独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

找道茶

会社の近くではあるが滅多に行かない場所に仕事で行くことに。で、またまた新しい発見。

台北駅近くの小道 台湾っぽい町並みね
懐寧街って通りなんだけど、意外や意外、風情ある街並みなんだなと。台湾らしい町並みで撮影したいっていう話は毎回聞くが、ここでもいいんじゃない?って雰囲気。で、実際この道の脇にある屋台系の店は何故かベジタリアンフードばかり。ここはベジタリアンストリートか?

って思いながら歩いていると突然ベジタリアンストリートという概念をぶち壊す店に笑。で、何故かベジタリアンストリート的な店の紹介は一切せずに周りの雰囲気を壊す店を紹介しようと思うひねくれ者1号。
外観
はい。ジューススタンドです。ココもベジタリアンドリンクかな?って一応販売しているモノをマジマジと見てみたけど全然そんな事はございませんでした!(笑)。むしろ、えっ?なにこれ??みたいなものが販売されていたのでそこに注目!

ビール?
なんでしょうこれは?ジューススタンドでビールを売ってるのか?ある意味画期的だなドリンクが気になる。説明を見る限りではヒマラヤ山脈で何億年も蓄積された岩塩を使って作ったジュース的な事が書いてある。なんでこんな見た目なのか?とっても気になるので注文したらないだって!はぁ?店のカウンターの目の前のベストポジションで表示されているもっとも人目を引くであろう商品がないだと!?1号「今日は売り切れってことですか?」、店員「いえ永久にありません」、1号「永久??それは販売中止になったという事か?」、店員「そうです」。ならこの写真を即刻はずせ!やはりヒマラヤの岩塩は仕入れが困難なんでしょうねって勝手な解釈で納得。

で、こんど右側を見たら目に飛び込んできたのがまたもやビックリなドリンク。
鬼のようなインパクト茶
なんでしょうこのプリン丸ごと入りドリンクは!ケーキのスポンジにもプリン。最近は豚骨味インスタントラーメンにもプリンなど、台湾におけるプリンの重要度は日本の500倍ぐらいなのは知ってるが今度はジュースにまるごとプリンか!っていうドリンクに衝撃。とりあえず注文してみる。

ここポイント!
ドリンクの紹介の前に一つ台湾でのドリンク購入時の大切なポイントをアドバイス。購入時に甘さや氷の量って実は指定できるんですね。この店ではこんな風にわかりやすく説明してくれてる。注文の時に何も指定しない=MAX甘い&氷タップリ。すべてが普通ではなくMAXで提供されるのでご注意を。普通の甘さでも甘いっていうのが日本人の感覚だからお薦めの甘さは「微糖」。氷の量はお好みだけど氷がたくさん入る=ドリンクが少なくなるだから、「微冰」ぐらいがいいんじゃないかな?何事も控えめがよろしいかと。

仕上がりは写真とは違うな笑
出来上がりを写真撮ってみる。が、あの壁の写真とは全く違う仕上がりだった。ちなみにこのドリンクの名前は「稱兄道弟」で値段NTD50なり。プリン以外に亀ゼリー的仙草ゼリー、タピオカにくずきりチックなものが一斉に入っているという要するにプルプル兄弟集合的なドリンクである。

これが正常な仕上がり 
さっきの写真は途中でちょっと撮影させてもらった。実際「はいどうぞ」って渡される時にはこのように台湾特許なセロハンペタリで出されるわけ。こうなるともうあのドリンクだったのかどうかもわからない。

全部下じゃん!
っていうか全部下にたまってる!そりゃそうだ。プルプル兄弟たちは重いはず。故に全部沈むのが当たり前だ。あの写真は無理に浮かしているという事だったんだと、購入してから初めて気づいたアホな1号でした。

<基本データ(懐寧店)>
住所:台北市忠孝西路一段72-24號
(台北駅から歩いて5分)
TEL:02-2311-8299
営業時間:10:30~21:30
*こちらのお店はチェーン店なので別にここに来なくてもあります。が、どこにあるか?よくわかりません爆

<コーディネーターのちょっとひと言>
とりあえず味だよね。うーーん、マズイもウマイもない。タピオカミルクティーって正直タンの塊みたいのが逆流してくるかのような感じで飲むが、これはプルプルだったものがドロドロになって口に入ってくるという不思議な感じ。気分は流動食。決して食感としていいものではないような気がするが、マズイわけではない。そりゃドリンクの部分の味は成立している訳ですからね。ちなみにプルプル兄弟たちは中に入ってしまうとそれぞれの味なんかわからないから全部一緒。要するにどんなプルプルが入っていようがどうでもいいという事でもある。ただ一つはっきり言えることはプリンはプリンのままで食べた方がおいしいという事!以上、不思議ドリンクレポートでした。ちなみにこのジュース、ホットもあるらしい。いらない笑。そー言えばこの店の名前って「探し当てたお茶」って名前なんだけど(ちょっと字を変えてなんか当て字っぽい感じにしている)、確かに、ここじゃないとこの不思議ドリンクは探し当てられないでしょう。これからはゴツゴツ兄弟(ナッツ系素材をぶち込む)、ネバネバ兄弟(山芋とかネバっとした物ばかりをぶち込む)などのドリンクの登場に期待しましょう!

お薦め度★★★(不思議体験をご希望の方はどうぞ)
ドリンク店としてのレベル度★★★★★(不思議メニューは置いといて、あの甘さの調整とか氷の量とかを調整する事をわかりやすく説明している表示方法に関してはかなり評価できると思う)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード