独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2014年6月23日

ハエと蚊。これは台湾生活では避けることは出来ず、むしろ一緒に生活しないとならない小動物。どんなに閉めきっても絶対にどっかから侵入してくる。どういう生命力というか人生を送っていらっしゃるのか?よくわからないけど、どんなに排除しても必ず家にいる。もうあきらめてるけど、どうにかこいつらと会わない生活もしたいと思っている。ハエはもうあきらめた。なんか巨大なハエではなく一瞬ハート型に見えるような小バエなんだけどどうにもならない。台湾の一家に2台ぐらいは当たり前な蚊取りラケットで毎度撃退(蚊取りラケットは蚊以外でももちろんOK。でも一発では葬れないので二度打ち必須)。蚊は日本から来る知り合いにベープみたいのもらったので家に三台設置し24時間使用。そしたら結構いなくなった。効果あり?らしい。ゴキちゃんも家の中だけでなく路上も徘徊しているから見慣れた光景だが家の中にいるのはやはり気分が悪いのでゴキが出ないであろう家に住むことで現在は快適な暮らしを送っている(出来る限り高層フロア&下の家に食べ物屋がない物件で生活)。日本では考えられないがネズミも普通に街を徘徊。10年以上前にいた、もはや負の思い出になっている別の会社のビルなんて11Fなのにネズミがオフィスを徘徊。恐ろしい。机のパティションの上をネズミが通過とかありえないから!その時はネズミハンター「ジェフ」が手づかみで捕獲し普通にゴミ箱に捨てていた。これも台湾では普通なんだと台湾初心者であった1号も認識。でも、そんないてほしくない、会いたくない動物もいるんですが、我が家には癒しアイテム熱帯魚さんがいる。熱帯魚の水槽にバイオハザードタニシが同居していることは過去の格闘日記で皆さんご存知でしょうが、新たに生まれたヒラヒラ種の子供たちはすくすくと成長なう。一匹だと思ったのが二匹だったわけですが、今度はまた三匹目を見つけた。自分の目じゃないよ!ちゃんと生命体として存在していた。しかしいつ出産しているのか?そして親は一体誰なのか??はまだ不明。ただどんどん成長してくると段々色がついてきてどうやらブルーっぽい。母親は間違いなく毎回太ったり痩せたりを繰り返すヒラヒライエローなのは間違いないんだが(またご懐妊か?最近太り始めた)、子供がブル―となると先日謎の死を遂げたヒラヒラブルーだったのかもしれない。でもイエロー+ブルー=グリーンだと思うんだけど、ブルーが生まれるってどういうことなんだろう?謎の死を遂げブルーの魂が子供たちに乗り移ってる系?水槽の中の神秘的な状態を毎日覗いて楽しんでいる地味な生活を送っている1号なのであります笑。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雷雨 26~33度
台中 曇り/雷雨 27~33度
高雄 曇り/雷雨 27~32度
花蓮 曇り/雷雨 26~32度
今週の天気→なんと水曜の午後ぐらいから台湾全土一気に晴れマークが並ぶお天気になりそうです!って事はですよ、元々梅雨入り宣言もない台湾ですが、きっと梅雨が明けるという事なんでしょう。すでに連日35度近くまで上がり曇っていても焼けちゃう状態。これで太陽がガンガン出てくるとなると・・・・。またもやサーファーでもないのに真っ黒状態に突入する事になるでしょう。皆さんも紫外線対策を万全に!

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2863NTD
1NTD→3.368JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2014.6.19発表)/10,11,16,24,29,30/第二区ナンバー01
大楽透(2014.6.20発表)/14,14,16,33,36,47/特別ナンバー48
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「信義ビジネスエリア 初のエリア全体でのカウントダウンイベントを計画」
台北市信義ビジネスエリアを国際的観光スポットとする為に、國泰金控ビル、台北101ビル、グランドハイアットホテル等エリア内にある20軒ものAクラス企業ビルが年末のカウントダウン花火を含む、いまだかつてない輝きを放つ美しい国際レベルのカウントダウン光のショーを計画しています。
台湾観光の発展は成熟期を迎えています。台北中山エリア、西門町エリア等はすでに観光客の皆さんにも人気の観光スポットとなっています。そこで信義エリアの大企業が初めて協力し、大型PRを行うこととなりました。信義エリアを国際的なエリアとして認識してもらい一つのブランド経営と同様の状況にする為の試みです。
台北101ビルのスポークスマンによるとこの構想は今年の台北101階段登りレースの際に同エリアの各企業の代表が出席し信義エリア発展の為の共同企画としての計画がスタート。7月中旬には20企業あまりが参加しての第二回目の話し合いが行われ、アイディアを終結したPR活動の詳細が話し合われる予定だという事です。この企業グループを仮に「信義サポーターチーム」と名付けましょう。このチームには台北101、遠雄、統一開發、新光金控、華新麗華、國泰金控、中油、Wホテル、グランドハイアットホテル、阪急百貨、BELLAVITA、國貿ビル、ル・メリディアンホテル、ハンブルハウス台北、克緹國際、ATT 4 FUN、neo19、信義ワーナービレッジ、信義房屋、中國信託等が含まれています。そのメンバーには一千億元単位の売り上げを誇る大企業も少なくありません。このメンバーが一堂に介する事で数十兆元(日本円約35兆円以上)の企業力が集結したことになります。
この中に含まれているグランドハイアットホテルは今年35周年を迎えました。グランドハイアットホテルは信義エリアの中で最も早くオープンした5つ星クラスのホテルです。今回グランドハイアットホテルが陣頭指揮を取り記念すべき年に信義エリア全体の一つのフェスティバルが出来ないかと提案したことで「信義サポーターチーム」全体の共通意識となり、年末のカウントダウンイベントへと発展していきました。過去のカウントダウンイベントは一日だけのイベントでしたが、今回は1~2週間をかけたカウントダウンイベントと出来るよう各企業で話し合われています。初期段階の構想としてはカウントダウン当日に信義エリアの高層ビルによる光のショーを開催し、最後に台北101のカウントダウン花火を行うとされていますが、その他高層ビルでもカウントダウン花火のショーを行うかどうかも検討されています。この信義エリアにおける光のショー。今後半年間で技術的な問題も含め順調に話し合いが進めば今年の年末は過去にないスケールのカウントダウンイベントとなる事でしょう。
(情報:中時電子報
なんと!とんでもないビックプロジェクトが話し合われているのですね!!順調に話が進み、各企業が協力して素晴らしいイベントになる事を期待。ただ・・・こんなにたくさんの大企業様が集まって話し合うとなると逆に話がまとまらないのでは?という懸念も・・・・。1号の予想ではセール的なものはデパートが勝手にやる、ライトアップも各ビルごとに勝手にやる。で、台北101は最後にいつもの花火を上げるっていう結末を迎えるのではないかと(爆)。他のビルからの花火は今から話し合ってやるって無理でしょう。安全検査とかそういうのが半年でできちゃうものなのか?よくわからない。でも上がったとしても屋上からどっかんどっかん上げるしか無理じゃないの?って気がするから・・・・。でもいつものカウントダウンイベントとはきっと何かが違うはず。って事で考えると今までは台北101だけが見えれば良かったものが今年はこのエリア全体を見渡せる場所にいないと全体像が見えないということにもなる。じゃあどこ??多分ここだろう→象山。でも絶対に登りたくないから行かない。誰かに映像だけ撮りに行ってもらうつもり。とりあえずいつも撮影の時にお世話さま~になっている某台湾制作会社with15号をロックオン笑。ハンバーグホテルからの花火鑑賞で昨年は喜び?の新年を迎えましたが、今年は全体となるとハンバーグでは見れん。なのでやっぱり遠東さまの上から見下ろすがベストっぽいな。まだ部屋は予約できるのか?って思って早速電話。どうやら予約はまだ受け付けていないらしい。7月下旬から8月上旬に予約受付開始らしいです。ちなみにですが、去年は台北101が見える部屋はNTD14000(日本円約49000円)~だったらしいですよ。ちょっとブルジョアな大人鑑賞がご希望の方は遠東さまでの鑑賞がよろしいかと思います。

(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード