独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2013年9月17日

先週、大雨の中で銀行に行こうとした時に、地面が濡れていたから、足元が滑りそうになり、何とか足の滑りを止めたんですが、首が思い切り前に振ってしまったから、1週間くらい首があまり左に曲がれない状態になっていました。さすがにヤバイなぁと思い、先週初めて整骨院に行ってきました。行ってみたら、まず先生に言われたのは、「いつも足を組んだせいで右足は左足より1センチ短くなっている」、「飲むお水の量が足りないので体の毒素が全然排泄になっていないから、体は非常に硬い」。しばらく身体のチェックしてもらったら、いよいよ施術開始!まず、ベッドに腰をかけてから、両腕を組むようにして深呼吸をしてから吐いてくださいと言われました。その一連の動きをした時に、先生に雁字搦めにされるように固定され、息を吐く時、思いっきり押し潰されるように施術され、骨もポキポキと言っていました。背骨の施術が終わったら、次は1週間も悩まされた首の施術。首をどうも説明しにくい斜めの角度に曲がれと言われ、同じく息を吐く時に、先生はすごいスピードで一発で首を動かしました。その1発で1週間の痛みはどこかへ飛んでいきました。初めての整骨の感想としては、骨がポキとなった瞬間に怖くて痛いけど、そのあとで出てきた爽快感と気持ちよさはハンパないです!

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ25~32度
台中 曇り/雷雨26~33度
高雄 曇り/雷雨26~33度
花蓮 曇り/晴れ23~31度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2922NTD
1NTD→3.322JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2012.09.16発表)01,05,06,07,22,26/第二区ナンバー07
大楽透(2013.09.13発表)12,16,26,27,28,45/特別ナンバー06
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「ネット友達が台北駅に集結。駅で食べる・飲む・横になる抗議活動」
約200数名のネット友が15日に台北駅に集まり、食べたり飲んだり横になったりする抗議活動を行いました。この抗議に対し、台湾鉄道局は「ネット友の意思を尊重します」と発言しました。「自煮公民」と自称する団体は台北駅で食べたり飲んだり寝たりする抗議活動をネットで呼びかけ、約200名の人が集まり、その中では半分が学生でした。この抗議活動はネット友は台湾鉄道局が台北駅1階ホールで地べたに座ったり横になったりすることを禁止したことに対して不満を表すものです。
台湾鉄道局は「1階ホールは公共空間なので、公共の安全に影響を及ぼさない限り、民衆の行動を強制的に禁じたりとかはしませんが、横になったり、地面に座って食事したりする人に対して柔らかく注意します。公共環境の秩序と清潔を駅の利用者の皆さんで一緒に守っていきたいと思います」と発言しました。
平日に台北駅で集合した多くの外国人労働者は「自煮公民」が行った抗議活動についてよくわからないようで、いつも通り台北駅で集まり、ケーキで誕生日を祝う人も、地元のグルメに舌鼓を打つ人もいます。
(情報:中央通訊社
確か、何ヶ月前に台北駅1階ホールのニュースについて翻訳したことはありました。その時も同じく台北駅1階ホールに地面に座って食事したりとかすることは禁じされたことで揉めていたという話だったので、それを解決するため、鉄道局は1階ホールにイスを設置することになりました。この前、たまたま台北駅1階ホールを通りかかった時に、この翻訳記事を思い出し、ホールの様子をチェックしてみると、たぶん、ホールの端っこに20席くらいしか設置されていませんでした。おそらくそのホールの全体的なデザインを壊さないようにという意味で、なんらかの形でこの揉め事を抑えようと象徴的に設置したのではないかと思います。設計の観点から見れば間違っていませんが、この問題の解決にはまったくになっていません。平日は通勤の乗換え駅として機能していますが、休日になると、台北駅1階ホールは旅行客の待ち合わせスポットや外国人労働者の交流の場として使われています。イスは全くないから、みんなは立ちっぱなしで疲れてついつい地面に座ってしまうんですが、台北駅はやはり台湾を代表する玄関的な存在なので、こういう動きをされると本当に恥ずかしいですね・・・。ホールの全体感を無視して思いっきりイスを設置するか、完全的にホールの地べた座りを禁止するか、のどっちか取らないと根本的に解決できないと思いますが、さぁ、どっちをとるでしょうか?

(担当特派員:TOP10号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード