独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2014年9月5日

さて、来週月曜日は中秋節です。月餅食べてお月見の日です。が、台湾では月餅は二の次。本来月餅を食べて優雅にお月見を楽しむ秋の節句は、台湾ではバーベキュー祭りに変身。バーベキューをしながらお月見をするのがTHE台湾スタイルです。そのわけで、このシーズンは量販店やスーパー、雑貨屋の店頭ではバーベキューの器材や炭が溢れんばかりに並べられているんですが、賑やかなことが好きな台湾らしい光景ですね。今年は三連休なので、皆さんも台湾スタイルバーベキューを楽しんでみては如何!?

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/曇り 31~35度
台中 雨 31~34度
高雄 雨 30~34度
花蓮 曇り 30~34度
週末の天気→台北は26~34度、雨は降らないでしょう。台中は27~34度、日曜日は雨の予報になっています。高雄は落ち着かない天気となっており、曇りと雨の予報です。気温は27~33度。花蓮も週末は雨となりそうで、気温は26~33度となっています。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2767NTD
1NTD→3.485JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2014.9.4発表)/01,08,10,14,24,26/第二区ナンバー01
大楽透(2014.9.2発表)/07,08,36,39,42,43/特別ナンバー22
ロトの購入方法など詳しくはこちら
<今日のニュース>
「使用済み食用油 683トンが台湾中に流通」
多目的使用済み食用油事件が台湾で再び勃発しました。悪質な食用油は638トンを上回り、屋台やベーカリー業者などに出回っています。また大手食品工場の味全も今回の事件の被害にあっています。刑事局の南部犯罪打撃センターは昨日、事件に関与した業者の5男1女を逮捕しました。打撃センター長によると主犯は屏東縣竹田鄉にて無認可の油屋を経営しており、去年の初めから油の回収を行なうリサイクリング業者より使用済み油や皮革用品油などを買い取ったあと、濾過したものを加工し、油に含まれる「酸値」を食用油の検査基準内の2.5以下に下げ、豚脂と称したものを高雄の強冠会社に売っていたとのことです。主犯は犯行を認めており、供述によると1キロ12元(約42円)で使用済み油を仕入れ、加工したものを1キロ約22元~30元(約77円~105円)で強冠に転売していた模様で、1年で400万元の利益があったようです。取引記録から見ると、強冠は今年2月より9回の仕入れをしていたようで、計242トンの悪質油を1対3の割合で更にラードを加え、782トンにも及ぶ「全統香猪油」を製造していた模様です。商品は15キロと16キロの2種類の規格があり、鉄製の容器やダンボールによって梱包されていました。警察は昨日工場内にて129トン、3200ケースに及ぶ油を差し押さえし、その他683トンはすでに工場から出回っており、換算すると約45000ケースが市場に出回っているとのことです。問題の油は製造期日が3月1日から8月29日と記載され、保存期日は今年9月1日から来年3月1日に記載されたものが問題がある可能性の油となっています。強冠の社長は昨日謝罪をしましたが、問題の油については知らなかったと否認しています。強冠はラード製造の大手工場のため、各県や市では昨日から衛生局が夜市の屋台や、ベーカリー業者などで検査を行なっています。新北市では強冠の北区営業所にて7548キロに及ぶ疑いがある油を差し押さえしました。味全食品では昨日自ら台北市衛生局に申し出、今年4月から計15.6トンの「全統香猪油」を使用したことを報告しました。12種類に及ぶ豚肉そぼろや豚肉入りソースなどを製造していましたが、商品は夜間内で回収作業が行われています。消費者文教基金会の董事長は今回の事件を痛烈に批判し、味全が以前関与したニセ油事件や、今回の事件について「他の業者では問題になる油が手に入らないのに、なぜ味全だけいつも手に入れているのか?味全の油購入価格の設定が低すぎるのか?それともわざと安い油を買っているのか?味全はすぐに仕入れの政策や過程を検討するべきだ、製造業者にばかり罪を押し付けるべきではない」と話をしています。台北市衛生局食品薬物管理処の処長は回収された油にはアフラトキシン(カビ毒の一種)や重金属、酸化コレステロールなどが含まれている恐れがあり、下痢を引き起こす原因や肝臓の負担にもなると言っています。味全は回収された12種類の商品を購入した方、各販路や味全の各営業拠点にて返品を行なうと強調しており、または顧客サービスセンター「0800021007」に連絡をするよう呼びかけています。味全の味全珍味肉醬(150g)、味全瓜仔肉(170g)及味全辣味肉醬(150g)は食品GMPの認可を得た商品でもあり、最速で本日GMPの資格が取り消しされる模様です。なお、多目的使用済み油事件は1985にもすでに台湾で発生しており、台湾大学食品化学研究所の名誉教授は30年が経ったあとに台湾でまた事件が発生するとは思わなかったといい、直感では給料の後退が原因で黒心食品(問題のある商品)の問題が蠢めいていると話しています。
(情報:自由時報
現時点の最新情報では235社に及ぶ食品製造業者が強冠から油を買っていたのだとか。その中には有名な大手メーカーも含まれており台湾全体にまたもや食品安全問題の嵐が訪れています。問題の油を卸していた強冠もこの油について問題があるものだと知らなかったのか?もし知っていたらこれは大罪ですね。いや~恐ろしいです。で、15号とこの話をしてたら、15号的にはもうすでにあきらめているようで、もうしょうがないじゃん~?みたいな。笑 え?気持ち悪くない?って聞くと、でもここは台湾だししょうがないよ。って言われて、ちょっと悲しい気持ちになってしまった14号でした。そして15号はきっとこれからも強く生きて行くのだろうと確信もしたのです。
(担当特派員:TOP14号)


本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード