独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2014年1月30日

15号デスク
いきなりの写真スタート失礼いたします。これ15号のデスクね。一度本人に聞いてみたいと思っていたが毎回忘れていたので公開質問。
「なぜあなたのデスクの一番上の引き出しはいつも半開きなのでしょうか?」
これ毎日です。この引き出しの中で生き物でも飼っているのでしょうか?完全に閉めると呼吸が出来なくなるなどの問題でこうなっているのか?恐る恐る開けてみた。が、そんなものはいない。ではどっかの占い師に「あなたの机の一番上の引き出しに邪気がたまるから開けた方が厄除けになる」とでも言われたのか??そうなら困ります。なぜならばその邪気社内にダダ漏れ状態だから!一人会社で仕事しながら悶々と半開き引き出しの意味を考える1号。回答よろしくお願いいたします!

さてと、マッハでやらなきゃならない原稿チェックに入るとするか!!

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ15~25度
台中 曇り/晴れ 14~25度
高雄 晴れ/曇り 18~25度
花蓮 曇り/雨 16~24度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2862NTD
1NTD→3.379JPY
*旧正月期間のお休みにつき1/29の最終レートを表示

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2014.1.27 発表)/08,20,26,28,36,38/第二区ナンバー08
大楽透(2014.1.28 発表)01,02,05,07,26,30/特別ナンバー24
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「晦日を迎え長距離バス、台鉄、高鉄とも帰省ラッシュ開始」
旧暦の晦日を迎え、午後から有給をとる人も多く主要交通機関では帰省ラッシュがスタート。台北バスステーション、高鉄、台鉄共に多くの人が押し寄せています。台鉄では晦日の一日で利用客が70万人を突破すると予測されており、昨年の一割増し。大晦日にももうひと波の帰省ラッシュが訪れるでしょう。空港にも多くの海外旅行客が押し寄せています。桃園空港には4万7千人もの人たちが荷物を抱えて手続きを行っています。新年を迎える前の大仕事です。
ある市民「もしあなたが荷物をこんなに持ってってあちこち行ってたとしたらすごい不便だと思うでしょ!」
交通機関の利用客の怒りは止まりません。バスを降りる直前、乗客は初めてバスターミナルで降車ではない事を知りました。更に20分もかけてバスターミナルまで移動して更に乗換。晦日(1/29)、大晦日(1/30)、旧正月四日(2/3)、旧正月5日(2/4)は人の流れを分散させるためにバス業者に対し承德路と長安西路交差点、台北駅東三門、市民大道北側のバスターミナル外での降車を実施。乗客VSチケット販売員「チケットはすでにありません。すべて満席です」。
旧正月に中南部に帰省したい市民でチケット売り場は溢れかえっています。ある人はチケットが買えないのではないか?と心配しています。誰もがスーツケースを抱え列に並んでいます。昨年対比で約15%増となっている状況。台鉄は昼過ぎからこの状況が現れ始めました。ギュウギュウ状態を避ける為ある人は子供を早く返したいと企業のオーナーに申し出て親切なオーナーの許可を得早めのお休みをとらせてもらっているほどです。
ある社員「オーナーすいません。私たちは他の同僚よりも早くお休みを撮らせていただけませんか?車に乗って帰省したいので。提示に退社して遅い時間まで車で過ごすことを避けたいので」
昨年の晦日に台鉄では60万人が利用。今年は5%増の64万人に達する見込みですがこの勢いだと70万人を越え昨年比一割増しとなりそうです。高鉄は午前中から混み始めており例年より早い段階で帰省ラッシュがスタート。桃園空港出国客も4万7千人近くになっており。海外からの帰省客は5万人を突破すると見込まれています。晦日の今日に早め動き、少しでも早く故郷の家族と共に年越しの準備にかかれるいいですね。
(情報:TVBS
いよいよ本日からスタートした旧正月のお休み。2/4まで六連休。って事で毎年恒例の帰省ラッシュもスタート。ナンダカンダ言ってもきっと皆さん帰れているんでしょうが飛行機、列車の本数には限りがある訳で、これがダメならバスからの自家用車に相乗り帰省となるのでしょう。この過酷(だと思われる。未経験ゾーン)な帰省ラッシュには死ぬまで絶対に巻き込まれたくないと心から思う1号。でもおかげで台北は静まり返った秩序ある街に変貌を遂げる。この時期が一年で最も好きかもしれないと思いながら本日も出社。あの台北駅の地下の乗換スペースでも誰にもクラッシュすることなく移動が可能。エレベーターも乗り放題(わが社のビルのエレベーターは朝必ず大渋滞)。お一人様専用状態で乗り込んだら何故かダッシュで10階のやつが乗ってきて「チッ!」。向こうに一台1階止まりのエレベーターあっただろ!
話はクルリンパ。田舎に帰るから早めに休みをとるのは別にいいが、仕事を放り出して帰るのは辞めて頂きたい(昨日すでに3名ぐらいはいたと思われる事件発生)。連絡しても折り返し電話無、スルーで休みに突入(午前中電話する。同僚の回答いる→で、折り返し電話する。こちら「はいわかりました」→かかってこない→危ないからもう一回電話する→電話中です。折り返し電話させます→で、午後電話する→もういない。っていういかその会社の人ごと全員いない!)などが昨日も頻発。そう、これは台湾では普通だったりする。その事情を事前に説明しているにも関わらず、それをスルーしてこちらが設定した期限までに連絡してこない日本側の人たち。
ある会社のスタッフ「店はやってるから後からお願いしても取材大丈夫ですよね」
いいえ違います。こんな時期にお店で働いている人はスッタフレベルの人ね。その人に責任問題にもなりかねない(宣伝してくれるって状況は普通に考えたら素晴らしいことだから誰もがOKすると思うかもだが、それを受け入れる判断を下すという事は上の人に喜んでもらえるかどうか?判断できない。そういうリスキーな事は基本台湾のスッタフの人たちはみんな避けて通るから。オーナーがお休みの日に電話するなんてことも怒られるかもしれないから「いたしません」)。って事で残念ですが交渉可能期間終了につきアウトとなるのです。どうにもならない事がたくさん発生するのは旧正月のお休みが今回のような1/30~2/4のようなスケジュールの場合、1/28~2/6までと思って頂くのがよろしいかと。日本人みたいにきっちり働いている訳じゃないんです。ヤバイ、こいつ間もなくいなくなりそうな予感・・・・何とか今答えをもらわねば!っと思いながら過ごしたイライラな日々からもやっと解放。そう、イヨイヨどうにもならない期間に突入したから!こうなると「100%...SOかもね!」のやっくんのように過ごすのです。ジタバタしてもどうにもならないからね。

(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード