独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2015年9月9日

台湾の一人暮らし事情。一般的には日本のようにある程度の歳になったら家を出て一人で暮らすべきという考え方はあまりありません。他の都市から台北に来て生活する場合であれば(日本で言えばいわゆる上京ですね笑)親元を離れて暮らすことになりますが、ルームシェアをしたりする場合も多いので、本格的な一人暮らしをしている人の方が若い人の中では珍しいかもしれません。それには家賃の節約などの理由もあるのでしょうが、特に狭い台北に実家があると家を離れて一人で暮らす必要もなければきっかけもないのです。その需要が高くないせいか、一人でもお財布に優しく、快適に暮らせる部屋を見つけるのはけっこう難しいのが実情。最終的にはやはり家族と暮らしたほうが便利ということになるのでしょう。というわけで14号も実家暮らしですが、ここ最近は家族が暫しの不在なので、一人の時間を満喫中。断然一人暮らし派です。笑

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 28~32度
台中 曇り 29~32度
高雄 曇り 29~32度
花蓮 曇り/雨 28~31度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2620NTD
1NTD→3.661PY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2015.09.07発表)/07,24,25,28,31,34/第二区ナンバー03
大楽透(2015.09.08発表)/08,28,31,32,36,43/特別ナンバー09
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「新幹線の苗栗、彰化、雲林の新設三駅が12/1より使用開始」
高鉄は今年末に苗栗、彰化、雲林の三駅の使用を開始します。台湾高鉄会社の董事長は昨日、新設三駅は12/1より使用を開始すると発表しました。台湾高鉄会社の計画では、三駅の使用開始後、直通列車や数駅停車、各駅停車など7つの運行パターンを考えており、新設三駅の場合は少なくとも毎時間に一両の列車が停車しますが、台北から高雄の直通列車は現状の片道96分で変わりません。しかし各駅停車の場合は台北から高雄までの所要時間は138分となる見込みです。また、新設三駅は現在すでに工事は完了していると話し、これから三ヶ月間は政府による勘査を行い、予定通り12/1に開通をさせたいと話しています。しかし運賃の改定については9/10に行なわれる臨時株主会議で議論される財務解決法案の結果次第で新設三駅の開通と共に実施されるかが決定されるとも話しています。高鉄会社の計画によると、新設三駅の開通後は毎週の運行車両数が954便から964便に増加となります。そのうち苗栗駅には各駅停車の車両のみ停車となり、苗栗から台北は49分。彰化と雲林は各駅停車と数駅停車の車両が停車となり、各駅停車の場合彰化駅から台北駅まで80分、数駅停車の場合は60分となります。また雲林から台北駅の各駅停車は92分、数駅停車は72分となり、原則的に一時間に一車両は新設三駅に停車する見込みです。台湾高鉄会社の経営責任者の説明では台北から高雄までの直通列車は今までと変わらず、板橋と台中のみ停車となり所要時間は96分。しかし今後は数駅停車と各駅停車など異なる停車パターンとなり、全11駅の各駅停車の場合は台北から高雄までの所要時間は138分となりますが、通常台北から高雄または高雄から台北への利用客は直通列車または数駅停車の利用になると話しています。また新設三駅の開通後、一日の6便から7便の直通列車を利用のピークタイムではない時間帯に半直通列車に改定するとも話しています。その他、現在では毎週月曜日のみ運行されている早朝6時18分発の北上列車(左営、台南、嘉義、台中を停車後、板橋及び台北へ)は統計によると7割以上の乗車率となっているため、新設三駅の開通後は6時18分発の早朝便が毎日運行され、現在の6時24分発の列車より更に早い時間での運行となるとしています。経営責任者は更に、一組の新車両が台湾に近日到着したと話し、運行可能な車両は34組に達したと話しています。現状ではこれらの車両で運行パターンを考える必要がありますが、財務解決法案が通った場合、需要増加にもあわせ、新車両を購入して運営に投入する考えもあると話しています。
(情報:聯合新聞網
いよいよ開通ですね。新設三駅の周辺は特にこれといった観光地もないので観光客の方にはメリットはなさそうですが、里帰りなどに利用する台湾人には便利になりそうです。しかし運行パターンが7パターンに増えるというのは興味深いです。これからチケット予約の際には今までよりさらにじっくりダイヤを見なければいけなくなるということで業務に支障をきたす可能性大です。笑 
(担当特派員:TOP14号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード