独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(北投温泉)北投大地酒店

さて今日は新北投エリアに今年春にリニューアルオープンしたばかりの温泉ホテルのご紹介。元々は太平洋温泉会館という名前で営業されていましたが、内部を改装し、大地酒店と名前を改めリニューアルオープンしました。

入り口 周りは住宅
場所は加賀屋などの温泉旅館がひしめく新北投のメインストリートから少し外れ、北投の住宅地の少し高台になっているところに位置しています。MRTの北投駅または新北投駅から徒歩だと少々距離があるため、TAXIまたはホテルのシャトルバスで向かうことをおススメいたしますが、加賀屋の横にある階段から登って行ける道もあるそう。いずれにしても分かりにくい場所にあるということです。

ロビーには 本がぎっしり
さてこのホテル、ずーーっと行ってみようと思ってたんですが、その気にさせていたのがホテル内にある巨大な本棚。まるでハリーポッターに出てくるような本棚がずっと気になっていました。ようやく今回初対面。本物の本が置いてあるのは人の手が届くくらいの高さまで。届かない場所にはダミーの飾りの本が置いてありますが、本物の本を置いて螺旋階段とかで上に登れるようになればもっと楽しめそうです。

ロビー 英語の本や
中国語の本 日本語の本までも
一通りの本は揃っているようで、英語や中国語の本のほかに日本語の本も置いてありましたがなぜかほぼゴルフの本。笑 ちなみにこちらに置いてある本はホテル内であればどこでも持ち出し可能。この本棚がホテルの特色とも言えるでしょう。

上から見下ろすと
上から見下ろすとこのような風景。

個室風呂入り口
さて温泉ホテルということで同じく1階には宿泊客以外でも使用可能な個室風呂エリアをご用意。夏のシーズンは9:00~24:00までオープンしていますが、冬場は24H営業しています。

タイプ① タイプ②
個室風呂のタイプは何種類かあるようですが、本日見せていただいたのはこの二種類。トイレと休憩マット、シャワールームが備えつけられています。ただこちらは一見窓があるように見えますが窓無しなんだとか。開放感はありません。料金は2500元~2800元で90分の使用が可能となっています。

休憩スペース お茶なども
広くはありませんが、休憩スペースはきちんと用意。お風呂から上がったあとお茶やコーヒーを飲みながらしばしの休憩も可能です。

スタンダードルーム 広く見える客室
さて気になるお部屋。こちらは「奇岩客室」と名付けられたスタンダードルームです。10坪のお部屋ですが、鏡や配置をうまく考えてあり、感覚は10坪以上で広々としています。

広いバスルーム アメニティはヘルメス
もちろんお部屋のお風呂も温泉。アメニティはな、なんとエルメスを使用しています。

環境保護 台風の木材
また環境保護のためのベッドシーツ取替えの札ですが、このホテルでは写真のように木材で代用しており、コップ置きにも木材が使用されています。実はこれらの木材は台風の被害で倒れた北投の樟の木。大自然の生命の再利用を行っています。

大浴場
こちらは大浴場の入り口。利用客がいましたので撮影はできませんでしたが、半露天風呂の大浴場となっています。宿泊客はもちろん無料。それ以外の方はお一人様1800元にて利用が可能となっています。なお毎月の第二及び第四木曜日はメンテナンス日となりますのでご注意を。

プール ジム
広い屋外プールとジムも完備されています。

朝食会場 川湘菜
ワインの試飲室 しゃぶしゃぶ
ホテル内のレストランは三箇所。朝食会場にも使用されている洋食のレストランに加え、北投では珍しい川湘菜という辛い料理が楽しめるレストラン、そして和風しゃぶしゃぶのレストランがあります。またワインを楽しめる試飲室も。

消火器が目立たないように 普通の消火器
ホテルの中を散策しているとおもしろいものを発見。普通の消火器ですが、目立たないよう茶色の袋がかぶせてありました。笑

<基本データ>
住所:台北市北投區奇岩路1號
TEL:02-5551-8888
宿泊料金:NTD13,800+10%~NTD60,000+10%

<14号のちょっとひと言>
改装したばかりなのでホテル内は全体的に新しく綺麗です。コンセプトとしては同じ新北投にある麗禧酒店のようなスタイリッシュな温泉ホテルを目指しているようですが、古い温泉ホテルをリニューアルしたとあって洗練さは麗禧には正直及ばず。しかし北投のホテルの中ではグレードは高い方でしょう。日帰り温泉でもレストランとセットで楽しめそうです。14号が気になったのはしゃぶしゃぶのお店。少々高めの料金設定でしたがクオリティは高めのようで、日本酒も一通り揃っているとのことでした。冬場はきっと混みますので事前の予約をおススメします。

おススメ度★★★★★(市内からの近場なので日帰りでお楽しみください)
本棚の下で写真を撮っちゃう度★★★★★(FBにUPしたら「いいね」がたくさんき来ちゃうでしょ)

(担当特派員:TOP14号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。




プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード