独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

新葡苑

今宵のゲストからのご注文「東坡肉(豚の角煮)」が食べたい! はい、かしこまりました。でもなぁ「極品軒」連れてったことあるし、ホテルの中のレストランとかだと高いしどうしよう?そうだ!ここにあったじゃん。で、久々に訪問。

外観 店内
中山北路のロイヤル台北の向かいにあるレストランですからきっと多くの方が見かけた、または行ったことあるレストランでしょう。多分4回目ぐらい。でもなぜか?紹介していない。理由はここで飯食っていると、昔台湾に来たばかりのころに愛してやまなかった伝説のレストラン「大味」の元オーナーとの食事をしながらのおしゃべりというプラス要素が加わりとても忙しかかったからっていい訳してみる。で、久々に行ってみたらご本人いなかった。辞めたか?不明。何故なら行った日が1号の大嫌いな「台風休み」当日だったから!(まだこのネタを引っ張る笑)

メニュー ALL日本語あり
メニューにはしっかり日本語が書いてあるから皆さんも注文しやすいですねぇ。ただ、よーく見るとかなり細かく記載してくださっているので食べたくなくなるメニューもいくつかあったりするのがちょっと笑える。飲茶メニューの中にチラホラ存在しているんだが・・・。代表格は「ドジョウ入り春巻き」、「ピータン入りチャーシューパイ」、「エビとバナナのアーモンド春巻」等。正直な事はいい事ですから文句はないんですが、逆にドジョウとピータンとバナナを入れない状態で作って頂けた方が注文しやすいかと笑。で、メニューも時より香ばしいものが出てきたりするのもちょっとお茶目。「クリームいりまん」(「まん」って・・・笑)、「梨と白木耳の燉湯(どんたん)」(最後のスープと翻訳すればいいところが中国語の発音をひらがなにしたのみだから全く伝わっていないという事実笑)。更にさっきのエビとバナナのアーモンド春巻きは実は中国語のメニュー名にエビなんてどこにも書いてないという事実もね笑。こういうのやっぱり楽しい。素敵な台湾文化だと思うので失わないで頂きたく候。

さて本日食べたメニューたちを写真でご紹介。ちなみに料理の出し方は台湾スタンダードな一気出しだった。
鶏の紹興酒漬け 豚と卵のチャーハン 四季豆とひき肉の炒め
食べたことあるくせにまったく印象無だったんだけど、今回4人で行ってこの盛り。ちょうどいい!多すぎず少なすぎずな量で大変ありがたいボリュームです。この盛りにより結構いろんな種類食べる事が出来るねって事で先に注文して後からもまた追加で頼もうという話に。

雪菜とタケノコの炒め エビマヨ グリーンピースと豆腐のスープ
なんかきょう緑モノが多い?ちなみに空心菜は19:30段階で売り切れと言われた。なかったな絶対(笑)。スープの見た目がちょっとひどいが(笑)おいしい。

小龍包 東坡肉 ホタテに挟んで!
さてさてメインの「東坡肉(豚の角煮)」来ました!こちらのレストランはホタテ(みたいな蒸しパン笑)に挟んで頂くようです。ちなみにですがゲストからの重要なご注文アイテム「東坡肉(豚の角煮)」はありますが、食べたことないのにつれてきたという状態であった事をここでカミングアウト爆。うん、うまいよ。でもね食べたらベチャベチャになるのはお覚悟を!って感じな食べ方になる。ホタテが薄いからでしょうこれは。で、上海料理レストランですからモチの論で小籠包もあり。味、うん、まあまあ笑。本当は飲茶のメニューも豊富。そう、こちらのレストランは上海料理&広東料理のミックスレストラン。で、この後本来であれば我々はセカンドオーダーで飲茶に入るはずだったんだけど盛りが少ないのになぜか?お腹いっぱいになってしまった。もうたくさん食べれない年齢に突入していることを実感する(涙)。ちなみに今回のお食事、ビール2本とジャスミン茶2ポットで合計NTD3600也。一人NTD600だからコスパ的にもいいよね?

<基本データ>
住所:台北市中山北路二段24-3號
(MRT中山駅から徒歩約5分)
TEL:02-2568-2768
営業時間:11:30~14:30、17:30~21:30

<コーディネーターのちょっとひと言>
お店もきれいだし、食事もそれなりにおいしい。でもなんかインパクトに欠けてしまうっていう事なのか?ちょっと常に1号の記憶の中に残ってないって事もあり取材したことあんまりなかったんだけど、女性誌とかには間違いなくお薦め可能なレストランでしょう。でもなんかお店的に特徴はないだろうか?って探していた所・・・・・発見しました!それはトイレです!!トイレの美しさ、清潔さ、香りのよさ(笑)、最高級レベルです。これならトイレ大臣2号のお墨付きをもらえるでしょう。水回りが(いや、「も」)弱点な台湾でこのレベルを自らの意志で作り上げたとしたらこれは表彰したいぐらいです。男子用=M、女子用=Wってなってますが、間にMとWが合体したトイレ有。男女兼用って意味だと思うが、万人に受け入れられるようにという、ささやかな気遣いすら感じたぞ。讃!お店は21:30クローズなので21:00ごろになると電気を半分消すなどの強制退去雰囲気を造りだしてくるが、この店の横に「台北之家」があるから食後にお隣にお茶に行くっていうとっても無駄のない流れで夜が楽しめるのも素晴らしい。生活動線的にも文句なしなお店であったことをここにご報告させて頂きます。

お薦め度★★★★★(すべて合格点で、トイレで鬼レベルのプラスポイント加算されますのでね)
女子受け度★★★★★(料理の量から~の店出た後の流れなどまさに女子旅にピッタリだろうから)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード