独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

佳德糕餅

台湾土産といえば、パイナップルケーキは定番ですが、色んな店と色んな種類がありすぎて決まるのが大変ですね。今日は一軒いいお店を紹介します。それは台北市内で、地元の人もよく知ってる老舗の「佳德糕餅」です。

佳德糕餅 金賞
「佳德糕餅」はMRT南京三民駅の近くにあります。お店が広々ですぐ発見できます。パイナップルケーキが一押し商品で、店外で“十大お土産賞金賞”のポスターを貼ってあります。

佳德店內 パン
「佳德糕餅」今はパイナップルで観光客に有名なお店ですが、元々1975年開業した時には「佳德麵包店」という町中のパン屋さんです。そのため、今も店内にパイナップルケーキ以外、菓子パンやケーキなど一般の商品もあります。観光客だけじゃなく、地元の人にもよく来られます。

台湾式引き菓子
特別に紹介したいのは右側の写真は台湾の伝統的な引き菓子「中式喜餅」です。縁起のいい真っ赤の包装で、真ん丸い台湾風ケーキの中に、黒あんやクルミが入って、甘くて美味しいです。子供の時、誰かの結婚したら必ずこの「喜餅」をもらえます。今はクッキーやケーキで代用する人が多いですが、16号はやっぱり「喜餅」のほうが好きですね。

10種類のパイナップルケーキ
主役はもちろんパイナップルケーキです!「佳德」最大の特徴は種類が豊富です。定番のパイナップルケーキ以外、卵黄が入ってる“鳳黃酥”やクランベリーの“蔓越莓酥”、イチゴジャムの“草莓酥”など、全10種類があります。もっと嬉しいのは、自分が好きな組み合わせで箱詰めができます。6個、12個、24個入り、自分に合うサイズを選んで、好きなフレーバーを詰め込んでいいです。これは助かりますね。種類が違って飽きないですし、色んな味が楽しめますし、お土産としても自分用としてもぴったりです。もちろん、単品買いもOKです。

12個入り336元 パイナップルケーキ
定番のパイナップルは欠けないでしょう。「佳德」のパイナップルケーキは外の皮が程よく甘くしっとりしてます。餡はたっぷり入ってて、いいバランスです。さらに、お土産で買う客さんのために、包装を長持ちできるように特別に開発しました。おかげで、パイナップルケーキの保存期限は40日間です。大量買いでも安心ですね。

いちごケーキ
もう一個は人気の“草莓酥(イチゴケーキ)”です。意外とそんなに甘くなく、イチゴの香りとちょっとした酸味が入ってて、丸一個食べても全然飽きないです。

エッグタルト
最後は隠しの一品です。まぁ~実は16号の本心はこっち狙いです。「佳德」のエッグタルトです!ここのエッグタルトは本当に美味しいです。パイ生地がしっかりして、バターの香りがプンプンします。中のプディンは滑らかでバニラの風味が効いてて、砂糖は控えめですから、パイと一緒に食べると、ちょうどいい感じです。見た目よりどっしりしてる分量が、一個食べたら腹いっぱいになれます。残念ながら、エッグタルトはお土産として持って帰れないですから、「佳德」に訪ねる人しかこの美味しさ分からないです。

人ごみ
お土産屋でもあり、日常生活のパン屋でもあり、本当に皆さんに愛されてます。だからこそ平日でもレジの前にはこんな長列でしょうね。(帰りはこんな混んでますから大好きなエッグタルトは売り切りで悲しいですが…)

<基本データ>
住所:台北市南京東路五段88號(MRT南京三民駅から徒歩約3分)
TEL:02-8787-8186
営業時間:07:30~21:30

<コーディネーターのちょっとひと言>
本当にパイナップルケーキの種類が多いですね。オシャレな店もいっぱいできてます。しかし、16号はこういう地元感のお店が好きですね。おみやげ物だけじゃなくて、パンやお菓子もちゃんと作ってるところが信頼できます。16号が日本にいた頃に一体何箱ここのパイナップル送ったでしょう(笑)。

バリエーション度★★★★★(品数も種類も豊富でお土産で悩む人におすすめです)
好評度★★★★★(過去もらった人が皆好評で16号のお土産リストに入ってました)

(担当特派員:TOP16号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード