独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

(台中)高美湿地

2号は写真一杯持っています。が、文章は打たない事でお馴染み。2号が是非行ってもらいたい!と強烈にお薦めするのでブログ代打ち。とりあえず2号になりきって言われた内容を文章にしてみる。ではスタート!

台中市内にある何とも不思議で美しい景色をご鑑賞できる場所~。「高美湿地」です~。
普段はこんな状態らしいが
潮の満ち引きで鏡のようになる場所~。お水がないときはこんな感じ~。

徐々に満ちてきて
潮が満ちてきて、こんな感じに変化します~。

こんな感じになってくる
丁度夕暮れの時間だと美しいです~。ちょっちょずづ変わっていく景色をご堪能~。

夕暮れ時には
段々綺麗になっできましたね~。

こんなんなってきて こんなんなって こうなりやす
もう感動ですよ~。皆さんも是非見にきでくださいね~。

■2016.10.25追加情報■
ここ、かなり注意事項あり!ちなみに公共交通機関での行き方はわかりませんのであしからず。もしタクシーで行くなら台中市内からだと最速でも45分(料金的には1000元はかかるのでは?って気がする)。到着後のポイントを追加しましたのでよーくご覧くださいませ。

まず夕日が沈む30分前には絶対にこの地に車を止めてる状態じゃないとダメ。なぜならば湿地の中に入れる場所まで移動するのに最短10分、最長20分はかかるだろうから

1_2016102513300233e.jpg 2_201610251330046f9.jpg
車はなるべく奥のお城のような建物に近いところに駐車するように。出来る限り奥に行くべし。ではないと目の前に土手にのぼってから驚愕の距離感を目の当たりにする事になる。

3_20161025133005f43.jpg 4_2016102513300675d.jpg
もうね、木のクネクネ桟橋みたいのの入り口からハジまでスーパー早歩きで10分。無駄にクネクネしてるからかなりの距離感。

5_2016102513300853a.jpg
で、終点に付いたらこのように靴を脱ぎます。そんで中に入る。って事は足が汚れる濡れるだけどこの桟橋に水道はない。って事はタオルと水は持ってかないとならないって事でしょ。これどこにもインフォなしネ。この状況みてお分かりだと思いますがこんなところにヒールできたら折れます。ちなみに水道どこにある?駐車場までございません。

6_20161025133019bdd.jpg
で、夕日が沈んでから15分間位は赤く空と水面が染まってキレイなんだけど、その後一気に真っ暗になって戻ってる最中にこんなんなっちゃう。最悪なのはこの桟橋に街灯がないこと。下手すりゃ落ちますよ!
以上、今頃インフォメーション追加!おのれ~~情報提供者!(怒)

<基本データ>
住所:台中市清水區大甲渓出海口
(台鉄清水駅からは直通バスがあるらしい。30分ぐらいで到着な模様。バスの路線図はこちらを参考にして下さい→クリック。下車するバス停は「高美湿地」です。いずれにしてもこの駅まで行くっていうのも結構ハードル高いな)
TEL:04-2652-3162(管理所の電話番号)
営業時間:24時間開放

<コーディネーターのちょっとひと言>
ここから1号に戻りましょう。多分2号の文章をご存知な方がご覧になればクリソツ度120%であったはず!ここは河口なんですが、波がないので水面が鏡のようになる現象が起きるようです。この潮の満ち引きは毎日時間が違いますので、ひと月の間に何日夕日が沈むタイミングでこれが見れるか?って問題ですが、大体20日ぐらいは見えそうな?はっきりと潮の満ち引きの時間がわかってないとこの現状を見には行けないのでそこが観光客の皆さんにとっては難しいところ。台湾気象局のサイトには潮の満ち引き時間のお知らせもあるのご存知ですか?見方がわかるかどうかは別として下記のサイトも参考してご訪問頂いた方がいいでしょう。台湾気象局の潮の満ち引きタイムご案内⇒こちらをクリック。で、これで終わりじゃないんですね~。この画面が開いたら「新竹鹿港沿海」をクリックして頂き、一覧の中から「臺中市清水」を見つけて下さい。表示されるのはその日の干潮満潮なので、後の一か月を見たい方は更に「未来30天」をクリックして頂かないとならないというなんだか面倒な話です。ちなみにお薦めタイムは満潮の1.5時間前後らしい。水が多すぎると入れないらしいし、少なくても何も見えないって状態になるので。美しい自然景観を見るって結構大変なんだなと。

お薦め度★★★★(この大変な移動をしてまでってなると面倒な事が嫌いな1号はちょっと良さがダウンという怠け者。台中市内から車でだと45分ぐらいで行けるらしい)
見たことない美しさ度★★★★★(2号の人生経験でそこまで素晴らしいというのですからきっとそうでしょう!)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード