独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

關渡宮

今日も寺のご紹介。多分もうウスウス皆さんは感づいているであろう、1号が全くお寺とか興味がない事を(爆)。だからお寺とか行っても何故か変なものとか面白いものとか探そうとしてしまう。今日はそんな1号でも十分楽しめたお寺をご紹介しましょう。多分神様からはこの罰当たりが!って言われると思うけどしゃーない。一杯あるんだから(笑)

川沿いの こんなところに
台北市内中心部から結構離れていますが、ここも台北市。すこーし離れるとこんなのどかな場所になっちゃうのも台北なのです。

会談登ってエントリー
階段登ります。地面にはなぜなない。水害対策だろうか?

何階建てですか?ぐらいデカい!
で、正面に見えるのはこんな巨大なお寺なのだ。これ多分7階建てぐらいの建物的な高さあるかも?すごい威圧感。

とりあえずセンター入ってみる
とりあえずセンターはいるでしょ。スゲー広い。で、人もかなーり一杯おる。一般的な話ではこのお寺はとってもご利益があるという話しが巷でささやかれている。そりゃそうでしょ。こんなにデカいんだから。この後続々と神様登場!

コースがよりどりみどり
この本殿の右手に出ると参拝コースがいくつもある。どこ行くか?って感じなんだけど、誰もが最初に行くコースは・・・・

財運ほしーのってことでまずは左のコースへ
もちろん財運の神さまがいらっしゃる所って事で左コースを選択。こんなに地上も広い、デカいのに更に地下へGO。地下まであるのか??

この方が財運の神でしょうか?
たどり着いたこのお方。多分財運の神さま。とってもきらびやかに飾られている。ここで早くも「注目1」。この神様の左右にいらっしゃるなんかバカにしたような太鼓持ち風の方達は一体何者?笑。

一個一個が・・・
天井を見る。そうするとここにも登場「注目2」。何故かさっきの太鼓持ちのような子がまるで浣腸でもするかのようなポーズで空を飛んでいるではないか!その数かなり。何をしようとしているのか?

更に奥まで道は続く
この道はまだまだ全然奥まで続いてる。

どの神にも 太鼓持ちみたいな人がついてる笑
あっちにも、こっちにも神様がいて、みんなに「ヨッ!社長さん!!」みたいな太鼓持ちがついている。なぜ??ここは現代のNo.1太鼓持ちと噂?されるサバンナの高橋さんにご登場いただかなくてはならないのでは?ライバルいとおおし。

ゴールの神さまには
このトンネルを潜り抜けたゴールにはまたこんなデカイ神様がいらっしゃいます。この方は土地の守り神「土地公」らしいが、なっ、なんと

離れたところに 巨大な太鼓持ちが爆
ちょっと離れたとこに今度は太鼓持ちがそれぞれディスプレイされた状態で土地公様をヨイショ!しているではありませんか!太鼓持ちにも手を合わせる必要があるのか?全くを持って不明笑

この太鼓持ちワールドを逆流して元の場所に戻る。で、今度は上の階に行ってみた。

一気にワープして 最上段に来てみました!
なんとまあ、ゴージャスな。黄金色に輝く装飾の中に神様。やっと太鼓持ちがいなくなる。でも三体笑

視界開けてます
いやーここは視界が開けてて気持ちいいですな。屋根の装飾とかもかなり手が込んでいる事がよくわかる。龍の鬚とかよく台風とかで飛んでいかないなみたいな細かさ。

再び隣の建物に行くと この方がお待ちです
で、今度は隣の建物に行ってみた。ここには太鼓持ちではなくて観音様みたいなのが無数に飾られている。でもショーケースの外にはまたなんだか奇妙なアクションの黄金のお坊さんがいたりもする。ここに祀られているのは薬師なんとかって書いてあったからきっと健康の神さまでしょう。勝手に想像。

外には誰でも食べていいご飯が これ愛玉
で、ようやく外に出てみると階段のところにある踊り場になんか置いてある。愛玉とかおかずみたいなとかご飯とかあって、これお供え?って思ってその場所にいる人に聞いたら、このお寺を訪れた人に無料で配る食べ物なんだって。太っ腹だな。ただ灼熱の夏はちと厳しいかもしれんぞ。

壁の壁画もなんだかわらえてしまうタッチで描かれている
意外とここ暑いんだよね風が通らない。で、日陰を求めて本堂とタワーの間にある隙間の通路みたいなところに来たら、またこんなおもろい壁画を発見。これ台湾の八仙(台湾は七福神じゃない。一人多い。ちなみに誰が一人多いの?って10号に聞いたら「誰とかじゃなくて全く違います」って言われた。メンバーも違うらしい(なんとなくメモ))。七福神って日本のモノだったの?どうしてこんなおもろいポーズしてるのか?一人武藤のプロレスLOVEポーズしてる方もいる笑。

詳しい説明はこちらでご確認を
すみません。ちょっと普通の角度とは違う見方をしているものですからよくこのお寺の事がわかっておりません。こちらの説明を各自で解読願います(日本語なしの手抜き)。とりあえず基本の基本情報だけは付け足しておこう。
ご本尊:媽祖(別名:天上聖母)
海の守り神ですが、昔は貿易の中心地である商業地は海の近くだったため繁栄と平安を守る神として今ではすべてにご利益あり的な扱いになっています。
とにかく媽祖様。媽祖様は何でもしてくれる神。媽祖様の寺をお参りすれば何かに特化したご利益という事ではなく全般的に良い事をありって事って思ってるけどよい?と最後にブログを通じて10号に問いかけてみる。

<基本データ>
住所:台北市北投區知行路360號
(MRT關渡駅(駅があるのだ!)から徒歩約15分)
TEL:02-2858-1281
開放時間:6:00~21:00

<コーディネーターのちょっとひと言>
イヤー楽しい。実に楽しい。ここ神さまのディズニーランドみたいな場所かね?とにかくたくさんの神さまとそれをヨイショする太鼓持ち。壁画もおもろいし、なんか1号のようにお寺とか興味なしって人でも十分楽しめるのではないでしょうか?本来楽しむ場所ではないとは思うが、楽しく参拝って別に悪くないだろ。そう、なんかいやいやお寺にいるよりはよっぽど神様に対しても礼儀正しいと思いますから!(勝手に納得)他にもまだ宝物があるかもしれないけど、行った日暑くて暑くてそれどころじゃなかった。真夏は避けたい場所でもあるな。冷房なんかないし風が通らない。そろそろ秋でしょ。ここ行くにはお薦めの季節に突入?こんな紹介してるけど、実際地元では総合運アップ(特に財運(太鼓持ちのおかげ?笑))に効果ありなパワースポットして認識されていますからね。真面目な人もそうでない人もみんなで一緒に行けるお寺であることは間違いない。是非参拝に!

お薦め度★★★★★(また行こうかな?見落としているのがあるかもしれないから。そう言えば一個三方向に別れるルートの真ん中の所入り忘れたし)
笑っちゃう度★★★★★(こんだけ言ってますからね。ええ、笑えます)

(担当特派員:TOP1号)

ランキング参加中!愛のポチリをお願いいたします。

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード