独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2015年11月27日

まえずっとMRTで通勤する15号は、結婚して引越しからバスで通勤するになった。最近このことを注意しました、もし前ドアで降りたお客さんは運転さんに「ありがとう」を言うけいこう多いです。たしか小さいなことですが、現代の社会はたぶん思いよりそうなんに冷たいじゃないと思います。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 13~19度
台中 晴れ/曇り14~22度
高雄 晴れ/曇り17~26度
花蓮 曇り16~23度
週末天気→全台は週末が低気温の状態また続きます、防寒を注意するように 温かさ気をつけてください。台北13~23度、台中14~25度、高雄17~25度,花蓮16~24度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2578NTD
1NTD→3.724JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2015.11.26発表)/03,04,05,07,19,38,/第二区ナンバー04
大楽透(2015.11.24発表)/01,09,13,28,29,48/特別ナンバー45
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「手つくり製香の技術を伝承します、劣質の香恐れないです
「神さまと人つなぐ重要なメディアので、勝手に作るできません!」手つくりの台湾線香の作業がとでも繁雑です。屏東県の東港にいる伝統製香師郭永茂さんは35年以来、彼が製造した高級線香はビャクダンや沈香など、全部天然原料で手つくりするのことを堅持します。台湾香產業の盛衰は彼も証しました、伝統技術を続けるように、息子に伝承させました。今年55歳の郭永茂さんは中学卒業したから、線香の手つくり技術の勉強が始まってます。香の過程は製造基底を作る、上粉、染色、さらすです、作る時に毎日数十回繰り返してます。彼生まれた東港は伝統な漁村です、海で仕事する人は宗教の信仰にとでも重視してるので、当時線香製造業がけいこう隆盛してました、一番隆盛時期は30軒くらい店がありました。
郭永茂さんは指摘して、1966年中国は文化大革命があって、人民が香を持って拝みことが禁止されました、これで当地の製香の技術もなくなりました。数年にあって、台湾人はこのビジネスチャンス見たら、次から次へ中国で香の店を作りました、香の製造技術も流出させて、中国習った後に、製香の機械を開発して、もっと安い、大量な香出て、手つくり製香が没落しました、いま東港で製香の店は3軒しかないです彼は表して、いい香や良くない香は匂いで分かってます。伝統製香原料は三種類で分かてます、出家の人が座禅するとき、心と体安定するために使ってる「沉香」、祖先を祭って、神に礼拝する高級「ビャクダン」とよく使う「漢薬香」です。品質が低い香と違う、機械から製造した香は大量、早くを求めするので、安い材料を使って、香をつけたにおいが化学においがします、変形しやすいです。
郭永茂さんの息子22歳郭濬鋐さんは表して、香の製造環境の温度が高いです、作る過程を注意しなければいけない、もし一つ間違いがあったら、高価な原料を贅沢なります。彼は子供の時から父香を作ること手伝っています、劣悪な環境で働くことも慣れてます、この製香の道を続けるなら苦しいかもしれないけど、この健康台湾伝統な香の技術を続き伝承します。
(情報: 中時電子報
「香」は台湾の伝統信仰でとでも重要な物です、一般廟で台湾式の參拝体験する以外、いま香を作る体験できるのどころもあります。もし興味があれば、下のサイトを参考してください
新港香藝文化園區 参考サイト(中文):http://www.incense-art.com.tw/

(担当特派員:TOP15号)
本日もクリックお願いします!


From1号
ニュースを選ぶセンスはとでもいいんだよな・・・・。思いよりそうなんに悪いじゃない。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード