独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

協和紅豆餅

お店の看板 路地の入り口です お店の外観の様子です
台北駅の近くの協和紅豆餅は学生とサラリーマンたちから愛されているデザートです。看板は大きく書いているので、細い道の中でもすぐ分かります。お店は人気なのでいつも行列になっています。

作ってる丸い鉄板です 作ってる長い鉄板です
店の人気の原因は、大判焼きの具です。山盛りに入れて、食べる時には具が溢れるように出てきます。そして大判焼きの具も普通の店より甘くないです、負担のないさっぱり系の大判焼きです

お店のメニューです
全部で4種類あります。1コ12元です。

お店のお袋です
お店の可愛い紙袋です。

大判焼きの大きさです
大判焼きの大きさです。どう見ても普通の大きさです。

クリーム味
クリーム味は4つの味の中で一番軟らかいきじです。一口齧ったら、クリームが溢れだして、きじも熱々で、噛むほど少しずつ甘いクリームの味が出て来ます。例え冷めても、美味しいです。
あんこ
あんこ味の大判焼きは、そんなに甘くないので、普通のお店のあんこ味より食べやすいです。
具も1杯入ってて、とっても満足です。

たろいも味
たろいも味は苦手なので、人の話によると、あまり味ありません。写真もちょっと失敗して、気持ち悪く撮ってますけど。ほかの大判焼きは同じく失敗して撮れているけど、味は美味しいです。
ツナとチーズ味
私はツナとチーズ味が一番美味しいと思います。普通台湾の大判焼きのお店にはない味です、最初は大判焼きとツナ、コン、チーズが合うと思わなかったけど、一回食べた後、好きになってつい買いに行っちゃうです。口のなかは、ツナとチーズの香りとコンのさっぱりな食感、あと塩胡椒もちょっと入ってて、熱々のきじと一緒に食べるととっても美味しいです。

名刺の正面です 名刺の裏です
お店の前に名刺が置いてます。電話で先に注文できます。400元以上買ったら近くのビルなら配達できます。

公園路20巷の中に入ります 公園路の外観です
最初の写真の入り口からも入れますけど、台北駅の8番出口のすぐ近くの公園路20巷からも入れます。公園路20巷の中を歩いたら、この細長い道の中には、色んな食べ物屋さんが入ってます、歩くと楽しいですよ~
(担当特派員:TOPアイドル号)

<基本データ>
住所:台北市南陽街11號1F
(台北駅から徒歩8分ぐらい)
TEL:0972-771-308
営業時間:11:30~19:30

<1号のちょっとひと言>
今回のブログは14号のアイドルが打ってくれたわけだが、多分こんな店紹介するブログなんて人生で初めて打ったんだろうなぁって思いながら読んだ。ほとんどの文章の締めが「です」ってところが初々しい。そしてよくできました!と花丸をあげたい(半分親のような状態で読んでしまった大人な1号)。ダブルスコア以上の年齢差のあるしかも女子たちにはいったいどんな店が人気なのか?さっぱりわからないトップレンジャーズとしてはどこ紹介したい?って聞いたときにこの店をチョイスしたってことで、へぇーこういうのが人気なんだなと。まあ日本にも同じようなものありますからわざわざ台湾でっていう感じもあるかもしれませんが、台湾では台湾ならではのアレンジが加えられているので(甘くないや、タロイモべっちょりや、ツナにコン(笑)まで!)、こういう文化の違いを味わう楽しみもあるかもですね。たこ焼きなんか油たっぷりでほぼ揚げてる状態で作ってますから!ちなみに毎回15号に赤入れしていますが、今回よくできましたでも容赦はしません。コン=コーン、たろいも=タロイモ(カタカナの方がよろしいい)、きじ=生地(間違いではないが漢字の方がよろしい)。ちなみに写真の失敗=1号の割り方の責任。そもそもあんなふうにして人は食べないから大丈夫!でも、具の量がハンパないので普通に噛んだら多分中身漏れてくると思う。どう見ても普通の大きさなんだが(笑)食べ方要注意。

お薦め度★★★★(ちょこっと万人受けするものからは外れているかもなので)
具がハンパない度★★★★★(気持ち悪い写真になるほど具がつまっていますからね)

(途中からTOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード