独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年2月19日

今ニュース速報で「桃園空港で億を超える円を持ち込んだ日本人逮捕」って報道されてる。このお金どうなっちゃうんだろう?空港の税関で見つかったみたいだけど、まだ持ち込んではいない状態では?この状態でも没収されるか?まあ人の金はどうでもいい。こちらにとって金と言えば旧正月期間に開催されていた特別ロト6。100組の番号が発表され当たれば100万元という設定。自分が買ってた番号は11、15、からそれぞれスタートする6ケタの番号だった。で、抽選結果を見たら11、15~始まる当選番号100個中2個しかない。で、外れた。まったく盛り上がらず!怒

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 14~18度
台中 曇り 15~22度
高雄 曇り 17~25度
花蓮 曇り/雨 17~23度
週末の天気→台北、台中、高雄は今日と同じような気温と天気ですが、雨は降らない感じな曇り。何故か花蓮だけが気温が今日より五度くらい下がるという予報に。きっとジャパのせい。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2862NTD
1NTD→3.363JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.2.15発表)/08,20,23,27,36,37/第二区ナンバー04
大楽透(2016.2.16発表)/11,23,29,33,34,40/特別ナンバー06
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台湾ランタン祭り22日スタート 1200万人の人出予想」
台湾ランタン祭りが22日からスタート。交通部次長は18日、交通部観光局の予測で今回のランタン祭りの来場者数は1200万人とされている事を発表。また行政院長からはランタン祭り会場での来場者たちの安全確保が最も重要である事から、交通部、内政部及び桃園市政府と共に事故ゼロ発生を目標に取り組んでいきたいという発言がありました。今年の台湾ランタン祭りは2月22日から3月6日まで高鉄桃園駅前広場及びその周辺で開催。開催期間は14日間となっています。交通部による台湾ランタン祭りは今年で27年目を迎えます。行政院長は国際メディアの報道では「ジェットコースターのないディズニーランド」という称賛を得ており、国際的にも認識された大型イベントであると説明。今年は桃園市が開催権を得た事で更に特徴あるイベントとなっていると行政院長も発言しています。昨年開催された台中ランタン祭りは来場者1000万人を突破。今年は桃園で開催されますが、桃園市の素晴らしい企画により関心も高い事から昨年を上回る1200万人が訪れるのではと予想されています。今回のランタン祭り会場が桃園国際空港に近い事からFIT、ビジネス、観光などを問わずたくさんの海外からの旅客が訪れる事が予想されている事から観光局は外国人観光客に対し記念品も用意。予測として約6万人が訪れるであろうとされています。また交通部からは交通アクセスに関しても発表がなされました。まず高鉄は158本増便。状況を見て全席自由席列車などの増便を行う予定です。台鉄は区間車を73本増便。更に莒光號は内壢駅站に特別停車、自強號は楊梅站に特別停車となります。桃園高鉄駅まで運行している7路線のバスはランタン祭りの期間合計で1140本増便。主催者も2本のランタン会場直行特別バスを運行し、8路線の接続バスが運行する事となります。安全管理も徹底しており、すでに周辺災害訓練及び演習は完了。消防安全点検や緊急救護対応演習もなされており、開催期間無事故を目指すとしています。
(情報:NOWnews
またもうこんな時期!?です。毎年このランタン祭りの時は忙しい。旧正月明けてからたった15日でランタン祭りっていうのが我々の仕事を鬼のように忙しくさせているという事ご存じだろうか?(誰に言ってんだ系笑)。そしてきっと日本の皆さんは良くわかっていないか大きな勘違いをしているかもしれないのですが、ここで紹介している台湾ランタン祭りって言うのは、空に天燈っていうランタンが上がっていく祭りではありませんよ!ここに行けばその幻想的な世界が見れるって思ってる人結構いるみたいなんですが・・・・。日本の旅行会社でこのランタン祭り観光が組み込まれてるコースが販売されているらしく、友達がそのコースに申し込んで空にランタンが上がってるのを見ようとしてた。見れねーよ!申し込んじゃダメだ!って速攻で教えて揚げた事で某社の社員旅行が悲劇のツアーとなる事を事前に回避。あれ見れると思って来て、この台湾ランタン祭り行かされたら月とすっぽんだから!(笑)。上の本文でこの祭りの事を「ジェットコースターのないディズニーランド」なんてまたまた大きな勘違いを誘発しそうなコメントがあるから、ただしくこの祭りを説明するにはどうすればいいか?って考えた時に思い浮かんだ説明が「動かない小ぶりなねぶた祭り」。きっと行けばこの意味が伝わるでしょう。今回の会場は新幹線の桃園駅のすぐ前らしいからアクセスはとてもいいですね(なんかここ数年毎回新幹線の駅の前でやってるような気が・・・・。まあ行きやすいからいいけど)。ちなみにですがみんながみたいと思っている空に飛んでくメルヘンなお祭りは「平溪天燈節」、台南で行われるロケット花火がバンバン飛んでくる恐ろしいお祭りは「鹽水蜂炮」。この二つの祭りもランタン祭りに行われる祭りなので日本ではいっしょくたんにランタン祭りと言われている可能性大。取り返しのつかない間違えとなる前い覚えておきましょう!どんな違いが?を確認したい場合は「台湾燈會」(←これは台湾ランタン祭りの中国語)も含めてそれぞれのお祭り名で画像検索して映像見てみてくださいませ。なお、現在15号はヘルメット武装で参加の「鹽水蜂炮」にお客様と共に参加中。身体を張った素晴らしいコーディネートをして下さることでしょう。1号&17号はあのロケット花火の中で勇敢に仕事する15号を見に行きたいといいながらその姿を想像して勝手に爆笑中(笑)。ヘルメットかぶっててもきっと遠くから見てすぐ15号とわかるでしょうね。

(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード