独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2014年11月26日

今週末、日本から中学時代の同級生H君が日本から来るんです。みんな、小学校や中学校を台北の町で過ごしていた時代があり、台北はみんなの思い出の町。特に天母はみんなの遊び場でした。しかし!今回はただ遊びに来るのでは無いらしい。14号「なにしにくるの?」、H君「プロポーズしたいんだけどなんかお薦めの場所ある?」ということらしい。これはおめでたいですね!しかし!去年もH君は台北に来ていて、その辺の子に声を掛けていたではないか!(笑)それはここだけの内緒っていうことで、陽明山の夜景が見えるレストランを紹介しました。プロポーズ成功を願っております。そういえば、最近なんか似てるネタがあったなぁ。これは一号にしか分からない話ですが(笑)

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ 16~21度
台中 晴れ 16~24度
高雄 晴れ 19~25度
花蓮 曇り/雨 17~22度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2842NTD
1NTD→3.402JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2013.11.25 発表)04,12,25,30,33,35/第二区ナンバー02
大楽透(2013.11.22 発表)08,09,11,24,40,47/特別ナンバー33
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「カウントダウンに酔いしれる、大型花火ショーが全台湾にいよいよ登場」
残り一ヶ月余りでいよいよ2014年になります。全台湾計4ヶ所の大型花火ショーが鮮やかに登場します。中でも、台北101の人気は絶大で、MRT信義線が開通したこともあり、周辺ホテルの大晦日の予約はすでに6割を超え、客室によっては去年よりNTD1000~NTD2000(約3400円~6800円)値上がりしています。なお、今年の大晦日は連休ではない為、業者によってはいっそのこと初日の出、一日ツアーを売り出し、値下げで客引きをしています。2013年も残りわずか。あと1ヶ月ほどで年末恒例のカウントダウンです。全台湾計4ヶ所の大型花火の中でも毎年絶大の人気を誇るのが台北101の花火ショー。去年は80万人が集まり歓喜に酔いしれました。今年は信義線の開通も重なり、恐らく新記録が出る見込みです。周辺ホテルの予約率もすでに6割を越しています。カウントダウンに訪れる人を迎えるため、台北101は218秒に渡る花火を放つ予定で、さらに101ビルの10周年記念の為、「10」をテーマに醸し出します。また、101ビルの花火ショーにひけをとらないようにと、南部では高雄の夢時代が魚形建築をテーマに設計した花火や、義大では民国100年の際に放った花火より更に立派な花火ショーにするようなど工夫をしています。なお昨年、10分間に及ぶ花火を放った剣湖山花火ショーは、今年も600秒に渡る八段式花火を放つ予定で、集客に期待を寄せています。花火ショーのあとにそのまま初日の出のスポットに向う人も少なくなく、今年の大晦日は連休ではないことから、旅行業者では割引のツアーを打ち出し、夜中出発の一日コースで有名な日の出スポットの福隆や太麻里、阿里山に行くコースを売り出しており、このビジネスチャンスに期待を寄せているのが分かります。
(情報:東森新聞
気付けば今年も残りわずか!!時間って過ぎるのはやいですよね。来年はいよいよブラジルワールドカップ。2002の日韓ワールドカップの時には、12年後は絶対ブラジルに行こうね!!と友達と約束を交し合ったものです。そんなことも叶えられず、時間だけが過ぎて行って気付けばもうすぐ2014年。はやかったなぁ。(笑)というわけで、カウントダウンの花火ですが私は絶対行きません。学生の頃はよく行ってたものですが、年を取るに連れて、人込みが嫌いになってきて、出来ることなら公共交通機関も乗りたくないんです。。最近開通した信義線は恐ろしいことになること間違い無し!想像するだけで恐ろしい。なので今年もひっそりと過ごします。(笑)でも今年は各地賑やかになりそうですね、日本の皆さんはせっかくなので是非行ってみてくださいね。
(担当特派員:TOP14号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード