独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

HOTEL PROVERBS TAIPEI

今日はみなさんに9月1日にオープンしたてのとっておきの新しいホテルをご紹介します!
場所は台北の一等地、東区のど真ん中忠孝SOGOの裏。住所は大安路一段です。
忠孝sogoの裏出口見たホテル ホテル外観全景 ホテル入口
このスタイリッシュな外観、最初はマンションかオフィスビルかと眺めていたのですがホテルと聞いてビックリ!!!早速1号と14号と一緒にインスペクションさせて頂きました。

一階ベーカリー 一階コンセルジュ 一階レストラン入口
一階のエントランスを入るとすぐにホテル直営のベーカリーL’IDIOTの甘い香りに包まれます。宿泊者は一階のコンセルジュデスクで予約を確認。レセプションは3Fなのですが、一階のコンセルジュスタッフが3Fのレセプションスタッフにお客様の到着を連絡し、3Fのレセプションスタッフが3Fエレベーター前にて合流しそのままお客様をお部屋にご案内。チェックイン手続きは全てお部屋の中でゆっくりとというシステムです。一階にはその他にセミブッフェの朝食会場となるレストランTK STEAKがあります。

エレベーター レセプションは3F 3Fレセプション 3F EAST ENDバー
3Fのレセプションはビジネスセンターの機能も備えており、ノートブックの貸出なども希望すればできるそう!3Fにはレセプションとテラス席もあるシガレットバーEAST ENDがあります。

素材はすべて銅という壁一面とドア URBAN ROOM 701号室
客室の廊下壁一面とドアはなんとすべて銅製なので、あたり一面セピアゴールドの鏡の空間。
ちょっと触っただけでもべっとり指紋がつくのでハウスキーピングは大変なんだそう。

URBAN ROOM 701号室内 URBAN ROOM 701号室バスルーム URBAN ROOM 701号室ウォッシュレット
まずボトムのカテゴリーURBAN ROOM(33㎡)の701号室。
どのお部屋もですが、クラシック調とヨーロピアンチックな華麗さが程よく調和されたインテリアですね。特にバスルームに注目!!バスタブに浸かれば気分はヨーロッパ?! トイレも最新式のウォッシュレット、おまけに人影を察知し自動で蓋が開け閉めされる機能付き!これ欲しい--!

URBAN ROOM 701号室アメニティー 豊富なアメニティーセット
アメニティーも黒で統一オシャレです。その他シェイバーからボディウォッシュタオル、ブラシなどホテル滞在で必要なものはすべて奥の黒いポーチの中に入って置かれています。

豊富なスナック類とTWGのティーバック ネスプレッソマシーンも標準装備 この中のドリンクははすべてフリーチャージ!!
もちろんミニバーも充実。特筆すべきはこれらすべてのスナックや冷蔵庫の中のドリンク類も全て宿泊料の中に含まれており無料なのです!!!ティーバックももちろんハイグレードなTWG。コーヒー好きにはネスプレッソマシーンも装備。滞在中はコンビニにドリンクを買いに行くこと無くゆったりと過ごせそうですね。笑

CLASSIC ROOM703号室 37㎡ CLASSIC ROOM703号室内 CLASSIC ROOM ツインベッドタイプ
次のお部屋はCLASSIC ROOM(37㎡)703号室。座り心地のよさそうなどっしりとしたソファー。
ホテルのすべてのお部屋のベッドはハリウッドツインタイプとなっており、上記のようなツインタイプにもキングタイプにも自由自在に変更可能だそうです。

DELUXE ROOM 702号室 38㎡ リビングDELUXE ROOM 702号室 DELUXE ROOM 702号室バスルーム
こちらはDELUXE ROOM(38㎡)702号室。DELUXEタイプのお部屋にはバルコニーがあります。バスルームもより広く感じられます。

PREMIUM ROOM707号室 PREMIUM ROOM707号室内 PREMIUM ROOM707号室内 アルバムに追加 PREMIUM ROOM707号室ラグジュアリーバスルーム
お部屋紹介の最後はPREMIUM ROOM(41㎡)707号室。こちらもバルコニー付。
17号はPREMIUMタイプのお部屋のバスタブは他のお部屋より一回り大きくて深いバスタブがとても印象に残りました。

こだわりのベッドボードとシャンデリア こだわりウッドフロアー
このHOTEL PROVERBS TAIPEIは合計42ルームの小さなホテルですが、いくつかのハイセンスなデザインホテルを手掛けるグロリアホテルグループがプロデュースするホテルだけあり要所要所に色々なこだわりがみられます。17号が感じたこだわりは、高級本革でつくられたベッドボードと小さい目サイズのシャンデリア。ベッドボード全体がすべて本革でつくられているのでかなりの大きさの一枚革です。とても良質の皮なので、高級ブランドのバックのとってのように年期が経つほど味のあるアメ色に変化して行くことでしょう。それも楽しみですね。それから床、フロアーのウッド素材。写真ではわかりにくいと思いますが、木の素材を最大限に生かした加工をしているそうでそのため一枚一枚の木の厚みが異なりフロアーはほんのわずかな段差があるのです。お部屋にはふかふかの白いスリッパも用意されていますが、思わず裸足で歩いて見たくなるようなウッドフロアーなのです。

12Fのプール 12Fフールより101の眺め
かなりミニサイズですが、12Fにはプールもあります。遠くに101も見えるので花火観賞スポットとしても人気が出るかもですね。

2Fマルチファンクションルーム 2F個室にて食事も可能
2Fは充実したマルチファンクションルーム。パテーションで自由自在に作り出せる空間で、各種ミーティングやお食事などリクエストに応じて多種多様に利用が可能です。

3Fより眺めた1FレストランTK STAKE
3Fからみた1FのレストランTK SEAFOOD & STAKE。 うっとりするような贅沢な空間ですね。
先ずは今月中にこのレストランでの食事を目標に、新しい環境で頑張ろうと誓った17号でした。


<基本データ>
住所:台北市大安路一段56號
TEL:02-2771-9956
チェックイン/チェックアウト時間: 15:00/12:00
ホテルHP(日本語):https://www.hotel-proverbs.com/index.php?lang=ja&page=home

<17号のちょっとひと言>
とにかく今まで台湾になかった新しいタイプのホテルがしかも台北のど真ん中に誕生という、在台生活が長い17号にとっても久々に新鮮で嬉しいニュースでした。ホテルからいただいた中国語の資料には『古典欧風金属現代新美学』とありましたが、まさにこの一行がこのホテルすべてを言い表していると思えるフレーズです。
現在10月31日まで限定でオープン記念の特別レートにて宿泊できるキャンペーンを実施中です。通常価格NT$15,000+15..5%の料金がキャンペーン価格ではNT$6000+15.5%と半額以下のレートとなっていますので、10月までに台北にいらっしゃる方は是非検討してみては如何でしょう。
外国人用レート:https://www.hotel-proverbs.com/index.php?lang=ja&page=preferential_stay&c=1

お薦め度★★★★(こだわって作られたホテルもレストランやベーカリーも期待大。レストランで食事後にはきっとあと一つ★が増えていることでしょう!)
台北での洗練度★★★★★(台北のど真ん中でありながら、台北にいることを忘れさせてくれるような空間。スタイリッシュな外観にも注目です!)

(担当特派員:TOP17号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。




プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード