独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

掌上明珠會館

みなさんこんにちは、14号です。今日は台北の雑踏から離れ、雪山トンネルが開通してからとても行きやすくなった宜蘭縣にある知る人ぞ知るレストランをご紹介します。お店の名前は「掌上明珠會館」といい、中国風のネーミングですが、どんなお店か全く想像のつかないレストランです。場所はどこにあるかというと皆さんもご存知の礁溪温泉から車で南東に20分ほど、壯圍鄉というところにあり、のどかな田んぼ地帯の中にお店があります。礁溪から車に乗ってる間の景色は田んぼや個人経営の民宿ばかり。本当にこんなところにレストランがあるのかと半信半疑、、ナビを信じて向っていくと、、

入り口
ありました!!入り口にちゃんと掌上明珠と書いています。でも、最初に思ったのがこれってレストラン??道路脇にかなり大きな門があり、まるでどこかの大金持ちの豪邸の入り口のようです。


美術館_1 美術館_2
おそるおそる入ると、、入り口左側にこんな建物がありました。掌上明珠美術館と書いています。立派な建物です。さて、レストランはどこにあるんでしょうか?


エリア内_1 エリア内_2
レストランを探しながら歩いていると、鐘楼があったり、庭があったり、渓流が作られていたり、、一体この店はなんなんだ!?謎が増えるばかりです。(笑)鐘楼の左の小道を入っていくとまたもや立派な建物が見えてきました。


お店入り口 お店入り口_2
そうです。やっとレストランに辿りつきました。この時点ですでに観光した気分です。実は今回は仕事で訪れたため、オーナーが迎えてくれました。オーナーはこの土地の出身だそうで、10代の頃に台北に一人で出ていったんだとか。その後努力が実り、現在では精密機械を扱う会社のオーナーさんなんです。ただ、いつかはこの宜蘭の土地に戻り、この土地の自然とこの土地でとれる食材をたくさんの人に分ちあいたいという気持ちから、実家の周りの土地を少しずつ買いとり、このレストランと美術館がある掌上明珠會館を作ったそうです。

ニワトリ
レストラン玄関の前には放し飼いのニワトリの群れが。鑑賞用のために飼っているんだそうです。斬新ですね。(笑)


店内_2 店内_1
さて、店内に入ると、またもやオシャレな空間です。全体的に薄暗いんですが、オーナーの趣味の骨董品の家具で統一された店内は大人の空間です。写真のようなヨーロッパ造りの個室のほか、和風の座敷も一部屋ありました。

メニュー_1 メニュー_2
このお店はメニューがなく、毎朝宜蘭縣内にある大溪漁港や南方澳漁港から買い付けた新鮮な魚介を使ったコース料理です。フランス料理の元素を取り入れた和風懐石料理だそうで、オーナーのこだわりは冷凍物や養殖物は一切使わず、魚介は必ず天然物、使う野菜は全て宜蘭縣内で採れた食材を使用しているそうです。コース料理は2種類、一人1500元のコース、もしくは3000元のコースがあります。3000元コースの場合は1週間前の予約が必要で、1500元の場合は一日前の予約が必要となっていて、お食事は完全予約制です。各テーブルの上にはお店のスタッフが毎朝手書きで書いたメニューが置いてあり、なかなかスタイリッシュです。今日はこの日出た1500元コースの一部をご紹介します。

刺身
まずは刺身の盛り合わせ。ウニやヒラメ、カンパチなどが入った鮮度抜群の刺身盛りです。

エビの塩焼き
次はあまり見たことのないエビの塩焼きです。紅喉蝦と言うそうで、宜蘭の海で捕れる殻の硬いエビでした。こちらも新鮮です。

赤ムツの塩焼き
赤ムツの塩焼き。

牛肉の陶板焼き
牛肉の陶板焼き。柚子系のさっぱりした味付けです。

車エビの紙鍋
車エビの紙鍋。ボリュームがあってとてもおいしいです。

海鮮鍋
そして最後は海鮮鍋です。カニとたっぷりの野菜が入った鍋です。


茶芸館_1 茶芸館_2
レストランの2階には茶芸用のスペースもあり、食後または食事をしない方はこの空間で一休みすることも出来ます。

<基本データ>
住所:宜蘭縣壯圍鄉大福路二段102號
(礁溪溫泉からタクシーで20分ほど)
TEL:03-930-8989(完全予約制)
営業時間:昼食11:00~14:30 夕食17:00~22:00


<コーディネーターのちょっとひと言>
礁溪温泉に訪れたついでに行かれてみては如何でしょうか。田んぼに囲まれている場所にあるので、交通の便は悪いですが、ご自分で運転するか、もしくは礁溪からタクシーに乗れば20分ほどで着きます。ちょっとした記念日や友人とゆっくりお食事するには最適の場所です。周りは車の通りも少ないため、台北の騒がしさとはしばらくお別れできるでしょう。食材はと言うと新鮮そのもの。味付けも素材を大事にしているため薄味なんですが、食材本来のおいしさが味わえます。コースの品数は毎日同じなんですが、使う食材は毎日一番いいものを選んで使っているそうで、相当なこだわりを感じました。また、店内にはオーナーが何十年もかけて台湾国内や海外から買ってきたアンティークの数々。それを鑑賞するのもひとつの楽しみでしょう。ちなみにオーナーの一番の自慢がトイレ。行かれた際には是非ご覧になってみてください。建物から料理まで必ずあなたを満足させるでしょう。(笑)

お薦め度★★★★★(鮮度抜群、本物です!)
ゴージャス度★★★★★(建物から装飾まで素晴らしいです!)

(担当特派員:TOP14号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード