独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年2月26日

今週は南国台湾で寒さに震えた一週間でした。月曜日の桃園ランタンフェスティバルでの屋外4時間滞在もかなりきつかったのですが、一昨日はこれを超える試練が待ち受けていました。すでに朝から雨の台北を出発し路線バスに乗車して九份まで行くというミッション。九份は何度も訪れていますが路線バスでの訪問は初体験。インターネット上にはバス停の場所も時刻表もUPされていますが、本当にバス停があるのかバスが来るのかも不安なままお客様とバス停へむかうと、すでにわが同胞日本人の旅行客が列をなしていました。とりあえずここで間違いなさそうと一安心。バスはEASYカードも利用可能。カード利用の場合は乗車時と降車時の二回カードタッチが必要となります。途中高速を利用するので全員着席必須、立ち乗車は不可です。座席が満席になると次の便を待たなければなりません。一昨日も平日の昼間にもかかわらず満席になり、台湾の女の子が一人隠れるように真ん中の乗車ステップに腰かけて乗っていました。このバス台北市内より九份までの所要時間は約一時間半~二時間とネット上には書かれていますが、平日の昼間だったこともありなんと一時間で九份に到着。台湾のバス(MRTも列車もですが)は冷房オンリーの暖房なし。雨の日は特にガラスが曇るという理由で冷房を入れます。乗車中の一時間はまるで冷蔵庫の中に閉じ込められているようなものなので、携帯式カイロやホットドリンクを握りしめてひたすら我慢。風は上から吹き出してくるのでフード付きの上着がベストです。幸い渋滞することなく最後のくねくね坂道も猛スピードで駆け上がったお蔭でなんと一時間で「九份老街」に到着。運転手さんも慣れたものでたどたどしい日本語で「キュウフンですー。」とアナウンスしてくれます。下車するとみなさん一目散にトイレを目指しますが、バス停付近のコンビニはトイレが付設されていないのでコンビニの上の公衆トイレを利用するしかありません。公衆トイレには当然ティッシュはないのでご注意を。台北が雨の日は九份は十中八九雨、しかも海風が強く吹き付けるハンパない寒さです。老街の商店街はところどころ屋根もあり見て回ることもできますが、ハイライトスポットの夕暮れ時の階段は昇り下りともうんともすんとも動かない状態。しかもここで撮影しなければならないというミッションが。カメラマンさんも入ってくる絵がほとんど傘とレインコートの黄色になってしまうと嘆く中、無理やり雨の九份を撮影後予定滞在時間を大幅に短縮して台北に戻ることに。この帰りのバスがまた恐ろしいことに来るバス来るバス満席なのです。運転手さんは途中の高速に乗る前の瑞芳駅までなら立ち乗車で乗車出来ます、と中国語で叫んでドアを開けるのですが、それに群がって乗ろうとする韓国人や日本人は「台北」と言った途端なぜ自分が「NO」と言われて降ろされるのか全く分からないまま次のバスを待つ事になります。そろそろ誰か病人が出るかと思われる頃クライアントさんのタクシーで戻りましょうという神のお言葉で一行は1200元支払いタクシーで台北に戻りました。タクシーは交渉制で時間によっても料金は異なるようですが、乗り合いで台北駅までおよそ1人300元だそうです。4人グループの場合は宿泊ホテルまで直接送ってくれるようになど交渉もできるようです。旅行中の限られた日程でどうしてもお天気に恵まれない時もあるとは思いますが、冬場の雨の日の九份は相当覚悟してお出かけください。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨13~16度
台中 曇り 15~20度
高雄 曇り 17~23度
花蓮 曇り/雨 16~19度
週末お天気→台北市は土曜日までは雨の予報が出ていますが日曜日には止むでしょう。気温は15-20℃です。台中は15-24℃で土日とも曇りの予報です。高雄は17-25℃で土曜日は曇り、日曜日は晴れ間も出るでしょう。花蓮は15-21℃週末は両日とも雨マークの予報が出ています。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2863NTD
1NTD→3.362JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.2.25発表)/10,15,18,28,29,33/第二区ナンバー05
大楽透(2016.2.23発表)/10,14,19,20,43,45/特別ナンバ22
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台湾ランタンフェスティバル、桃園へランタンフェス専用バス運行 」
2016台湾ランタンフェスティバルが桃園にて開催されています。この期間中に1200万人の人々が訪れると予想されており、ランタンフェスティバルを訪れる人々により便利に早く会場まで足を運んでもらえるよう桃園市政府は特別にバス会社と協議をし、ランタンフェス会場専用バスを30分に一便運行することに決定しました。
台湾ランタンフェスティバルは22日より正式に開催されており、3分間に渡るレーザーショーや、今年の干支である猿のメインランタンが光の色の違いによって違った風貌を見せるのが見所となります。その他何色もに彩られた美しいランタンや、合計8分間の花火ショーも注目を集めています。今回のランタンフェスティバルでは初の水上ショーもあり、主催者は22日から3月6日までの開催期間中1200万人もの人出を見込んでおり、訪れる人々によりスムーズに会場まで足を運んでもらうために、バス会社と協議し台北市と新北市及び新竹市からランタン観賞専用バスの運行を決定しました。台北市からのランタン専用バスはMRT圓山駅の玉門街より乗車、新北市は板橋駅前より、新竹からは駅前のバスステーション前からそれぞれ桃園ランタンフェスティバルの会場まで平日は午後2時から夜8時まで、休日は朝10時から夜8時20分まで30分から一時間に一便運行されます。ランタンフェスティバルに訪れた人々は渋滞の苦痛からも解放され、駐車場を探す手間も省け時間の節約にもなりとても素晴らしいと述べています。
 (情報:民視新聞
桃園で行われたランタンフェスティバルの初日開幕式に17号は仕事参加してきました。その様子は改めて来週のブログでご報告したいと思います。17号一行は台北駅より事前に指定席チケットを購入し往復新幹線を利用しました。会場は新幹線の桃園駅に隣接しているのでとても便利なのですが、とにかく駅もホームも人、人、人。帰りの桃園駅ではチケットを予め購入している人の入口とチケットが無い人の入口が分けられているにも関わらず、ホームは溢れんばかりの人で指定席チケットを所持しているのにまさか本当に乗り込めないのではという不安を感じたほどです。もちろん最後は強引に乗り込んで台北駅までの21分ぐったりと座って帰りましたが、台北からいらっしゃる場合は新幹線の往復チケットの事前購入を強くお薦めいたします。
(担当特派員:TOP17号)
本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード