独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(花蓮)Giwas Ali

何年振りかにしっかりと宿泊を伴う腰を据えての訪問は10年ぶり以上かなと・・・(ジャパ(仮称)に連れていかれたり等の一瞬の強制的訪問はあり)。やっぱりどんな場所でも進化し、そしていわゆるオシャレな店っていうのも登場するんだなって事を確信。

モダンな外観
ねっ、この外観からしておしゃれ感たぷり。

入ってすぐは雑貨販売コーナーで 雑貨1 雑貨2
こちらのショップはレストラン兼雑貨屋。お店のある秀林郷は90%が原住民タロコ族の方達らしい。もちろんこちらのお店もタロコ族の方々が経営(スタッフも全員だって)。で、雑貨も立比個族をはじめとする原住民のハンドメイドモノを中心に販売。大きなガラス張りの壁から燦々と光が注ぎ込み開放的な空間の中に各種雑貨がディスプレイされています。地元産のお茶や、手作りの手染めシルク製品などバリエーションも豊富。

奥が レストランスペース
その雑貨スペースを通過するとレストランスペースに。オープンキッチンスタイルでこちらも広々と感じる設計となっています。天気がいいと座っているだけでも気持ちいい。


本格的な イタリアン レストラン
料理は本格的なイタリアン。使っているハーブはすべて自家菜園で栽培したもの。

メニュー1 メニュー2 メニュー3
色々注文してみたメニューたちをランダムにご紹介。左:ピリ辛に焼き上げたエビになんとチョコレートソース。自分的には衝撃だった(260元)、中:いわゆるシーザーサラダ(200元)、右:これは1号大好きなニョッキなんだがめちゃくちゃ高い!(460元)。

メニュー4 メニュー5 かわいい
左:地元産の新鮮なアスパラを使ったフィットチーネ(380元)、中:パンナコッタは一気に値段が下がって80元。それぞれをセットにすると+いくらで何々セットというような事も可能。

 なんとも のどかな 風景ですなぁ
これはレストラン側の窓の外に広がる景色。目の前の菜園で育てられたハーブとかが使えるって事です。真ん中に移っている施設でパイナップルケーキを作ったりしていると言っていた。こちらのレストランも実は予約制で開放しているらしく原住民料理をセットメニューで提供してくれるらしいからそっちがいい場合は事前に相談を(8から10品で500元位って確か言ってたけど、何人以上じゃないとダメとかそーいう大切な具体的話してない汗

トイレがとっても おもろな形だった
最後に、トイレは外にあってとても変わった形で存在。これが後々とても便利な事に。

<基本データ>
住所:花蓮縣秀林郷景美村加灣9鄰216號
(台鉄景美駅から車で約2分。花蓮駅からも15分位)
TEL:03-826-3333
営業時間:11:30~21:00(一か月に一回休み(不定))

<コーディネーターのちょっとひと言>
山の中にポツンとある美術館みたいな感じ。レストランサイドから外に出ると目の前にデカイ山がボーンと存在していてすごい雄大な景色が広がります。料理は味つけだけでなく、盛り付けや器にも気を配っている本格的なイタリアン。花蓮でもこーいう料理が食べれる時代になっていたんですな(なんせ記憶は10年以上前)。こちらの店を訪問してからその後花蓮観光と言えば壮大な峡谷美で有名な台湾屈指の景勝地「タロコ峡谷」に行ったんですが、なんとここから入り口はすぐ近くだった。で、帰りにトイレに行きたい!って話になった時にうまい具合にこちらの施設の外に設置されているトイレが使えるという立地条件。外建築だから全然公衆トイレとして使わせてもらえるところがめちゃくちゃ親切じゃん!

お薦め度★★★★★(地方でどっぷり中華に飽きた頃だったりするとまさに神レストラン的)
モダンな空間度★★★★★(モダンさアップの為だろうか?コンクリートむき出し建築だから寒そうな感じなんですが差し込む外光とスタッフの温かさで寒さは感じず!)

(担当特派員:TOP1号)
ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード