独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

Polar Café

今回は1号の命により(仕方なく)Polar Bear(白熊くん)を探して三千里、滅多に足を踏み入れない東区のオサレ路地裏を
散策するつもりが迷子になってまいりました。最初に住所を見た瞬間から嫌な予感。住所に17号の嫌いな「弄」が
あるではありませんか。「巷」までは簡単に探し当てられても、「弄」は経験上結構面倒な場合多し。
お昼を微風ですませ、ココからならタクシーで直ぐだしあわよくばタクシーの運転手さんに探してもらおうと思ったのが大間違い。
入り組んでいる路地をぐるぐる回った挙句、ギブアップと大雨の中放り出されてしまいました。雨の中グーグルマップを頼りにやっと探し当てたカフェがこちら。
外観① 外観③
分かりにくさ&こじんまり度歴代1位。

店内は縦に奥行はあるけどやっぱり狭いっ。
店内② 店内①.

奥にはテーブル席も
店内③

さてここからが本題です。なぜ、本日こちらにわざわざ伺ったかというと、こちらの「Polar Cafe」のカフェラテに
可愛い白くまくんが浮かんだPOLAR BEAR LATTEが大人気なんだそう。
その白熊の正体を突き止め写真を撮って来いというのが本日のミッション。

早速店内の冷蔵庫の中に出番を待つ白熊くん達を発見!
出番を待つ白熊くん
もちろんお目当てのPOLAR BEAR LATTEを迷わずオーダーすると
illyのコーヒー豆とコーヒーメーカーで一杯ずつ丁寧に入れてくださいます。
illyコーヒーメーカー
そして最後にポーラベアを投入~!
ラテにドボン①
手を放してもご機嫌に浮かぶ白熊くん
ご機嫌な白熊くん②
ちょっと怪しくなってきた白熊くん
ちょっとあやしい白熊くん③
段々雲行き怪しくなる白熊くん
雲行き怪しい白熊くん④
かなり苦しそうな白熊くん
かなり苦しい白熊くん⑤
完全に溺れかけてる白熊くん
完全に溺れかけた白熊くん⑥.
SOS虚しく瀕死状態の白熊くん(帰りのMRTの中)
瀕死状態の白熊くん⑦

以上カフェラテとポーラベアとの素晴らしいフュージョンをご紹介しましたが、
このポーラベアは「綿菓子」で作り冷蔵しているそうです。
なので甘ーいカフェラテが好きな方は白熊くんが完全に消えてから、
甘いのが苦手な方は白熊くんが浮かんでるうちに飲み切っちゃいましょう。
もちろん白熊くんを入れないという選択肢もあります。笑
POLAR BEAR LATTEは一杯200元ですが、カフェのその他のメニューにプラス
70元で白熊くんを追加することもできるそう。しかしもともと甘味のあるドリンクには
お薦めしないとのことでした。

テイクアウト用キャリー
帰りがけにはまだ残っていたラテをこんなかわいいパッケージでテイクアウトに!

<基本データ>
住所:台北市大安區忠孝東路四段205巷29弄7號A3室
TEL:02-2721-1520
営業時間:14:00~22:00

<17号のちょっとひと言>
百聞は一見にしかず。なるほど、ラテに浮いてる白くまくんの正体は「綿菓子」だったのですね。
コーヒーも一杯ずつ丁寧に入れられていてとろけてゆく白熊くんともマッチして
最後まで白熊くんと別れを惜しみつつ美味しく頂きました。

見つけにくい度★★★★★(迷った迷った!雨の中迷ってタクシーの運ちゃんにも見捨てられ最後はグーグルマップを頼りにやっと到着)
ポーラベア出現度★★★★★(店内のありとあらゆるところに白熊くんが出現。もちろんお店の外のアプローチにも。)

(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード