独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

樂天皇朝

今台北で最も勢いのあるデパートと言えばBreeze Centerの信義店。Wホテルの真向かいに構えています。そして何よりも話題となっているのが4Fフロアにある多種多様なレストラン。前回は17号がリージェントホテルが運営している牛肉麺のお店を紹介しましたが本日は小籠包界の革命児とも言えるニューウェーブをご紹介いたします。

お店入り口
このお店はシンガポールのパラダイスグループによるレストランブランドでシンガポール始め香港やマレーシアなどお店があり、台湾店は今回初上陸。なんと、日本にも銀座にお店があるようです。

内観 お客さんでいっぱい
広い店内ですが、現在は平日でも混雑しているそうで予約は必須です。

味も八種類
さて、今回のお目当てはこの八色小籠包。今までチョコレート入りの小籠包や烏龍茶入りなど変わった小籠包ネタはいくつかありましたが、こんなに可愛らしい小籠包は初めてではないでしょうか。フランスのマカロンから発想を得ているそうです。

蒸す前 色づけと餡の材料
左側写真は蒸し上げる前の様子。白、緑、茶色、黒など全ての皮の色はほうれん草やイカ墨、紅麹など自然の食材で色づけしています。

八色小籠包
蒸しあがるとかなり大ぶりに変身。まず白のプレーン味から頂き、次は高麗人参入りの緑から時計回りに食べていくのがおススメです。茶色はフォアグラ入り、黒はトリュフ、黄色のチーズ、オレンジはかにみそ、灰色はニンニク風味、赤は唐辛子風味となっています。

<基本データ>
住所:台北市忠孝東路五段68號4樓之10(Breeze Center信義店内)
TEL:02-2722-6545
営業時間:日~水11:00~21:30/木~土11:00~22:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
見た目の可愛らしさと発想は今までになかったネタ。一般の小籠包と比べると割りと大ぶりでそれぞれの味のインパクトが出ています。中でも特徴的だったのが唐辛子風味の小籠包。まるで火鍋を食べているかのような味わいです。餡は豚肉をベースにそれぞれの食材や風味が加わり、そこに鶏肉のダシも入れているようなのでほのかな鶏の旨みも感じられます。汁が一般的な小籠包より更に多いため少々脂っこさは感じますので人によって好き嫌いが出てくるかなという印象ですが見た目の可愛らしさなどを考えると一度は味わってみる価値ありです。

おススメ度★★★★★(味、見た目ともにインパクト有り)
楽しめる度★★★★★(一通り食べたあと好みの味のみの注文が可能です)

(担当特派員:TOP14号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード