独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年2月3日

もうすぐ旧正月です~今週すでに街中が騒ぎ始めました。今日から早めに休みを入った人もどんどん出るでしょう。子供の時は旧正月はハッピーですが、大人になると一つ大きな悩みがあります。それは「紅包」です。昔ブログでも紹介しましたが、台湾では旧正月に「紅包(お年玉)」を上げる習慣があります。ただ、日本でお年玉というのは子供にあげるものですけど、台湾では子供だけじゃなくて、親もです。一般的には、子供が働き始めたら、親に「紅包」をあげます。金額はもちろん自分の給料に合わせて大丈夫です。特に相場とかはないです。今まで親からもらった分を感謝の気持ちを含めて返せる立場になるのはとてもいいことだなと思ってます。が、気付かなきゃいけないのは自分があげた金額が記録しないと翌年は大変だとのことです。16号はまさに今は困るところです。果たして去年はいくら「紅包」出したのか…今年はどうしよう…(悩)

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 11~14度
台中 曇り 12~18度
高雄 曇り/晴れ 13~21度
花蓮 雨 14~17度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2714NTD
1NTD→3.521JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.2.1発表)/03,19,20,26,32,34/第二区ナンバー08
大楽透(2016.2.2発表)/15,21,23,26,43,48 /特別ナンバー34
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「旧正月タクシー運賃 台中初乗り152元一番高い」
新春期間に各地方は2月4~5日からタクシーの割増運賃を実施します。花蓮は一番早く、今日の24時から始まります。台中市の割増期間は一番短く、12日までにしか実施しないですが、初乗り運賃は152元から計算し、六大都市の中に一番高いです。桃園、台南と高雄は14日までにメーター料金に50元加算します。北北基(台北市、新北市、基隆市)のほう、まだメーター更新してないタクシーは日間20元、夜間40元プラスします。更新したタクシーはメーター通り運賃計算します。
台北市交通局によると、5日0時から14日24時まで、まだメーター更新してないタクシーは一回20元料金加算します。夜間タイム(23時~6時)は40元加算します。新型メーターに取り替えたタクシーのほうはメーター通りにチャージします。レシートには旧正月の加算費用を明記します。
新北市交通局は、淡水地区が基本運賃にさらに30元プラスします。瑞芳と烏來地域は公告した固定運賃さらに20%を割増します。一般の対照表に適用してません。
桃園、台南と高雄は同じく5日0時から14日24時までの期間は春節料金です。普段通りに日間と夜間で運賃を計算する以外、全日50元加算します。
桃園交通局の説明によると、乗車時間がもし時間帯を跨ったら、「乗る時間」を基準にして運賃計算します。例えば、乗車時間は2月4日23:30で、2月5日01:00に降りても、割増なしで元の料金でチャージします。
台中市は2月5日0時から12日24時までは割増運賃を実施します。他のところより2日短いですが、全日夜間運賃(初乗り85元+20%)で計算し、さらに毎回50元加算して、初乗り料金は152元になり、一番高いです。
台中市交通局局長王さんは、車内に中国語、英語と日本語3種類の説明シールを貼り、乗客に旧正月の割増運賃を分かりやすく説明します。
新竹県と新竹市は2月5日0時から12日24時までにメーターより30%割増します。花蓮と台東は4日と5日0時から14日24時までの期間内、夜間運賃+50元で計算します。
(情報:中時電子報
旧正月に色んなところが料金上がります。タクシーも毎年そうですし、美容院やレストランなども普段より高くなります。台北はまだMRTやバスを利用できますが、他のところは少し不便ですね。この間に台湾旅行に来る方は先に交通手段を調べたほうがいいと思いますよ。旧正月期間は特に渋滞や列車がないなど交通混乱の状況が多いですから、皆さんくれぐれもご注意を!
(担当特派員:TOP16号)

本日もクリックお願いします!



プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード