独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

全美堂漢方SPA

久々のspa体験のお話に二つ返事で飛びついた訳ですが、今回は台北に沢山あるただのspaではございませんよ。私も初体験の漢方SPAなので期待が高まります。

場所は台北アリーナの筋向かいの『微風南京館』の11F。私にとってはとても便利な場所ですが、11月には地下鉄南京線も開通する予定なので、より便利になること間違いなしです。

11Fのエレベーターを降りるとすぐに明るく広々とした店内が目に入ります。
A B

一見しただけでは普通のSPAとの違いは分かりませんが、カウンセリングを受けてゆくうちに徐々に納得。その日の体調を記入したシートを元にカウンセラーの先生から全身に漢方経路が書き込まれた人体模型を使いながら、これから受ける施術の説明を受けます。
C D

施術はすべてこの↓『水牛の角』を用いて行われます。
E

特別に調合された『帖』という8種類のチャイニーズハーブオイルを使用します。
F

この8種類のチャイニーズハーブオイル<気帖・好帖‘・妙帖・清帖・養帖・寧帖・運帖・鬆帖>を身体の部分によって使い分けます。
G

この日私が使ったオイルは、好帖(腰)、妙帖(曲線部分)、寧帖(フェイス)、鬆帖(背中)の4種類。施術メニューが決まったらその前に軽く腹ごしらえ。空腹で施術を受けるのは厳禁なんだそう!店内のカウンターでは簡単な軽食やおやつのオーダーも可能。
コースの途中でお腹が空きすぎて、中断してお食事する人お客様もいるそう。
この日のメニューは麻油鶏とにゅう麺。麻油鶏といってもお酒は一切使われてないのであっさりしていてとても体に優しい味でした。
H I J

腹ごしらえが完了後は先ずはロッカールームに荷物を預けて、メイクを落としてシャワールームへ
K L

専用ガウンに着替えて施術室へ
M N

先生は患者さんの邪気を吸い取ってしまわないようにゴム手袋着用。身体の部分によって
水牛の角もオイルも変えていきます。 ほのかに漢方薬の匂いが漂ってきました。
O P

通常のマッサージ師さんは全身や腕力を使って施術するので非常に体力を消耗するそうですが、この施術の仕方は経路を熟知している施術師にとってはとても身体的負担が少ないんだそうです。
フェイスには寧帖オイルだけでなく、下のような山芋が成分となっているクリームを混ぜます。
Q R
S T

最初は痛そうだとこわごわだった水牛の角ですが、はじめから全く痛みはなく、
イタ気持ちいいから始まって、だんだん骨と骨との間の経路に食いこんでくるようなマッサージが快感になってきました。後から画像を見て、実際こんな先の細い水牛の角で施術されてたんだって驚きでした。

今回は水牛の角を使っての施術でしたが、全美堂にはもう一つ『檀木』で作られた用具を使っての施術のコース(温木の道)もあり次回はぜひともこちらをトライしてみたいです。
U V
(記事担当特派員:TOP美魔女号)

<基本データ>
住所:台北市南京東路三段337號11F
(MRT南京東路駅から徒歩約5分)
TEL:02-6617-5926
営業時間:11:00~21:00(日曜休み)

<コーディネーターのちょっとひと言>
久々登場美魔女号。やはりSPAと言えばこの方しかおりません。実は今回の取材は15号もカメラマンとして同行。自分の役割は撮影なのにどうやら一緒に体験していたらしいが・・・笑。The台湾スタイルSPAの取材がしたい!ってリクエストいっぱい来ますがThe台湾ってかなりハードルが高いオーダーだったんですね。で、今回やっと出会えたこれぞThe台湾スタイルと言っていいでしょう!SPA。使っている器具=中華オンリー、使っているオイルなどの商品=漢方配合だから中華風。この二つを足せば正真正銘The台湾となるという公式成立!身体の気の流れをこの器具を使って整える事でデトックス効果もあり、更にフェイシャルなどの場合は施術後すぐに施術前よりも小顔になるってお店の方はおっしゃってました。ただ料金が・・・・ちょっと高め。それぞれの部位(フェイシャル、手、足、背中)各NTD3500らしいので身体と背中やるとNTD7000になってしまう!!まあでもそれだけテクニックが必要だという事でご了解頂いた上でのトライとして頂かなくてはなりませんな。日本語出来るスタッフの方は事前に予約すればOKのようなので予約時にリクエストを!

お薦め度★★★★★(コスパ的にはちょっと厳しいものがあるかもですが技や内容的には申し分ないのでは?!女子にしかわからない世界ではあるものの勝手に★5コつけてみる)
The台湾度★★★★★(完璧でしょ!)
(ひと言担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード