独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2015年9月14日

今日からトップレンジャ-ズに新しく加わった17号です。
いきなり1号より初ブログ当番を命じられドキドキしながらの初登板です。
台湾は9月から新学期でそれぞれ学年が進級するのも9月からです。
小学校から高校までは9月1日より新学期が始まっていますが、台湾の大学や専門学校は今日14日からやっと始まる学校が多いそう。台湾の小・中・高は朝07:30~08:00と登校時間が早いのでオフィスの出勤時間とはかぶらないのですが、専門学校と大学生の通学は始まると通勤バスやMRTのオフィス通勤アワーの人口密度がぐっと上昇してきます。それと引き換えにお昼や午後のレストランにちびっこたちが出没しなくなるので、ゆっくりとランチタイムが楽しめるようになりますよ。笑

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 23~29度
台中 曇り   23~33度
高雄 曇り   26~32度
花蓮 曇り/雨 23~30度
今週の天気→9月も中旬になりとても過ごし易い気温になってきた台湾ですが、今週は台中を除いて外出時には傘が必要な天気が続きそうです。特に北部と東部では金曜日まで毎日雨マークがでており、南部でも水曜日と木曜日は雨マーク予報となっています。台中のみ今週ずっと傘いらずのお天気が続く予報がでています。日中でも汗をかくことはなくなりましたが、逆に朝晩は23度前後になるので軽い羽織りものがあれば良いかもしれません。
今週の台北の気温は23~31度、台中の気温は23~32度、高雄の気温は26~32度、花蓮の気温は23~30度となっています。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2614NTD
1NTD→3.669PY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2015.09.10発表)/15,22,25,26,32,34/第二区ナンバー04
大楽透(2015.09.11発表)/05,10,18,29,41,44/特別ナンバー30
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「桃園空港 ラッシュアワー時は6~7回空中旋回で着陸待ち」
桃園空港の離着陸する旅客機及び旅客数は年々増加しており、今年に入ってからは北側の滑走路をメインテナンスの為に封鎖しているので、一本のみの滑走路でのオペレーションが続いており、一日約20時間に及ぶ運営時間内は常にラッシュの状態となっています。幸い現時点では、税関の通過時間も何とか旅客がぎりぎり受け入れられる待ち時間内ですが、人員不足と早朝や深夜フライト便の増加によりいつまで現状が保てるか不安定な状態です。
桃園空港は一日に約570機が離着陸していますが、滑走路が一本の状態でこれを処理するとなると一時間に約30機をさばかなくてはなりません。この状態では一日に19時間はフル稼働状態となり、滑走路上には常に離陸準備の機体が並んでいると言う状態です。離陸の待ち時間は十数分から8月9日の台風13号が通過した次の日などは最大90分待ちというケースも発生しました。着陸する機体もすでに桃園上空に到着してから、6~7回は空中旋回しながら着陸待ちというのが日常になって来ています。
滑走路にかかる負荷や現在の桃園空港の第一と第二ターミナルを合わせたキャパをすでに超えている状態ですが、8月9日の台風13号の通過後は大量の旅客数となり、一日の出入国数は13万491名という桃園空港開港以来最高人数を記録しました。
桃園空港を利用する旅客数は成長を続けていますが、税関などの係員の人数はそれに比例して増加されてはいません。現場の係員たちからは現状の改善を求めて意見が出されていますが、上からは人員管制や予算不足などの理由で受け入れられません。関係者は現在LCCによる早朝や深夜便が増えるに伴い、現場の係員にも負担が増加しており現在ななんとか乗り切っているがこの状態がいつまで続けられるか非常に危ういとコメントしています。
空港内の受け入れ量には限度がありますが、幸いなことに桃園空港では各業者と提携しいろいろ趣向を凝らした待合室を設けています。中でも一番人気があるのはHello Kitty の待合室でその他台湾映画鑑賞やテレビゲーム、フィットネスクラブ、図書館などショッピング以外も充実しているので、待ち時間で退屈することはないでしょう。
(情報:聯合新聞網
17号も一日も早く現在メインテナンス中の滑走路の整備が完了することを願うひとりです。
夏休み中数回台湾を出入国したのですが、オンタイムで出発したのにも関わらず必ず桃園到着はディレイと言う結果。。。90分とは言わずとも、60分ディレイは当たり前になっている最近の桃園空港です。離陸時の機長のアナウンスではオンタイム到着なんですよ。でも途中で必ず台湾の空港の管制規制で到着時間が変更いたしますというアナウンスが入ります。これってタイムロスだけでなく各航空会社にとっても旋回している間の燃油費もバカになりませんよね。
空港関係者には各エアラインや利用旅客から大きな不満の声が上がる前になんとか早急に対応をお願いしたいものです。

(担当特派員:TOP17号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード