独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2016年1月8日

昨年末より新しいデパートやアウトレットモールのオープンが続いていますが、年が明けてからも続々登場。昨年の微風信義に続き昨日は微風南京のグランドオープンでした。場所は南京東路と敦化北路の交差点、台北アリーナの斜め向かいです。早速昨日寄ってみましたが、微風信義のように一流ブランドばかりではなく、ずっと庶民的感じでした。日本から進出しているお店もユニクロ、MUJI、PLAZA、シャトレーゼなど庶民の生活に密着した店舗が多かったです。また微風南京の経営下ではありませんが、地下一階で繋がっているすぐお隣のビルには同じフロアーにニトリとIKEAがあるのです!!こんな環境日本でもちょっとおめにかかれないですよね。そこがまた台湾のユニークな魅力でもあります。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 15~16度
台中 曇り 14~20度
高雄 曇り 16~23度
花蓮 曇り/雨 17~23度
週末のお天気→台北市は土曜日は雨の予報ですが日曜日はやみ曇り空となり14~20℃前後で日曜の方が気温は上がるでしょう。台中は16~23℃、土曜日、日曜日とも良いお天気となりそうです。高雄は16~25℃、土曜日、日曜日とも快晴との予報です。花蓮は17~23度、週末は両日とも雨模様の予報です。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2732NTD
1NTD→3.514JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2016.1.7発表)/05,14,28,34,35,38/第二区ナンバー06
大楽透(2016.1.5発表)/01,03,07,15,25,33/特別ナンバ21
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「台湾新幹線南港駅、7月中旬に開通予定」
毛行政院長は台湾新幹線は昨年年末に続き今年の初めも良いニュースをお知らせしますと述べました。昨年12月1日には苗栗、彰化及び雲林の3駅が開通し、現在南港駅も間もなくする完成予定です。台湾新幹線は南港駅完成後、現在の全長345キロから350キロへと延び南北を通勤する乗客にとってはとても便利になるでしょう。毛院長は南港駅の完成後は台北駅と運航に必要な作業を相互協力することにより、よりスムーズで効率的な運行が可能になり、南港駅の開通は台湾新幹線の今後の発展にとって非常に有益になるという考えを示しました。また南港駅は本来の計画では車両清掃と整理補給などを行う「整備駅」と位置付けられていましたが、完成後はより発展した「運営駅」となる予定です。これは南港区地域の発展にも非常に意義があり、現在台湾鉄道と台北MRTが乗り入れているのに加え、新幹線が加わり3社乗り入れ駅となり現在の二等駅から一等駅へと昇格しました。南港駅の重要性の上昇にともない台湾鉄道局はより高水準の資源とサービスを投入して行く予定です。
台湾新幹線の今年の元旦の連休期間の輸送人数は24万9000人でした。毛院長は旧正月期間には27万人の輸送を目標にし、今後も乗客の需要を満足させ輸送量を成長させる為に各部門もピーク時の列車の運用を早期に計画する必要があると述べました。
交通部台湾鉄道管理局の周局長は、新幹線南港駅完成を受け台湾鉄道は9月にダイヤ改正し、現在南港駅へ停車する列車の調整を行う予定だと述べました。また板橋駅を台北南駅とし、南港駅を台北北駅として台北地区の重要拠点して運営して行く考えであることを示しました。
台湾新幹線南港駅は各種テストの実施を行い7月中旬に開通予定をしており、開通後の駅数は現在の11駅から12駅となります。
(情報:中央社
今年も台湾の鉄道はまだまだ進化するようですね。新幹線南港駅の開通の他にMRT桃園空港線も本来開通予定だった3月には間に合わないことが確定していますが、今年中にはなんとか開通にこぎつけるでしょう。南港駅完成後は台北市と新北市の東部と基隆市の交通がより便利になるそうです。今年は路線図や時刻表、料金のアップデートが続くので、台湾にいらした際は過去の情報、資料は破棄して最新情報を入手されることをおすすめします。
(担当特派員:TOP17号)
本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード