独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2014年1月6日

実は年末から風邪をひいてしまい、ずーっと喉が痛かった12号。なかなか良くならないので、これは温泉で体を温めてみよう~と無謀?な事を思い立ち、行って来ました川湯温泉。淡水線の石牌駅からタクシーで15分くらいなんですけどね。。到着したときのメーターは125元。でも運転手は140元と言っている・・なんで?って聞いたら山道だからとか言ってるし。出たよ、訳わからない理由が。。と思いながらお財布の中から125元だそうと思ったら小銭無いし。はい、12号の負けでございます。200元渡して当然お釣りは60元でございます。ちょっと意気消沈しながら温泉に入ったわけですが、暑いお湯にじっくり浸かったおかげか、すっかり喉の痛みはなくなっております!
この川湯温泉は日本家屋風な建物ですので、台湾ちっくな場所ではありませんが、青湯の露天風呂がとっても気持ち良いです!時間があったらぜひ訪れてみては?
川湯温泉のサイトは→(こちら(中文)

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 13~22度
台中 晴れ 12~23度
高雄 晴れ 15~23度
花蓮 曇り/雨 15~21度
今週の天気→台北はほぼ曇りの予報。木曜と金曜は雨が降るかもしれません。台北の気温は12~23度。台中と高雄は雲が多い日もありそうですが雨の心配はなさそうです。台中の気温は12~24度。高雄の気温は14~25度。花蓮は水曜は晴れるかもですが、毎日曇り時々雨の予報。花蓮の気温は14~22度。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2803NTD
1NTD→3.450JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2014.1.2 発表)08,10,19,27,28,37/第二区ナンバー03
大楽透(2014.1.3 発表)11,18,20,21,35,37/特別ナンバー08
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「梨山賓館で桜 特別プラン提供」
台湾3大宮殿式ホテルのひとつである梨山賓館は、1月のオフシーズンに優待プランを出します。中横道路の海抜1935mに梨山賓館は位置しています。1965年に落成され、最初は蒋介石が使用していた宿泊施設でした。真っ赤な外観の建築がシンボルである台北円山ホテル、高雄円山ホテルと同じ建築士が手がけ、台湾の3大宮殿式ホテルと呼ばれており、台湾では一番標高が高い所にある宮殿式ホテルとなります。
2月中旬に訪れる武陵の桜の季節を前に、梨山賓館は即日から1/25まで、台北から梨山賓館までの観光バスが毎日5名まで往復199元(約695円)/人です。ただし、梨山賓館の宿泊予約をしなければなりません。
観光バスは毎日朝7時30分に台北駅東3門から発車、礁溪、宜蘭、武陵農場に停車し梨山賓館に到着します。翌日午後12時30分に折り返しです。
梨山賓館によると、観光バスは昨年9月から旅行業者と一緒に台北から梨山に旅行へ来るひつつの手段として提供しており、平日は往復一人1400元(約4900円)とのこと。
改修後、2012年12月9日に再オープンされた梨山賓館は、1月はオフシーズンですが、ホテル前ではすでに桜がほころび始めゲストを迎えています。旧正月前に梨山賓館を訪れたゲストは、期間限定で人工雪で作られた美しい雪景色を見ることが出来ます。朝晩それぞれ各10分間人工的に雪を降らせます。
(情報:中央社
12号は勝手に、標高が高い場所にあるホテルなので冬は雪があるのかと思ってましたが、そうではないということが判明。でも寒いということはたぶん間違いないでしょう(笑)桜のピンクと雪景色のコラボなんて日本じゃ見れない景色ですよね。う~ん、ちょっと心惹かれます。今の時期いくらで宿泊できるのか調べてみたら土曜日でもルームチャージ5000元(約17500円)からでした。これで交通費が往復700円くらいならとってもお得ですねぇ。行ってみたい~!ただ12号が行くとなるとまず真冬用の上着を買わねば・・うーん、悩ましい。。(笑)
このお安い価格でバスご利用の場合2日前までのホテル予約が必要のようです。お気を付けください。
梨山賓館のサイトは→(こちら
(担当特派員:TOP12号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード