独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

樂傳屋

台湾今20度切ってます。で、もう真冬並みな感覚が台湾スタンダード。これはタイワンニンだけではなく、台湾に住んでいる日本人もある意味一緒な感覚。で、寒くなると食べたくなるのが「おでん」という訳。食べたくなったらどうする?食べに行くでしょ!って事で、ブルーはご近所に良く行くらしい~からのご紹介。

外観
THE日本な外観だな。ピンボケなのが残念だが、このあたりに漂う春の妖気のせいかもしれない。

完全なる日本のおでん屋風店内 とりあえずのプライバシー確保感もあり
待ち合わせ時刻に1号のみというあってはならない?シチュエーションからスタートな宴。注文でき
るおでんさんがこんな感じで張り出されている。うん、店内もTHE日本のおでん屋らしい。ちなみに
仕切りが簾。出来るだけ人の噂は小さい声でね。自分は間違いなく無理ね笑。

おでん以外のメニューも充実
おでん以外のメニューも充実。こりゃ飲めるなと笑。

焼酎があるという事は・・・・ この子たちもあるという事
やっぱり和の店だから焼酎あるよね。で、焼酎あるって事は1号が愛するあれもあるって事。そうそれはウーロンハイか生グレサワー。なぜ好きか?これを飲んでいるだけで何故かヘルシーに酒を飲んでいる気分になれるから。でも・・・値段がね、ちょっと悩ましい値段設定。台湾で決して高い訳ではないが、ビールがNTD100、生グレがNTD200。さてどっちを選ぶ?って事になる訳です。NTD160のウーロンハイはもはやNT200の生グレと比べるとたったNTD40の違いだから却下となり、どっちを取るのか?で、5分悩む。で、悩んだ結果三杯生ビールで、その後生グレ。これが1号の生きる道。ちなみにグレープフルーツ絞ってきてくださいますので楽ね。手間賃込みで納得。

これはつい注文したくなるデザイン
待ちぼうけ1号はじっくり店内を見る。メニューも見る。で、じっくり見るからこそ壁に貼ってあるメニューに釘付けになる。

で、注文する笑
結果モチのロンで注文する。壁に貼ってあると注目は間違いないけど、写真あると余計にそそられるね。

こんな風に モノによってはシェア可能 こんにゃくはこんな風にミルフィーユ仕立て
で、おでんと言えばこれでしょ!的な王道な具はほぼ網羅する。ジャガイモ、大根、ちくわぶ(関西人ピンクは食べたことなかったらしい。ホントなんだな関西にちくわぶがないって)、はんぺん等等。具も結構大きくてうまかった。モノによっては四等分されるからシェアも可能。その辺はお店の人に聞きながら注文して。日本語OKだから(全員ではない)。なおこんにゃくは写真のようにミルフィーユ仕立てになってて噛み砕かなくても切れる状態。こんな技初めて見た!笑

お店はプレステ通りです
お店はお馴染みプレステ通りです笑。男なら一度は通るであろうこのプレステ通りって事で勝手に命名(ブルー)。

<基本データ>
住所:台北市林森北路85巷16號
(MRT中山駅から徒歩13分ぐらい?)
TEL:02-2511-8008
営業時間:(月~土曜)11:30~15:00、17:30~24:00、(日曜)17:30~22:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
完全にプライベート利用なのは間違いないが、お店のキャパ的には貸切にさせて頂きおでんをいただくって事も出来そうな・・・・。台湾5日間ロケでタレントさんいるみたいな場合はいいかもしれない。キャパ的にちょうどいいし、なんなら出張も可能?(爆)みたいな。24:00まで営業中うれしい!お願いだから営業時間早めないで~とお願いをしてみる。さて肝心のおでんの味ですが、おでんって関東と関西と味が違うんですね。ピンクの話では関西ではおでんそのものに味はついてないから生姜醤油をつけて頂くとか?関東チームにはびっくりな発言が。ってことでこちらのおでんは関東エリアのお味って事でしょう。そんなに濃い訳ではないがしっかり味はついてたから。台湾のセブンイレブンにもおでん売ってて、実際食べたことは一度もないが、食べた人は味がないって言ってた。って事は中国語ではおでん=関東煮って言うが、実は関西煮なの?笑。セブンで買うならこの店でテイクアウトした方が絶対日本人的にはいいでしょう。これから寒い?(我々にとっては)冬の季節ですからね、ヘビロテ訪問の可能性大。

お薦め度★★★★★(セブンのおでんは消滅か?ぐらいなちゃんとしたおでん食べれますのでね)
通り過ぎる度★★★★★(なんてったってプレステ通りですからね。そして多くの人が勘違いするシャイニングスターから入るというわかりやすさ)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。


プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード