独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年4月4日

本日は連休3日目。台北市内はむしろ静かで大変秩序ある穏やかな一日となっています。が、各地の高速は渋滞なう。MRTも多分明日の夕方ごろからなんだか荷物一杯な人たちでごった返すという嫌な予感もしております。そんな穏やかな日にショックな出来事が
ここに落ちるか?!
この隙間に以前鍵を落として鬼ショックだったので、落ちそうな時に絶対に引っかかるであろう巨大キーホルダーでブロックしたんですが、また鍵を落とした!しかもキーホルダーから外れて落ちる事件。ストッパーみたいなところが緩んではずれて落ちるってどれくらいの確率の不幸だ!みたいな。ちなみにこれは拾えるのだろうか?会社のエレベーターは相変わらず止まってないうちに開く、止まってもフロアとエレベーターの高さがあっていない等の恐怖が付きまとうし、会社のビルのエレベーターは上の階で止まっているエレベーターがあるにもかかわらず下を押しても動かず、何故か一階から登って来るエレベーターを待たないとならないいじわる設定だし、とにかく台湾ではエレベーターにも油断禁物!←鍵を落としたのはエレベーターのせいではないが八つ当たり笑

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 19~26度
台中 曇り 19~27度
高雄 曇り 22~29度
花蓮 曇り/雨 21~26度
今週の天気→今日までは大気の状態が不安定な感じですが、明日以降はおおむね良好。日差しが戻れば気温も今日より更にアップするのでもはや真夏ぐらいなレベルに達する事でしょう。ただ金曜日ぐらいから再び曇りがちな天気となりそうで、そうなると気温が最高気温が-五度ぐらいになるかもですが、25度と30度は寒くなるわけではないので気にしない気にしないですね。ただ東部だけは週を通して大気の状態が不安定なので雨が降る可能性はあり。ただし降っても一時的にという感じかなという予報となっています。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2789NTD
1NTD→3.449JPY
*連休中につき4/1の最終レートにてご案内

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.3.31発表)/02,07,11,25,26,28/第二区ナンバー04
大楽透(2016.4.01発表)/08,12,16,29,37,39/特別ナンバー40
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「文湖線の運行本数アップで内湖の渋滞は解消可能?」
台北市内湖エリアは内湖科学技術パークの設立後、通勤するサラリーマンの数が一気に上昇。周辺エリアの発展もそれに合わせて大幅に上昇していますが、交通アクセスはこの発展に全くリンクしていません。内湖エリアの交通渋滞問題は柯市長就任後の重要な解決すべき問題ともなっています。
交通局が提出した7大解決案の一つはMRT文湖線の運行間隔の縮小です。運行本数の増加で座席数をアップさせる方法ですが、この方法で200~300台の民権大橋上を運転するドライバーたちをMRTに誘導できるでしょうか?他の橋ももはや駐車場と化しています。ピーク時の渋滞は日常茶飯事。原因は14万人に上ると言われている内湖エリアに通勤するサラリーマンたちの約70%が車通勤を行っています。いくつかの改善案は出されていますが、その中の一つが、公共交通機関の利用率をあげるべく運行本数の調整による解決案となっています。
当対策は1月18日からすでに開始されており、出勤退勤時のピーク時間の運行間隔を86秒から80秒へ短縮し、毎時4本を増便。その結果1800名の追加輸送が可能となっていますがそれでも列車に乗りたくないと思わせるようなすし詰め状態の混雑。結局混雑で乗車できないので一本遅らせるという事になり、根本的な解決に結びついていないのも現状。市長からは車両内の1,2席を排除し立って乗車できるようにする案も提案されました。
しかしながら市長案を実施したとしても一列車で20名が追加乗車可能となるのみで、更に椅子の下には電力システムなども設置されている事から簡単には取り外しが出来ず、結局一列車6名が追加できるほどにしかならないという県商もされています。車両の運行間隔を短くする事と椅子の取り外しの合計で増やすことが可能と計算されている一時間当たり2500名増ではピーク時に8万人が移動する内湖では焼け石に水。車両そのものを追加する事も難度が高いと見られています。学者の見解によれば、一時間当たりの乗車可能人数を1万人増加させることがこの問題の買悦に繋がる措置でと言われています。またある議員からは料金を下げることがMRT利用者を増やす事につなげられるのではないかとも発言されていますが、いずれにしてもこの道路、MRT双方の渋滞問題を解決するためのポイント、MRT文湖線は改修可能なのか?可能な場合どうやって?など、台北市政府からの回答を待つしかありません。
(情報:民視新聞
こんなこと開通時からわかっていた事なのに今さら何を・・・って問題。先のこと考えて作ったなら絶対に一運行毎の車両数をアップするとかの対応が可能なような設計になっているはずなのにそうなってないからこうなるって結末。こんなおもちゃのような列車でみんなが通勤できるなんてことはあり得ないって作りの主要交通アクセスってありえるか?って話。上野動物園の中のモノレールと同じようなキャパの車両で通勤しろって言われている状態なんですから!とりあえずご存じない方はこちらをご覧ください。ちなにに一車両がスーパーミニで、確か3両か4両編成。
外観 車内
そしてこのおもちゃの車両は松山空港駅にも直結している為、どう考えてもスーツケースなんて入れられないっていう車両レイアウトの列車に無理やりスーツケースを入れないとなりません。乗り換えだって地上のホームから地下のホームまでの長い道のりを移動するなど、乗客の利便性などは当初から全く計画されてなかったんだろうなって言うのが明らかなデザインなのです!解決方法はもう一度一から作り直すしかないでしょうね笑。一運行の車両数が増やせないならどうにもならない。最後は全部つなげちゃってぐるぐる常に回ってる運行しかないのでは?いつでも乗れますのような運行。駅の感覚が同じじゃないと不可能だけど、あれもダメ、これもダメじゃ何の解決にもならないからこんな斬新なプランを提案してみる。まあ繋がったとしても椅子がとにかく問題なのでどうにもならないかも。なんかはじめっから全員座って乗車する事を前提として作られているとしか思えないぐらい立って乗れない状態になってるのは何故?日本の一般車両でも横並び席の前に立って乗るなら左右に人間が立って、少し後ろに余裕ありみたいな感じでしょ?だけどこの文湖線の車両って人一人しかまず立てないみたいな状態になってる。何もかもが不思議でしょうがない。
(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード