独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2015年10月26日

ラグビーワールドカップ四強が台湾のスポーツ番組でも流れていたり、プロ野球のCSが盛り上がっていたり、台湾プロ野球でもCSのチャンピオンが決まったり(もはや4チームしかないですが笑)とスポーツで盛り上がっている秋この頃ですね。14号も昨日かなり久々にサッカーの試合に90分フル出場しスポーツの秋を満喫しました!やはり体を適度に動かす、特に飲んだ分(笑)というのは大事ですね。けれどもキツイのは次の日。もう若くない証なのか体中が悲鳴をあげています。。あぁ、マッサージに行きたい。。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 23~28度
台中 曇り/晴れ 24~30度
高雄 晴れ/曇り 25~28度
花蓮 曇り 21~27度
今週の天気⇒今週も25度前後と過ごしやすい気温が続きそうです。北部台湾では週末雨の予報。その他は比較的落ち着いた天気となりそうです。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2595NTD
1NTD→3.699PY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2015.10.22発表)/04,08,16,24,26,33/第二区ナンバー06
大楽透(2015.10.23発表)/01,16,41,43,46,47/特別ナンバー25
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「熊本にも新路線進出 九州を本塁打」
中華航空は昨日、高雄-熊本間の新路線を開通しました。これによって九州を往復する定期便は福岡、宮崎、鹿児島、熊本となり、また大分、長崎、佐賀への不定期直行便を合わせると、九州七県を全て覆いつくし、「九州本塁打」となりました。中華航空と熊本県庁は昨日、高雄小港空港と熊本空港の両方にて開通セレモニーを行ないました。中華航空の董事長の話では、九州の旅行市場は不定期チャーター便や定期チャーター便から定期便に至るまで、徐々に成熟が見られており、発展の潜在能力を備えていると話しています。また中華航空は日本路線の最も密集的な規模の最大な航空会社でもあると話しています。現在の市場シェア率は35%。日本路線が占める中華航空の売り上げは2割となっており、重要性はご覧の通りです。2011年に日台間での空の規制が緩和した後の双方の往来は頻繁化し、年間搭乗率は8割以上となっています。円安の影響で訪日客の増加も見られ、日台路線間の便増加も行なわれていますが、需要は増える一方です。中華航空では九州の市場を見込んでいますが、九州は北海道以外にLCCの進出が未だない「浄土」となっています。台湾から日本九州への飛行時間はわずか2時間余り。各県を繋ぐ交通も非常に便利です。高雄-熊本間の開通後、続いて高雄-福岡間を開通する予定だと中華航空の董事長は話しています。南台湾の安定した客源には自信があり、新路線の開通を引き続き行なっていく模様です。中華航空は九州全体の市場進出の中で、桃園-福岡便の時刻表を午前ゆき午前帰りと午後ゆき夜帰りに調整し、「九州の玄関口」を出入りする旅行客の増加を狙っています。また小会社の華信航空も全力でアシストです。今月初めて台中から日本の温泉の重鎮、大分へチャーター機を運航しました。続いて長崎、佐賀にも不定期チャーター便を運航し、九州全域を覆いつくし、中華航空グループが掲げている「台湾3市、九州7県」の最後の1マイルを実践しています。董事長の話では近年の円安によって訪台旅行客は来台旅行客より遥かに多く、9割は観光目的だと話しています。定期便ではビジネス客の利用も期待しており、中華航空では引き続き日本路線の新しい運航地を開拓し、不定期チャーター便から新路線の開通を図る見込みとなっています。
(情報:中時電子報
沖縄以外だと台湾から一番近いのが九州ですからね。食べ物も美味しいし、温泉もあるので台湾の旅行客には間違いなく人気スポットでしょう。フライトの時間が短いのでお年寄りにも嬉しいのかもしれませんね。

(担当特派員:TOP14号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード