独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2015年1月20日

やっと冬が来ました!この何日に温度が下がって雨も降って、ザ・台北の冬って感じました。日本も大雪で色んなところは大変みたいですね。その中、なんと日本気象協会が台北25日に雪予報を出したようです。まさか台北で雪が見れるの?!って非現実の話が本当に実現しますか?SNSやニュースで一日中騒ぎましたけど、今日協会のサイトを見たら、すでに雨予報になりました。やはり台北の雪は夢の話ですね。よく台北の冬は「濕冷」(湿度が高くて寒い)と言われる通、台北は雨が多いため、温度が日本より高くても、体感温度が結構低いです。さらに台湾に暖房システムがほぼないですから、逆に台北にいるときは寒いかもしれないです。皆さんもあんまり気象予報の温度を信用しなくて、自分の肌を信じましょう(笑)。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 12~17度
台中 曇り 14~21度
高雄 曇り 15~23度
花蓮 雨 15~20度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2791NTD
1NTD→3.448JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.1.20発表)/01,16,17,29,30,32/第二区ナンバー07
大楽透(2016.1.19発表)/04,09,14,23,44,46 /特別ナンバー41
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台北MRT干支記念チケット イラストテイストで1/23発売」
新しい一年を迎えるため、台北MRT会社は限定品の干支チケットを出すことになります。今年(2016年)の干支「さる」をメインにして、「猴年生肖紀念車票(さる年干支紀念チケット)」を発行し、1/23朝10時にMRT台北駅と忠孝復興駅、2駅の案内所で限定発売します。
台北MRT会社「さる年紀念チケット」は今までの水墨画と違い、イラストテイストでデザインしました。台北MRTが今年20周年になりましたから、台北全体を舞台として、MRT駅周辺にある20個有名な観光スポットと合わせ、20匹の猿がその中に行き交って遊んでるようなシーンをシンプルなラインと半抽象化の手法、カラフルの色彩で新年の賑やかな雰囲気をみんなに伝えます。
「さる年紀念チケット」は1セットにつき、違うパターンの一日券2枚と、特製お年玉袋2個、MRT春聯1枚とポスター1枚が入ってます。全800セットを販売します。1セット300元で、1人2セットまでしか購入できません。台北MRTによると、今年の干支チケットは今までのスタイルと違って、包装まで客を喜ばせます。「キャンディー」スタイルの包装は皆に甘くて縁起が良い年を迎えるような気持ちが入ってます。
一日券と2種金と赤のお年玉袋以外、セットにMRTの春聯とポスターが付いてます。春聯に描いてる爆竹の絵はMRTの車両になります。こちらのデザイン性があるプレゼントは台北MRTがこれからも乗客と一緒に前を進むことを象徴してます。個人のコレクションとしても、新年の装飾としてもいいです。
台北MRTは1997年から、干支と当時の磁気カードを合わせ、磁気紀念チケットを発行し始めました。悠遊カード(EasyCard)が段々広がってきたため、2006年にいぬ年紀念チケットを発行した後は一時販売停止しました。2013年に再度たつ年とへび年の紀念チケットを販売して、ファン達から凄く反響を受けました。去年(2015年)に出した800セット限定の「羊年紀念チケット」も完売しました。今年の「さる年紀念チケット」も同様で買い占めブームを起こることを期待できます。
(情報:卡優新聞網
今年も発売ですね、紀念チケット。ただそれは一日券だけなのはちょっと残念です。多分買った人も使わないでしょう?使いますか?はよく分かりません。土曜日発売ですから、興味のある人はご注目ください!ただ一つ思うのは日本は1月1日からさる年に突入しましたよね?でも台湾は旧正月が基準ですから、今はまだ羊年ですね、台湾時間では。ま、羊とか猿とか、人間が勝手に付くものですから別に何の影響もないですが、この微妙の時間差が何か面白いなと思います。
(担当特派員:TOP16号)

本日もクリックお願いします!



プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード