独自の視点に基づいたご紹介で台湾の各種情報を日々発信中!

2013年9月10日

先日台鉄のローカル線を使って台北から宜蘭まで行ってきました。新北市から宜蘭に変わる海側沿線の駅から降りてなくてただ通過していますが、海辺のレトロ的な風景を見て心の洗濯をしたなぁと思いました。宜蘭駅には初めて訪れましたが、駅周辺は思ったより人が少ないのはちょっとビックリしました。仕事でいつも自強号(特急列車)を使って台北から花蓮まで行っているので、いつもものすごい早いスピードの列車の車窓から、宜蘭という町を見ています。そのせいで自分の中では、宜蘭という町はどうもそのイメージはつかめなくて旅行のリストにはいつも入っていない、忘れられがちな町という存在でしたが、今回の小旅行で、宜蘭は可愛らしい町、古い家屋のある町という再認識ができました。また時間を作ってゆっくり回りたいです。台北から行く時は特急列車ではなく、鈍行列車で行くのも悪くないと思いますよ。

お天気台湾中央気象局調べ)
台北 曇り/晴れ31~35度
台中 曇り/晴れ25~29度
高雄 曇り/晴れ26~29度
花蓮 曇り/晴れ24~28度

レート台湾銀行調べ)
10000JPY→2901NTD
1NTD→3.346JPY

台湾ロト台湾彩券HP調べ)
威力彩(2012.09.09発表)02,10,21,26,31,32/第二区ナンバー08
大楽透(2013.09.06発表)06,07,14,33,36,48/特別ナンバー18
ロトの購入方法など詳しくはこちら

<今日のニュース>
「初公開!台北101ビルの101階」
落成10周年の記念イベントに合わせて台北101ビルは初めて101階を公開しました。この最上階では台北の景色を眺めることができるだけでなく、音楽を聞きながらゆっくりとアフタヌーンティを楽しむこともできます。ただし、ここに入る資格としては台北101のショッピングモールで合計金額の101万元(約323万円)を消費しなければいけません。
101階では、台北アリーナ、新光ビル、淡水河、観音山など台北市とその周辺の景色を楽しめます。台北101の建築は四角い設計となっているので、はっきりと東西南北の4つの方位から、違う景色を鑑賞することができます。
台湾の一番高い階で音楽を聞きながら、ゆっくりとグルメに舌鼓を打つことはこれ以上の贅沢はありませんが、12月の101階のパーティに参加するには10周年記念セールス期間で合計金額の101万元を使わないといけません。
面積がただ62坪の101階へ行くには秘密通路を歩き、エレベーターに2回も乗り換えなければいけません。過去10年、この秘密の101階へ訪れる人は数えられるくらい少ないと言われています。101階は公開されたものの、この階へ招待される人はほんの一握りです。
(情報:民視新聞
今朝、テレビをつけたら、このニュースをやっていました。感想としては、まさに「M」型社会そのものの縮図だなぁと思いました。果たして101万元を払ってまで行く価値はあるのでしょうか?ニュース映像で見た限り、景色は展望台の89階とはさほど変わりはないように感じ取りますが、+12階で恐らく実質の景色ではなく、心の中の景色が変わるでしょうね(笑)。庶民の我々はやはり、大人しく500元の入場料でも払って普通の展望台に行くのがよし!!

(担当特派員:TOP10号)

本日もクリックお願いします!

プロフィール

Top-Taiwan

Author:Top-Taiwan
独自の視点に基づいたご紹介なので参考にはならないかもしれません。役に立つと思う方だけご覧ください。そうでない方はオフィシャルサイトだけをご覧ください。
■ご注意■
携帯メールからお問い合わせの方は、弊社からの返信メールを受信できるように設定を願い致します!

(...@top-taiwan.com.tw)

フリーエリア





カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク
RSSフィード