(クリック)。今週末から開始という事で再アピールを兼ねての同じ記事アップという事でご容赦くださいませ。果てしなく続く仁義なきニュースの奪い合い。って言うか奪い合ってない。「人のネタ見て我がネタ考えねーよ」が、1号以外のトップレンジャーの基本的ポリシーらしく涙

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード