独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2014年6月20日

昨日ケータイが急に鳴ってなんだろうと思って見たら、2ヶ月前くらいに落とした携帯が見つかったとFind my Iphoneのアプリから通知が!あんなに探して見つからなかったのにいまさら?って感じですが、Googleのストリートビューで所在地を確かめて見たら携帯電話の中古屋でした。ちーん。でも売りさばかれるのも悔しいのでお店に電話してみるととぼけられる一方。とっても悔しいですが、落とした自分が悪いと思うしかなく、、、諦めも肝心ですよね。(笑)
さて、話は変わって世界中でワールドカップが盛り上がってますね。いつも思うのがスポーツって人生みたいで勝ちもあれば負けもある。山もあれば谷もある。そしてお金も動いている!(笑)先週から始まって1週間くらいですが、スポーツクジが大人気です。14号もトライしましたが、、撃沈。。。。簡単に当たるものじゃないですね。。台湾ロトを売っているお店にあるので皆さんもトライしてみたくださいね。意外に奇跡が起きるかもですよ!

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 晴れ/雨 27~30度
台中 晴れ/雨 27~34度
高雄 雨 27~31度
花蓮 晴れ/雨 26~32度
週末の天気→先週末に比べると全体的に雨が少ないようです。台北は午前中は晴れですが、午後はスコールが降る模様。気温は26~35度です。台中も同じく午後にスコールが降る予報で、気温は26~33度となっています。高雄は天気が悪く、週末は雨のようです。気温は27~31度。花蓮は26~32度で晴れまたは雨となっています。お出かけの際はいずれも雨具が必要です。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2866NTD
1NTD→3.364JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2014.6.19発表)/10,11,16,24,29,30/第二区ナンバー01
大楽透(2014.6.17発表)/03,06,18,20,25,48/特別ナンバー12
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「冷房温度26度まで 8月より飲食店、美容院など九種類で実施」
経済部は大型スーパー、百貨店などの11種類のサービス業に室内冷房を26度以下に下げないようすでに呼びかけています。昨日、8月より更に美容院、一般ホテル、書店、服飾店、眼鏡屋、靴屋、時計屋、自動車オートバイ店などの9種類のサービス業、計17万軒の業者も対象にすると発表しました。また、9月より取り締まりを開始し、違反した場合は「エネルギー管理法」に基づき、2万元~10万元の罰金が科せられます。昨日、経済部は「全民節電行動」の計画を行政院に提出しました。行政院長の話によると、原子力発電は我が国の昨年の総発電量の19%を占め、将来的に比率が下がると他エネルギーの価格や供給量も調整する必要があると言っています。そのため、1年に1%、約24.52億ワットの削減を目標にしています。経済部長によると、過去の節電対象は役所などの国家施設や学校を対象にしていましたが、将来的には国営事業も対象にすると言っています。産業界でも4700社を「産業エネルギー対象」としており、1年間に8.4億ワットの節電を目標とし、来年の7月に節電効果の検証を行なうと言っています。エネルギー局長の説明によると、産業エネルギー対象はエネルギー削減の実施または計画をしていない場合、3万元~15万元の罰金が発生し、改善しない者に対してはその都度倍の罰金が科されます。しかし経済部は電力使用の大きい産業は節電削減の効率が悪いとは限らないといい、中鋼、台積電は毎年節電の表彰をされていると言っています。美容院チェーン店の話では「原則的には政府の政策になるべく協力する」としながらも、ドライヤーなどの美容器材は使用温度が高いため、実際には消費者の立場に立って室温の調整をすると言っています。高雄の有名火鍋店の話でも、現在冷房温度は20度に設定していますが、店内は熱気が溢れるため、実際の室温は26、27度ほどと言っています。そのため政府は節電を推進すると同時に、飲食店の特殊な環境にも考慮して欲しいと考えています。台中でアパレル店を経営している女性の話では、店内は通常密閉された空間なのに加え、美容室のようにドライヤーによる熱気も発生しないと言っています。その上電気代も上がっているため、節電措置に協力すると言っています。台北シェラトンホテル、ハンブルハウス台北はすでに公共エリアの温度設定を規定の26度に合わせています。しかし館内の利用客が増えた場合やお客様の特殊なリクエストがあった場合は温度を適度に調整すると言っています。桃園市のホテルの総経理は政府が介入しすぎだと言っています。企業の立場からすると節電できれば節電はするが、使用する必要があれば仕方がないと言い、人が増えれば温度も上がるため、冷房は当然強めにしておく必要があるともいい、26度の設定に反対をしています。
(情報:自由時報
ただでさえ暑くて死にそうなのに、夏の逃げ場がどんどん減っていく模様です。確かに何年か前までは百貨店や飲食店に入ると寒いくらいに感じましたが、最近はそうでもないですよね。火鍋もキンキンに冷えた店内で食べるのがおいしいのに。笑 でもよく考えたら昔の人は冷房なんかなくても生きてこられたので、慣れが大事なのかもしれません。でもこういう政策ってなんか皆が見えないところで勝手に決められていつまにか実施されてる感がありますよね。節電をするとどういう効果があって国民にとってもメリットがあるとかっていう説明くらいはして頂きたいですが。
(担当特派員:TOP14号)

本日もクリックお願いします!


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード