独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2013年9月27日

この前、いとこ60才ノリちゃんが台湾に来て、帰り際にこれあげるよってくれた
袋は青りんご

青りんご味のアメちゃんか!うんうまそうって思って袋を開けて、手にしたものをそのまま出して、よそ見しながらアメちゃんをよく見もしないで袋を開けて口に入れたら・・・・

うん?なんだこの甘ったるい砂糖の塊のような味は!爽やかな味をイメージして口に入れたのに!
で、袋を見る

出てきたのはこれ!
なっ、なんと!青りんごのアメちゃんを食べるつもりが黒糖アメ。この衝撃は非常に大きい!!最悪じゃ。悪いが見て選んでいい時でも黒糖アメは選ばない1号の口の中が黒糖アメなう状態に。

なんで青りんごの袋なのにこんなことが起きるんだ?って思って袋の中を見たら・・・・・

よく見たらこんなんなってた!
青りんごアメの袋を使ったアメちゃんの詰め合わせだった!!紛らわしいからやめてくれ!怒

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り 24~30度
台中 晴れ/曇り 23~31度
高雄 曇り/雨 25~31度
花蓮 曇り/雨 23~30度
週末の天気→台湾全土気温は本日とほぼ変わらずですが、曇りがちな週末となりそうです。南部、東部は曇りでも雨の降りやすい大気の状況なので外出時は傘をお忘れなく。最近は気温は高くても風がひんやり。なんだか秋?っぽくなってきました。

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2929NTD
1NTD→3.314JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2013.09.26発表)04,05,07,18,30,37/第二区ナンバー01
大楽透(2013.09.24発表)07,09,15,23,34,35/特別ナンバー41
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「棺桶店の店名はく奪 公然侮辱罪の判決」
羅さんは桃園にある某ビルの1Fでレストランを経営していました。しかしながらビルの管理委員である陳さんと裁判で争う事に。原因はレストランの看板「忠民棺材店(忠民さんの棺桶店)」。陳さんは公然侮辱罪で訴え、一審では悪意はないということから無罪の判決が出ましたが高等法院で一審を覆す判決が出され20日間の服役と罰金の支払いを命じました。
「忠民棺材店」がある場所は元々八年間営業していた高級フランス料理店。オーナーの羅さんは空調の配管を外されたことで管理委員である陳さんを器物破損と強制罪で訴えましたがその後和解。陳さんの要求はレストラン側がビルの配管を外さない場合は逆にビルの施設を破損した事で訴えを起こすというもの。この結果オーナーの羅さんと大家が相談した結果昨年七月にレストランの営業を辞め、8月27日に新たに「忠民棺材店」の名前で店を再オープンしました。
陳さんは自分の名前を棺桶店の名称の屋号に使われた事が名誉棄損に当たり、店内のデザインも非常に不快な思いを抱かせるものであることから訴えを起こしました。オーナーの羅さんは店の契約期間もまだかなり残っており、すでにこの名義で縣政府にも商業登記を済ませている。また営業内容も葬儀関連商品の問屋に変更している。さらに「忠民」という名前の人はたくさんいて、この名前=陳さんを彷彿させるものではない、陳さんを侮辱するつもりなどなく、ただ単純にビジネスをしているだけだと主張。
一審では「忠民」の名前その物を使ってはいけないという抑止力はなく、更に会社登記上使ってはいけない名称ではないということから無罪としましたが、陳さんはその判決を不服とし高等法院へ上告。陳さんは裁判官に対し、棺桶店は亡くなった人を相手にする商売。その商売を行う屋号が自分の名前が記載された「忠民棺材(棺桶)店」と書かれていて不快に思わない人はいない。この看板が掲げられてから周りの住民も不快に思っている。なぜならば「忠民」は陳さんを差しているという事を誰もが知っているからと主張。
二審合議庭裁判官の調査結果は、羅さんは間違いなく商業登記を行っています。しかしながら、この二人の訴訟は二度目であり、同じビルの住民は誰もが「忠民」の名は陳さんを差しているものだと認識している。棺桶店は死を連想させるものであり、この屋号は陳さんの人格と尊厳を著しく傷つけるものである。更に羅さんは棺桶の木材業者との取引の実態がないことからもこの行為は公然侮辱罪に当たるというものとなりました。
(情報:聯合新聞網
なんというローカルなニュースなんでしょう笑。こんな巷の小市民の揉め事までもが報道されるのも台湾メディアの特徴。って事はですよ、例えば1号 VS 2号の仁義なきバトルなんかも記者に見られちゃったら報道されるという事でもあるかもしれない。そう、いつかの「今日本人(イマニホンジン)いない」と「今日本人(キョウホンニン)いない」事件のような・・・・笑。人様に聞かれないように用心しなければだな。この裁判一審の判決がアホすぎだろ。羅さんが棺桶屋をやっていて棺桶そのものの取引実態がない事をなぜチェックしないのか?そこがわかればある意味意地悪でこの店の看板にしたという事は明らかではないか!こんなコンセプトの名前の店とか、皮肉ったような店名とかなんていくらでも探せば出てきそうだけどね。

(担当特派員:TOP1号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード