独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

amba台北中山意舍

1AMBA.jpg
2015年5月OPENしましたの「amba台北中山意舍」ホテル、交通便利の中山北路にあります。このホテルは「エコ 創意 科技」のメインして、ホテルをつくりました。

2AMBA.jpg
このホテルのデザイナーはアメリカのサイトから選んだ世界最クールのエコ建物の10TOP中の一つの北投図書館のデザイナーからデザインしました。このデザイナーはエコの建物をデザインすることが有名です。このオシャレな出口の「amba」の字樣は窓の鉄架を回收して、作る時一つ一つで積みました。天井も窓の鉄架を回收して、出口のインスタレーションを作りました。

3AMBA.jpg
ホテルの外の南の側でポップアートの絵があります。絵の内容は光點台北や台湾のおみくじ(杯筊)など、台湾特色な物や事を書きます。

4AMBA.jpg
このホテルは全部9階にあります。1階はレストランとロビーがあります、2階~9階は客室です、毎階は交流ラウンジがあります。ラウンジのデザインもちょっと違うの雰囲気にします、ラウンジで置いたの家具が全部は色々な国で集まったの回收家具です。歴史があるの回收家具はデザイナーが上手で使って、また新しい命をもらいました。ラウンジもこの回收家具にあるので、違うのリラックスできな、雰囲気の空間になります。

5AMBA.jpg
このホテルはまた面白いなことがあります。2階、5階、9階のエレベーターのところにあります、台湾特色のものをテーマとしてのガシャポンやゲーム機があります。2階はこれです、「台湾のおみくじ(杯筊)のガシャポン」です、15号も初めてみました。

6AMBA.jpg
50元で1階のロビーにコインを換えるできます、そのコインを使って、遊びできます。中はそうなミニの杯筊と説明書があります。

7AMBA.jpg
5階は台湾山を紹介するの電流イライラ棒です。ここはホテルなので、TV番組刺激な反応しないです、タッチしたらヒカリがぴかぴかするだけです、

d1044091 (1)
客室の番号の下で挨拶の言葉があります。

8AMBA.jpg
客室です。窓全部ガラスです、昼の時に中山北路の緑色の街景が見えます。この窓が太陽のUVと熱能に防ぐことができるのガラスです、熱いの夏で台北の街を見たいでも、UVと熱能のことが心配しなくでもいいです。ビジネスのお客のために、全部の客室はこのようなテーブルがあります、毎間もWIFI機械があります。

10AMBA.jpg
客室の知らせカードです。一般の知らせカードと違う、カードの裏が磁石があります、だったカードはドアに貼ることです。知らせカードだけじゃない、窓のリモコンもカードに同じような作りました、探し易いです。

11AMBA.jpg
可愛いカップ、お茶とコーヒーもいい物を選びました。

12AMBA.jpg
お風呂は綺麗で,オシャレな感じです。

9AMBA.jpg
お風呂で使うシャンプやボディーソープが台湾のショウガコスメの有名なブランド “薑心比心”の製品です。

<基本データ>
住所:台北市中山北路二段57-4號
(MRT中山駅から徒歩約5分)
TEL:02-2565-2828
ホテルサイト:http://www.amba-hotels.com/jp/zhongshan/

<コーディネーターのちょっとひと言>
オシャレなホテルですね..いろな面白いなアイデアがあります。中山北路にあるので、交通もすごく便利です。

面白い度★★★★★いろな面白いのアイデアがあります。お客に楽しめることできます。
エコ度★★★★★オシャレなホテルですが、できれば回收の物や材料を使って、作ったのホテルです。
(担当特派員:TOP15号)

From1号
恒例の赤入れはもうしない!もう慣れちゃったからスルー。きっと同じ思いの人いとおおしでしょう笑
BUT直しではなく追加情報としていくつかプラスする。ホテル紹介って多分15号は打ったことないんじゃないかな?元々こちらのホテルのブログは1号が打とうと思っていたんですが、気が利く15号は1号の知らないうちに打っちゃった打ってくれたのでそこに補足とさせていただく。

まず取材した客室タイプは「中房」という名称のホテルの中で一番客室数の多いルームタイプ。場所によってレイアウトは違うと思うけど、取材させてもらった部屋はこんな感じで
玄関開けてのお部屋のレイアウトはこんな感じ
玄関開けたらいきなり洗面所。奥にデスクで、前にベッド。ベッドの右側にバスルームっていうおひとり様の旅ならすごく使いやすい感じのレイアウトになっていた。

アメニティとかの紹介がちょっと弱いなぁ。ってことで追記。
基本アメニティ 恒例の
必要最低限のものはある。そしてドライヤーが1500W。すばらしい。

是非持って帰ってもらいたいものらしい
スリッパではなくビーサンが。そしてどうしてか?是非持って帰ってもらいたいものって紹介された。

ホテル案内には日本語あり
ちゃんと客室あんなには日本語あり。

各部屋にバスローブあり
こーいうGOODポイントはぜひご紹介いただきたい。バスローブあります。

ウォシュレットではない
こーいう必要な情報もぜひご紹介を。残念ながらウォシュレットはついてない模様。

ホテルのアピールポイント
追加ホテルアピールポイント→15号の言う「交流ラウンジ」の後ろにロッカーがある。このロッカーに大きめの荷物とか入れてくださいと。多分使うことはないと思うが。

もう一個 おめでたい字
↑もう一個のガシャポンはこれ。ちなみにこれガシャポンっていうの初めて知った(汗)。もちろん15号のカタカナを信じなくて疑う(爆)1号は検索してみた。あってた!1号が子供の時代は特殊な地元の言い方かもだが「ガチャガチャ」と言っていた。ただその「ガチャガチャ」は成人を迎え間違えているという事は知った。その後なんとなく覚えていたこの器具の正しい名称は「ガチャポン」。それが「ガシャポン」であるという事を15号から教わるという事になるとは・・・・。屈辱

なるほど!
もう一個は切ると漢字になるという「切り絵」ではなく「切り字」のようなお遊びができるやつ。折りたたんでそのまま切れば字になるんだね。で、さっきの機械のデザインにも一杯漢字が描かれていて、出てくる字=全部がおめでたい字って説明を受けた後にやってみて出て来た言葉・・・・・・・

なぜ?
なぜか「林」。全くおめでたくありませんが、人によってはうれしいでしょうね。

あと写真撮り忘れたんですが、ロビーの横になんかグッズが並べられてたりする。そこにディスプレイされているものは全部商品らしい。ホテルが独自に買い付けたものをそこにディスプレイし販売しているシステムで、基本一点ものばかり。なのでほしいと思ったら即買いで。このホテルとコラボすれば売ってもらえるってことかもしれませんな。

最後にこちらのホテルの料金システムってちょっと普通のホテルとは違うという説明を受けたのでご説明。なんか格安航空会社の料金設定同様で日によって料金が違うらしい。空いているときは安い、混んでいるときは高い的な。とりあえずサイト見てみたらやっぱりそんな感じになっていて、なんとなくだけど3000元~3500元ぐらいかな?って気が。で、2ベッドのツインルームはほとんどないっぽいからシングル利用かカップル利用がよろしいかと。

ご予約はこちらから(画像をクリックすると予約サイトに移動します)


ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード