独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年3月3日

日本の人気サイト「食ベログ」、50軒美味しいラーメンランキングの第3位の一燈ラーメン、もすぐ台湾でも店が出すです。いま台湾で日本料理すごく人気、日本色々な店、どんどん台湾で店を出しました。まえ名古屋にいるの15号、名古屋の人気店もう台湾店がある、名古屋へ行かなくでも食べれるになってきました
From1号→なんだか穏やかなスタートだな。つまらん!笑

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ14~25度
台中 曇り/晴れ14~24度
高雄 曇り/晴れ17~25度
花蓮 曇り 15~24度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2928NTD
1NTD→3.548JPY
From1号↑これ絶対間違え。昨日は多分10000JPY→2808NTDぐらいだったから!怒 どうして前出来てることが突然できなくなったりするんだろう?誰かに代打ちでもさせてるんじゃねーのか?疑惑。昨日会社で実際に本人が入力しているところは見ていない。

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.2.29発表)/01,09,15,17,18,38/第二区ナンバー06
大楽透(2016.3.1発表)/07,14,17,22,23,34/特別ナンバ12
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「日本土佐清水市は台湾の大学で”観光大使”募集」
台湾から日本を訪れた観光客は300万人に超えました、国別で台湾の訪日客数が前3位になりました。そのため、日本の土佐清水市の市長は台湾を訪れて、台湾の大学で観光大使を担当できる大学生を探します。昨日台北市の台北城市科技大学とインターンシップ提携に関する覚書に署名した、学生日本への渡航費や宿泊費などは土佐清水市が負担します。
昨日インターンシップ提携に関する覚書に署名会に出席した方は日本の土佐清水市長泥谷さん、議長永野さん、觀光協会長山本さん。外交部亞東関係協会の会長李嘉進さん、、立法委員李鴻鈞さん、台北市議員陳建銘さん、北市府觀光傳播局局長簡余晏さんです。
日本の土佐清水市長泥谷さんは挨拶する時に表して、清水市は四国の南西端に位置して、1970年海中公園に指定されてます、1972年海沿岸の全域が足摺宇国定公園に指定されます、綺麗な風景が持ってます、水産業と水産加工業は主要産業です。近来、外国観光客に人気の「四国八十八箇所」へ参拝行くの台湾の観光客が多くなってきました。台北城市科技大学の学生に国際観光の領域に実践すると応用するの機会を提供して、双方が交流することも促進します。
台北城市科技大学の日本研究中心主任管美燕さんは表して、観光大使の基本条件は日本語レベルN2以上、日常会話ができることです。未来は土佐清水市観光協会、足摺国際ホテル、足摺パシフィックホテル花椿で実習しながら、同地の魅力を知ってもらいたいとしています、日本への渡航費や宿泊費などは市が負担するほか、計14万円の謝礼も支払います。
外交部亞東関係協会の会長李嘉進さんは表して、土佐清水市は日本の四国綺麗な風景を持てる場所です、今回の交流会で日本と台北城市科技大学はもっといろな可能性できること期待します。
立法委員李鴻鈞さんは表して、前は台日の交流は都市と都市に対しての交流ほうが多いです、都市と大学に対しての交流することがめずらしいです、このような交流方式が成功することが楽しみです、また大学生たちにもっと色々な勉強機会を提供することができます。
台北城市科技大学の外語系3年生陳さんは表して長い日本語を勉強して、いまこの機会発揮することができます、ただ2ヶ月だけけど、貴重な経験がもらえるので、頑張って申請します!
(情報:中時電子報
都市と大学の交流することがめずらしいです。台湾で日本へ行きたい人がすごく多いです、今回の交流で台湾の人にも一つ日本綺麗な町を知られるように、いいと思います
(担当特派員:TOP15号)

From1号→観光大使なのにホテルで研修することになるなんて・・・。まあ学生ですからね。こーいう経験の方が貴重でしょう。観光大使の条件は日本語検定2級以上&日常会話が出来る。果たして15号は合格できるのか?是非レベル確認の為に学生ではないが観光大使の申請をしてみてもらいたい笑。ところで「表して」はいつ直すのか?多分こうやって直していても一度も振り返って見直してくれた事なんてないでしょうから、一生直し続ける運命にあるとすでに覚悟はしております。間もなくライバルとなるであろう18号のデビューも控えておりますのでパイセン!赤少なくなるようにしてくださいよ。
なお公園名おもいっきり間違えております。足摺宇和海国立公園です。関係者の皆さま、この場をかりて深くお詫びいたします汗。

本日もクリックお願いします!
プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード