独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2014年1月15日

弊社の界隈は人口密度が高いせいか、ビラ配りが多い。予備校のビラからラーメン屋のビラ、シャンプー屋のビラ配りまで種類豊富なのですが、ビラ配りの人を見てるとそれぞれ全くタイプが違っておもしろいんですよね。ビラ配りの模範と思われるであろう満面の笑みでハキハキとした人や歩行者の顔色を伺いつつ遠慮しながら配ってる人はもらってあげようかなという気持ちになりますよね。逆に全くの無愛想だったり、もらうつもりは無いのに体に触れるギリギリまでビラを差し出してくる人もいますが。(笑)逆に店の印象が悪くなるのではないのかと。学生の頃、ビラ配りの仕事も友達に誘われてやったことがありますが、やっぱりもらってくれない方の方が多数でしたが、たかがビラ配りでも笑顔で配れば仕事も楽しいのではないのかなと。笑 特に弊社の近くにある某ラーメン屋のビラ配りは各曲がり角に一人ずついて待ち伏せされている感が半端無い。さぁ、今日の昼もビラ配りの人との微妙な駆け引きが始まります。笑

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ 14~18度
台中 曇り/晴れ 13~22度
高雄 曇り/晴れ 16~23度
花蓮 曇り/雨 15~20度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2613NTD
1NTD→3.671PY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2015.01.12発表)/16,25,30,35,36,37/第二区ナンバー05
大楽透(2015.01.13発表)/02,14,16,22,37,46/特別ナンバー49
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「十大優質カラスミコンテスト 雲林県が去年に続き優勝」
カラスミ界のゴールデンホース賞と呼ばれる台湾十大優質カラスミコンテストの結果が発表されました。十名のみの限られた入賞リストには雲林県だけで五名が入賞し、去年に続きまたも総優勝となりました。このコンテストは漁業署が一般業者によるボラの養殖技術や加工品質の上昇を図り、またブランドイメージの確立に繋げるため2009年より台湾養殖漁業発展基金会に補助を行い台湾十大優質カラスミコンテストを実施しています。入賞した商品は価値が高騰するため、毎年参加者が激しい競い合いを繰り出しています。今年は第六回目の開催となり、台北にておとといから行なわれましたが雲林県のボラ養殖業者がまたも名を広めることになりました。今年は全国各地から参加者が総勢86名となりそのうち23名が最終審査に進出しました。最終的に入賞した十名のうち、雲林県だけで五名の受賞となり、それぞれ7両級(約260g)が三名、五両から七両級(約190g~260g)が前者の一名を含む二名が受賞し、その他には一名がパッケージのデザイン賞を受賞しています。雲林漁業組合は昨日、今年入賞した十大カラスミは薬物残量検査を通過した上で美食家の舌定めに合格したものだけが「台湾十大優質カラスミ」のシールを貼ることができると言っています。またコンテストに入賞した商品の数は少なく、一枚一枚が非常に貴重なものとなっています。例えば、七両以上のカラスミを例にすると、通常価格は一斤(600g)1300元くらいで、高級なもので3000元ほど、しかし一旦入賞をすると5000元までにも値段が上がるといいます。漁業組合は、このコンテストはカラスミ産業にとっては毎年の一大イベントだといい、漁民全員が「全国十大」の栄光を手に入れたいものだと言っています。今年は夫婦で入賞した初の記録もあり、更には五~七両級と七両以上の両方の入賞をした漁民もいました。また、民国70年代生まれ(約1980年代)の若い世代も二名入賞しており、そのうち一名は初めてのコンテスト参加だったようです。また、漁業組合では全国の漁民による公平な競争によりボラ産業の価値上昇を図りたいと願っていると話をしています。また、旧正月もまもなくです。雲林のカラスミは非常に良いプレゼントになるのでお買い上げを心よりお待ちしているとも話をしています。
(情報:自由時報
本格的なカラスミの季節ですね。旧正月の食卓には欠かせない定番の食材です。一昔前までは天然のボラがわんさか取れたそうですが、最近は中国漁船による不法捕獲によって年々数が減っているようです。そのため、台湾の漁民は養殖ボラで生計を立てるようになってきたのだとか。味はそこまで変わりはないようです。台北では迪化街に行けば手頃な値段で手に入れることができますが、せっかくだから記事に書いている雲林の優勝カラスミを食べてみたい方。下記のサイトより電話がありますので、こちらから注文が出来るようです。残念ながら量が少ないので台北には出回っていないらしく、漁業組合自らが販売しているとのことです。日本語は確実に通じませんが、FAXでのオーダーも可能だそうですよ!
(情報:雲林縣漁會頂級金鑽烏魚子

(担当特派員:TOP14号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード