独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2014年5月15日

ムシムシ~ジメジメ~梅雨真っ只中の台北、暑いです・・泣。しかも、昨日の台北は35度越え!台東は37度を越えたらしく・・会社のクーラーの設定温度はとうとう21度に~。すでに真夏モードです笑。そんな中飲みにくりだしたトップレンジャーズたち。またもや深夜まで(汗)気のせいか本日社内はとても静かです笑。多量のアルコール摂取にしてはとってもスッキリな朝を迎えた12号。気合いれて本日もお仕事頑張らせていただきます!

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/雨 27~33度
台中 曇り/雨 26~32度
高雄 曇り/雨 27~31度
花蓮 曇り/雨 25~30度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2882NTD
1NTD→3.345JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2014.5.12発表)01,02,05,08,09,29/第二区ナンバー01
大楽透(2014.5.13発表)15,20,29,31,32,44 /特別ナンバー23
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「プユマ号 台東までの乗車券12%割引」
施工に4年以上かかった花東鉄路の電気化は、6月末開通となります。今後は台北~台東間の所要時間は一番早いもので3時間半になります。台鉄は初めて割引き切符を発売します。
プユマ号は大勢の人々が待つホームにゆっくりと入って来ました。カメラのフラッシュは止まず、台鉄の職員はみな携帯電話を手にして写真を撮っています。これはプユマ号が初めて台東に着いた時の事です。そして来月末の開通を台東の人々はとても喜んでいます。台鉄の計画では6月末から7/26までは試運転期間となり、毎日樹林駅から台東まで4本のプユマ号が直行します。平均毎日12本のプユマ号が運行され、休日は18本となります。台北から台東までは3.5時間、現在の自強号と比べると1時間の短縮です。また台湾全土で560本の時刻改正が実施されます。
プユマ号が台東まで初めて走ることを祝して、台鉄は割引切符を発売。台東の往復プユマ号にのみ適応され6/30~7/4まで12%引き、もともと785元(約2670円)の料金が691元(約2350円)となります。片道だと94元安くなります。ですが、プユマ号は立ち席が無いため事前に切符を購入しなければなりません。6/16深夜に7520枚の割引切符が発売開始となります。きっと発売と同時に売り切れとなることが予想されるため1枚の切符すら購入は難しいでしょう。もともとプユマ号の切符は買いづらいですが、割引後は更に入手困難となります。しかし、花東鉄路の電気化後は台東までの所要時間が3.5時間と便利になる為、台東への旅行者が増えることが予想され勢いに乗って現地の観光産業に拍車がかかることでしょう。
(情報:東森新聞
ずいぶん前に台東まで自強号で行きましたが確か5時間くらいかかったような。。台北~台東間の飛行機も予約しづらいと聞いているので3時間半で行けるようになったらホント便利になりますね。あ、プユマ号の切符も取りづらいんんだった笑。でも選択肢が増えるのはありがたい事ですね~
(担当特派員:TOP12号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード