独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2015年11月16日

もう毎日何を着ていいのかわかりません!今週も30度超えの予報ですが街中のショーウィンドウはもうすでに冬物一色。テレビのCMも盛んにヒー○テックやダウンジャケットのコマーシャルが流れておりちぐはぐ感ハンパないです。昨日のニュースでは台北駅にもクリスマスツリーの飾りつけが登場したそうです。毎年クリスマス感はほとんど感じられない台湾ですが、なぜかクリスマスツリーだけは年明けまで飾られており旧正月の飾りつけと交代(?)で降ろされるのが恒例のようです。ですのでお正月の台北でクリスマスツリーを見かけても驚かないでくださいね。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 23~32度
台中 晴れ/曇り 24~31度
高雄 晴れ/曇り 25~30度
花蓮 晴れ/曇り22~29度
今週の天気→本日は全国的に30℃前後の夏に戻ったような台湾です。中部と南部は今週いっぱいはこのまま良いお天気が続く予報ですが、北部と東部は木曜日ごろから雨の予報がでてきて週末にかけてもお天気は崩れる予報となっています。日中はとても暑く半袖でも過ごせますが、一日の温度差が約7~10℃となりますのでご注意ください。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2597NTD
1NTD→3.696PY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2015.11.12発表)/01,02,13,15,29,33/第二区ナンバー03
大楽透(2015.11.13発表)/01,11,16,18,31,33/特別ナンバー19
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「40%を超える成長率!LCCが海外旅行の新しい選択肢に」
交通部が公布した最新の資料によると、今年1月~9月までLCCを利用した乗客数は去年の同時期と比べ40%を超える成長率を示していることがわかりました。LCCキャリアは迅速に成長を続けており、低価格でのキャンペーンなどで注目を集めています。交通部の資料によると2014の同時期に比べ2015年は4社のLCCキャリアが増加しており、総搭乗旅客数は366.36万人で成長率は41.2%でした。LCCは台湾人にとって海外旅行の新しい選択肢として定着しました。
LCCは主にサービスコストを抑えることによって、それをチケット価格に反映させ低価格のチケットを提供しています。たとえば各航空会社が空港に支払う空港使用費用を節約する為に、都市部郊外の小型空港やLCC専用ターミナルがある空港を選んで就航しています。またLCCはワンプライス、通常エコノミークラスのみの設定で、その他さまざまな乗客の要求に応える為に早期予約割引や、深夜に出発し次の日の夜明け前に到着するなど比較的条件が厳しいフライト便への割引きなどを実施しています。LCCはよく比較的安全でないとの誤解をされていますが、実際は他の航空会社と比べ乗客への安全保障が低いなどという事もありませんし、機内でのサービスの部分のコストをチケット価格に直接反映させていると言えるでしょう。
LCCのサービスは機内で無料の飲み物や食事も提供されませんので、一般の航空会社と比べ簡素です。その上座席も狭く、手荷物も預ける荷物も乗客の選択によっては費用が必要となります。またLCCキャリアの多くはチケットの変更(便名、譲渡、搭乗日、クラス、氏名、航空会社等)やキャンセルのサービスは行っていません。交通部の資料によると2015年の東京と大阪への旅客総数は500万人強に達しました。これからホリデーシーズンを迎えるので台湾人は海外旅行の際には多くの選択の中から選ぶことができるでしょう。12月にもし桃園空港から大阪に遊びに行こうとすると、直行便のLCCで税込で僅か4982元でチケットが購入できます。また1月か2月に直行便のLCCで東京に行く場合は四千元以下でチケットが手に入りそうです。またシンガポールへはジェットスター航空だと約5000元で旅行にいけるそうです。LCC各社の料金は24時間変動価格で動きも早いので購入するときは良く比較検討することが必須です。
交通部の資料統計によると、LCCキャリアのひとつタイガーエアの1月―9月までの総乗客数は452,479人で、Vエアを含めると153,422人となるそうです。12月中旬にVエアの日本線が就航後はより成長すると期待されています。また国際線の総客量はLCCが12.6%とすでに10%を超えており、これに10月末に就航したタイのnokSCOOTが加わり台湾に就航するLCC航空会社が合計19社に増えると、LCC航空が台湾の航空路線経営の未来に及ぼす影響は増々大きくなると予想されます。
(情報:風傳媒
利用者にとっては選択肢が増え、料金も安くなりありがたいことこの上ありません。ただLCCで困るのは欠航になった時や急な変更で予定していた便に乗れなくなった場合などの緊急事態への対応ですね。それさえ自力で対応できる精神力と語学力さえあれば、航空会社によってルールは異なりますが荷物も重量に応じて選択できたり、またその選択も前日まで変更可能(荷物の重量のみ)であったりと非常にありがたい部分もあります。それぞれの目的と需要に合った選択をすればLCCは我々海外居住者にとっては最強の味方ではないかと思います。
(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード